自作バイブレーション,4年間で感じた事。(4年間の流れ) 第6話

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

昨日の朝は私の通勤路の山道に濃い霧が・・。

あれつ?

霧って夏とかではなかったでしたっけ? 

『霧だから仕事に行かない!』

つう訳にもいかず、

ドキドキでまさしく

『五里霧中』通勤。

ソレはソレで刺激的で何ならワクワクする物です。笑 

別に出勤という目標に向かって、気をつけてゆっくり行けば良い訳ですから、

どちらかと言えば『五里夢中』だった感じです。笑 

山間部に住う私はチョクチョク山の谷間から霧状の雲的な物が立ち込めて

大空にゆったりと登っている様を発見しては

『雲が産まれている!』と大騒ぎして、妻から呆れられているのですが、笑

昨日は私の通勤路で雲が産まれていたに違いありません。

いつか仙人にもお会いできて非科学的にシーバスを爆釣する術でも習おうかと思います。笑 

非科学的と言えば殺気の出し入れなんぞ、今や釣り人にとって必須科目と言っても過言ではないノウハウで、笑

『ほら!来い!』なんて釣り中に念じようものなら

魚はその気を感じ、ニセ餌など絶対に齧らないのだとか。

そう言えば、水辺に深キョンの人魚が現れる妄想などをしているぐらいが

食いが良いような気がする。笑 

さて、

前回の続きです、

場末のオッサンの苦労話に付き合わせて申し訳ありません。笑

 

自作バイブレーション。

表層直下の6番の速引きだけではやはり手数的に不足で

5番の残りをボトムに引っ掛けない様に工夫をしながら釣る日々。

この頃ワームのお稽古も頻繁に。

しかしやはりボトムスレスレを竿をどうこうしなくても楽して引いてこれるバイブレーションを作りたいなぁと、色々考える訳です。

そういえば・・・?

初回6番を試し作りした時、

リア側のオモリを重たい目にしたために、

本来頭を軸にして左右にブルブル水を受けて震えるべき胴体以降の部分が

しっかりした重みを持したせいで震えずに頭と一緒に持ち上がり、水面に浮上した。

まてよ!

これを程よく調整しながらコントロールすれば、重たくても、巻いている限り、ボトムに落ちきらないバイブレーションができるのではないか?と。

そしてかなりしばらく、水平姿勢にこだわりましたが、

ここは多少の前傾はアリとして、リアフックが根掛かりし難い様に念を押そう!と。

私にしてはボディの真ん中寄りに開けたラインアイ。

後方はやや重たい目、

しかしやや前傾にする為にラインアイからぶら下げると前傾になる様に頭も重たく。

沈んでもいいので粘土は比重の重たい方の普通のモデナに戻しています。

早速!御前浜でキャスト!

さすがに重たいのでよく飛びます。

そして、着底も速い。ぼやぼやしていると根掛かりだ!

何のためにやったのか分からん!

リフト!『軽っ!』

ウォー!思惑通り!

リトリーブ!

んんん?

その引き心地は?

んんん?

蚊?

バイブレーションの振動をハチに例えるなら、

今日のヤツは蚊。

超微振動です。

そして前傾になっていると想像したヤツは水の抵抗を受けながら

お辞儀をしながら、ほぼ水平。

クレーム対応の様にペコペコお辞儀をしています。

んんん?

成功?失敗?

この頃になると実質的には失敗だが結果的には成功パターンに味をしめる様に。笑 

重たいけどうわずる、感じを得た事で一応根掛かりは軽減されます。

しかしこのブルブルが細かいのって、いいの?アカンの?と。

今でこそ微振動タイプという領域があることを知っていますが。

当時はIP、トレイシー、シーバスハンターの世界観。

こんな蚊みたいなバイブレーション、釣れるのかなぁ?と

しかし、これがチヌ限定に近かったですがよく釣れる。

今考えると釣り荒れた場所で微振動タイプがハマる事が多々ある事を知りますが、当時は私だけの発見!っと。笑

7番サロゲート・ズーの原型が誕生します。続く

自作バイブレーション,4年間で感じた事。(4年間の流れ) 第四話

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

イヤハヤ、阪神間はガッツリした雨です。

巷では、スキー場などが深刻な経営危機に陥ったりしているとか。

例年並みの天候であれば今日なんかはガッツリした雪が降っているところでしょうけど、日本の四季の移ろいも、平均的であれば1番平和なんでしょうね。

私的には雪が積もらない方が快適ですけど。

さて!前回の続きです。

ぶっ飛びブルブルバイブレーションを作るべく、鋳物にまで挑戦したバイブレーションは

当時の私には全く不本意なローリングプレートであったであった訳です。(2番トレトレの原型)

全くルアーのルの字もわからなかった状況

『このルアー、エソしか釣れない!』と。笑 で、

当時の私は当時の私なりに反省します。

『いくらシルエットが細い方が良いと言ったって、おそらくボディは太い方が波動が出やすい模様だ!』と、

フリーハンドで木葉型に構想を書き出し、

それを真鍮板に貼り付ける。

鉛は何故だか木の葉状の真ん中から斜め下に伸びる様に配置。(今なら全てを下に配置して、頭だけ重たい目にしたら、後は強さや揺れ具合をラインアイの位置で調整できると分かっていますが。笑)

早速、明石に持っていき、投げて見る。

パタパタパタパタとまたしてもローリングプレート、

しかし今度はバイブレーションもちゃんとします。

そして何かを感じとった私はフロントフックを外してみます。

『オッ!良いね!』横揺れは少なく、思っている感じとは違うものの、

当時としてはよく出来たバイブレーションの出来上がり。

しかしまだまだボディが回らんばかりにローリングするし・・・。フォールの時は変な動きだな!

3番コノハ(アオバ)の原型が出来上がります。そしてそれで蛸が釣れました。笑 

惜しいけどフロントフック禁止って!と

又新たな型を『4番ユズリハ』の原型。

頭を重たく、お腹も重たい目、低重心、

ラインアイの位置高い目、後ろ気味。

かなりのウエイトを確保し、投げて見るとぶっ飛びます!

姿勢もよろしい!

いい感じ!

巻いて見るとブルブルと強波動!

体高を気にせず作るとユズリハはユズリハで様々な可能性が出てくる。重たくて強振動、フォール姿勢が良い、そんな利点の中で様々な派生(失敗作)が出てくる。

『やったぁ!バイブレーションできた!』当時の私の感覚としては、

初めて出来た、私のまともなバイブレーション。

4番ユズリハが完成するのでした。

調子に乗って、量産してあちこちで投げまくります。

続く