14番サロゲート 自作バイブレーション 2

ようこそおこしくださいました?富巳にぃです!前回の続きです。

尾部には板おもりを貼り付けて平行姿勢に近づけます。

バイブレーションの中心部近くにもある程度のおもりがついていますので

板おもりをつけない場合は7番の様な前傾姿勢気味、クリスピーウォブリングになります。

例の如くモデナでコーティング。

(モデナの記事こちらにあります)

http://surrogate.jp/2018/06/30/13%e7%95%aa%e3%82%b5%e3%83%ad%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%88/

そして例の如く

藤倉さんのラメを使い

今日はMR.カラーで混色した

微妙な青寄り青緑クリアーを背中の下地にぬります。

雑魚感でましたね。笑

ホロも良いのですが素人はシールしかないので、この方が早くて作りやすいし、アピることもホロぐらいはできてそうとおもいます。

続く

14番サロゲート 自作バイブレーション

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

コテンパンに酷暑にやられ、

意気込み高らかに始めた、シーバスデイゲームブログですが

なんか序盤はチニングブログに豹変し

ここ最近はチヌさえも、釣れず

只々

『自然っていいなぁ!』とか

冗談とか

猫レポートが大半を占め

それでもたくさんの方にみて頂いて感謝しております。

一時は

「釣らなきゃ!釣らなきゃ!」

と焦って釣りをしていた時期も有りましたが

今では

「状況が良くなったら、ナンボでも釣れるワイ!」

と開き直って毎日をエンジョイ思考に切り替えております。

さて!前回の

『命の危機を伴う暑さの中デイゲーム、ハシゴ釣行』

で大場所、深場所、大遠投トレースをするに活躍するのが14番サロゲートなのです。

特徴はウエイトは19〜26g、動きはプルプル気味のロールやや強めで優しいウォブリング

超早引きすると少し千鳥る。

そしてどんなに潮が当たっても引き抵抗は穏やか。

一定スピードで巻く間は一定レンジをキープ。

この要素を得るために

幾分キャスト時に回転しやすい

重心が分散しているのでコアマンさんのアイアンプレートやジグみたいには飛ばないなど

多少の欠点はあるものの、

私の拙い自作ルアーの一つの集大成と言える、

懐の深いお気に入りです。

以前の仕込みでは

75mmと60mmを作る時

60mm は御前浜向けに全体縮小して、ウエイトも軽くして作りましたが

2番、9番あたりと被ってくるし、やはり引き抵抗の軽すぎる軽量ルアーはワームをしてるみたいでなんか嫌でしたので

思い切って、尾っぽ切りで試してみます。

割菱5号をハサミでトリミングして、例の如くゼリー状瞬間接着剤で固定します。

続く