2017アルバム

ようおこしくださいました!フミニィです!

2月13日火曜日、南芦屋浜、その日はルアーのスイムテストを兼ねての釣行。

空は青く、寒さは前回よりもだいぶんましで、風もさほど吹いていない。

この前マンモスの様に私が絶滅しかけましたので。

基本的に赤ちゃんの様な性格で、出来る事なら余計な物を身につけたくない。

1年に二・三回使うか使わないかというレベルのグローブ。

でも今日はこの時の顔、少しドヤ顔。

ルアーを泳がして、上からビデオで撮影、撮影っと。濁ってるし、真冬なのに?

通過するルアーが映り込まないように、海辺を映しているのであれば、大成功!笑。

 

デ!!

申し訳ありませんが、2017アルバム。

4月25日、鮎釣りで多少は慣れていたので、ウエーダー履いて夙川河口で立ち込みました。

サロゲート60プロトのプロトのプロトぐらいので、実釣。

ジャンボボラ5匹ぐらいと、コタツの天板ぐらいの、ジャンボアカエイにいじめられながら、なんとか1匹。マッ、シーバスではないですが。

明石や江井などポイント探索を繰り返すもことごとく失敗に終わり。

やっぱり香櫨園浜で6月

やっと! ちゃんとしたシーバス。

孫と思しき幼児を連れて散歩していた女性に、「頂戴!」と、いわれましたが、完食して成仏させてあげられるか、疑問でしたのでリリース。

立ち込んでいるものの、ほぼ、ただ巻きで釣果をあげ、サロゲート60の形も固定化していきます。

それまでは失敗の連続でオカキの大きな空き缶に三杯分捨てられずに眠っております。

最初はアルミで作っていましたが、弱過ぎて。

こういうのも危険ですが刺激的なやつです。良い子は真似しないでください。ガーガーとなきよります。ごめんなさい。

ルアーが完成して、ハイシーズンになると、ポンポン釣れます、テクは全くありません。

そして付き合いついでに動画の練習にもお付き合いください。アイフォン だけでつくりました。ルアーメーカーの新商品紹介動画風。

何事も練習、練習!

姫路はガス前に初釣行、水が綺麗だったので、刺身と塩焼きに。ルアーは後々紹介するつもりの秘密兵器、イヤ、秘密でもない兵器。

これも秘密じゃない兵器、ジョイント底スリバイブ、高活性のチヌはイチコロ。

ルアーと同じサイズぐらいのキビレ、向こう合わせで秘密じゃない兵器にカブリ!

晩秋、初冬は南芦屋浜の誘惑に負けて、デカオモルアーをせっせと作って。

皮目をバーナーで炙って、美味しく家族で頂きました。

長くなりましたが、お付き合い頂きありがとうございます。

次は必ず資料性の高い記事を書きますね。

2016アルバム

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

ルアーのスイム動画の撮影をと、南芦屋浜に行きますが、この寒い中、海がバカ濁りで、それでも表層を泳がせて何とか皆さんに伝われば・・、と思い、結構時間をかけて撮影すれば、ビデオカメラがこわれているし。

気を取り直して武庫川河口の偵察に行くも、車止める最寄りの駐車場が余りに遠いので、「穴場を見つけて皆さんに有益な情報をと見回るが・・・・!?・・ない!!」と時間ばっかり過ぎて行くし。元々近くにすんでいたのに。

気を取り直し。                                   香櫨園浜に行き、跳ね橋の下でアイフォン で動画撮ろうとはりきるも、見事な逆光、and向う岸には先釣者。

もう、釣りに切り替え!と、何投かすれば雪吹雪。

かなり時間を要した、新企画のルアーの試し泳ぎも、想像を超える失敗で、その日は釣行記を綴るまでも無い1日で。

多少、ストレスを感じ、1つの解決策として。過去の良かった思い出にひたるとか?

マァ、簡単に釣れる時は他の釣りでは簡単にはいかない、大物が釣れる釣りですので、その辺も踏まえてごらんください。

 

以前からお伝えしておりますように、私、ことしでシーバス歴3年目に突入したばかりの初心者です。

テクニックなど微塵も無く、有るのはバケモノと称される体力(耐力)と屁と称される理屈(思い込み?)だけです。

だいたい早朝に始め昼に終わるパターンです。

釣行もだいたい月4回~5回というところでしょう。

ルアー使いもほぼほぼタダ巻きで、ただただ熊の様にダラダラ歩き回りスズキと遭遇するメソッド(方式)を採用しております。

これと言って、小物は不用と釣りをしているわけではありませんが、小物は余り釣った覚えが無く、マァそれなら一発大物狙いタイプでいいかと、自然の流れに身を任せています。

初シーバスは2016年5月16日、垂水漁港でなんと40gのダイソーのメタルジグに樹脂粘土をコーティングして沈下スピードを柔らかくしてテンションフォール(糸を張りながらルアーを底まで沈める)しながら底に着いたらゆっくり五回巻く、の繰り返しで手に入れました。

58㎝のスズキ(のポアレ、トマトソースにして食べました。)

今思えばいくら108円とはいえ、あんな岩とロープまみれのところでジグを海底に通していたなぁ!と、懐かしくおもっています。

この頃は鮎釣りもコマセ釣りもまだやってます。

2016年6月29日

メタルバイブと香櫨園浜を覚えます。コマセ釣りでは釣れなかった(基本ターゲットは30㎝代のグレ)40㎝越えのチヌです。(リリース)

この時、私の中で何かが変わります。

でその年の八月に痩せ型ながら78㎝をワームで釣り上げ。

はまってしまいます。

目標が「魚を釣って、喰らう。」から「どデカイスズキを釣る。」に移行していきます。

この年の冬はほとんど釣行せず、自作ルアーの制作に熱中します。

 

 

 

 

 

 

とりあえず始めるための道具

私を海のルアーフィッシングに導いて下さったのは、コアマンの泉裕文氏とメジャークラフトの広瀬達樹氏です。

以前は鮎釣りと地磯でのコマセ釣をメインでやっていましたので。

播州は室津という土地が歴史深く、景色も良く、出会う方々のお人柄も良く、アフターの食事処も秀逸で、私の家からは少し遠いですが、釣り、癒されに結構お邪魔しておりました。

ご存知のように泉裕文氏はシマノさんのアドバイザーも兼任なさってらして、シマノさんのルアーを使ってその室津でシーバスをデイゲームで釣るというロケ番組をなさってたのです。

見慣れた海でスズキをいとも簡単に釣り上げる、ユニークで礼儀正しい釣り人。

まさかシーバス界の偉人とも知らず。

会社が実家の近くともしらず。

最初はそんな印象でした。

そしてメジャークラフトの広瀬達樹氏はサンテレビという、兵庫県のローカル局の釣り番組の絶対的スターであって、あの方のガイドでルアーフィッシングに触れた方は関西では非常に多いと思います。

よって、私の最初のルアー竿はメジャークラフトのファーストキャストのシーバスモデルのミディアムとなりました。それは今でも重たいルアー用としてバリバリの現役でつかっています。

最初は大場所でライトショアジギングを主にするつもりで汎用性が高くロングキャストもしやすく、大物にも負けない10フィート(約3メートル )ルアーロッドとしては長い部類のものにしました。

しかしそれでは疲れやすいのでは?ということで、いまのメインロッドは三代目クロステージの9.6フィートのmlに収まっています。

前者は6000円を超えるぐらい、後者は1万円を超えるぐらいでセールの時はもっと安いです。

スズキはおろかコタツの天板程のナルトビエイとの死闘(大袈裟 )を幾度となく繰り広げましたが竿がどうのこうのという不満は一切ありません。因みに0,5mmのステンレスのバイブレーションのアイもびくともしない。折れるとすれば針です。

竿の感度うんぬんは、上には上があるという程度のもので釣を楽しむにはこれで十分だと思います。

魚を逃さないように釣るには、竿以上にリールの役割、特にドラグ(糸が切れない様に大きな力に対して糸が少しづつ出て行く仕組み )性能が重要だと私は思っています。

最初はダイワのレブロスの2500番手ぐらいでいいとおもいます。大体6000円位です。

もっと安いので使えるものと、聞かれたら、私が知っているのはポイントのオリジナルリール、ブリオの2000番でもいけると思います。これなら4千円せずにドラグの微調整が出来ます。

得体の知れないリールを使うと大きいのが釣れた時必ず後悔します。

ライン( 糸)は最初は1.2号のpeラインがおすすめです、メーカーはよつあみのGソールx8が間違いないと思います。x4の方が安いですが頑張ってx8の方をつけることをとてもオススメします。とてもとても扱いやすいです。

糸は細ければ細い程いいに決まってるのですが、微々たるキャストしやすさと、微々たる警戒の軽減と言う感じで、トラブルで3000円代の出費を頻繁に繰り返すのを回避するのであれば、最初の糸は「1,2号にしといたら!!」と強くオススメします。

もちろん少し高くなりますが200mを巻く事をお勧めします。次の巻き直しまでの時間が長くなります。(笑)

リーダー(ハリス、又は力糸に値するもの)は3.5号ぐらいが妥当だと思います。わたしは東レのfxという、汎用ハリスが柔らかくてリーズナブルで結びやすいので愛用しています。

スナップはエバーグリーンのE.Gワイドスナップを愛用しています。幅広かつコンパクトなので目立たない割にはルアーの拘束が無く、ポテンシャルを最大限に発揮できます。

 

2月6日、香櫨園浜出撃!その後

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

「マンモスが絶滅したのは、暖がとれなかったからだ!」と、自分に言い聞かせて、今年未だ見ぬシーバスを求めて、再開です。

「心頭滅却すれば寒気もまた、温し。要は気合、要は気合!」と、再開です。

冷たい風が更に冷たく、強くなってるではありませんか!

ただでなくとも根ガカリの多い浜の東よりの底付近を玉砕覚悟でゆっくり目で探ります。

あまりの寒さに温度変化に強い化け物もガタガタ震えルアーに巧妙なアクションが加えられていたことでしょう。

しかし、それと釣果は話が別のようです。

自分の元気さを過信し、手袋なし、重ね着なしで出かけたことが災いしてます。

こんなことなら「もうあなた歳を考えて養生しないと・・・・!」という、家内の助言をもっと聞いていれば良かったと海辺の神に懺悔するのでした。

「もうおそいわぁ~ぁ~!!!」と、海辺の神。

冷たい風は、「どっど~お~~ん」から

「ピュー!ビュンビュン!ゴ~ォ~ン!ゴオンゴン」

に変わります。

結構な晴れ間で太陽は燦燦と輝いているのですが、そんなものでは追いつきません。

こういう日は濡れタオルでも回して遊ぶべきです。

人類がみんな私の格好でここで三時間釣りをしたら、マンモスのように絶滅することでしょう。

自作ラバー付き海老バイブ(完成したら公開しますね)におそらく二回ほどチヌらしきアタリがありましたがお尻のラバーを二回取られただけでした。

絵にかいたような過酷な状況の中、逆になぜか終始、半笑いで挑んだ、厳寒の中で釣れてこそ価値ある一匹を真剣に釣るための釣でしたが、試合開始1時間半、技名『冷風さらし』であえなくタップとなりました。この負けでチャンピオン『海老まき釣』はシラサエビ代に悩まされながらも見事、防衛となりました。

ぼくの大事なルアーたちは今日もスズキに襲われることなく、無事タックルボックスに帰還いたしました。

ようこそおこしくださいました!

fuminyともうします。(実は結構なオッさん)

2年ほど前からルアーを作り、それでシーバスを釣っています。

釣り人としては香櫨園浜(写真の浜とゴロタ)を筆頭に、平日の早朝からのデイゲームを楽しんでいます。

沖堤防、船、危ないテトラ、水面から高い堤防などは基本いきません。

車止めれない、駐車場代高い、トイレない、混雑する。これらをすべて避けて、景色のなるべく良いところを歩き回り、心と体を癒す釣りをたのしんでいます。 多少不利な釣行設定な上に、テクニックもないのですが、大いなる釣果を目指しています。

趣味のルアー作りはネットで購入できる、『バイブレーションの骨』と百円均一の工具や材料を中心に活用し、お気軽な自作バイブレーション、ジグミノー、バルサシンペンなどを自作し、大半はそれで釣りをしています。

ああでもないこうでもないと試行錯誤しながら、自分好みのルアーを投げて釣れた時のワクワク、ドキドキは理屈っぽいオッサン(私)の琴線をかき鳴らします。