続,センジュ,チョウチョウ,クローバーリップ,ルアーの発想のお話し

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

一昨日、志村けんさんがお亡くなりになったニュースが。

なんだかんだで日本を代表する国民的コメディアンであった故志村氏。

洋楽のリズムネタなんて志村氏の発祥であろうし、髭ダンスなんて、言葉を一切使わないお笑いを幼児にまで真似させた。

加藤茶氏が下系、変顔、下品系を駆使して一世風靡した後、

ようこそどちらかと言えばクリエイティブ系(下系も無いでは無かったが)で肩を並べた物だと知らず知らずに世代の物は尊敬の眼差しで見ていたよね?と思い返した。

吉本新喜劇にも代々受け継がれ、余りにも定番のテンプレートとなっていた『お婆ちゃんボケ』。

『映画リハーサルカットボケ』と並ぶコントで誰もが使う形式であった様に思うが

『お婆ちゃんボケ』に関しては志村氏が大半かっさらってしまい、

お婆ちゃんボケと言えば誰もが志村氏を思い浮かべる様になっている模様。

長い間私達に笑いを届けてくれてありがとうございました。

御冥福をお祈り致します。

さて、余りにも身近なピンピンエネルギッシュに活動されていらした国民的スターがコロナの犠牲になり。

より一層の用心が我々日本国民にも浸透するかと思います。

刻々と変更していく消費の在り方、外食の概念も変換のスピードに拍車がかかる。

これから味気なくなって行くであろう、そういった変換を目の当たりにすると、

若い頃、勤めて居ようが事業をしようが、

革新、革新と新しい在り方、形式を!と、息巻いていた自分に、少々未来を教えてあげたくなりました。

しかしこれだけ新しい物、新しい考え方が好きな私の想像を遥かに超えて来た現在、

オッさんになり、今度は古きを守る立ち位置にシフトしつつある。

そうやって世代という物は繰り返されるのでしょう。笑 

 

さてさて!何でも革新すれば良い物でもなくて、

ラパラのカウントダウンとか、ローリングベイトとか、ワンダーとか

ある一定の条件下でオンリーワンをずっと貫き続けるルアーがある。

そしてそんな事言ってしまったら、

漁師さんが使う『飛行機』なんて超ロングセラー(使い方おかしい?)な訳で、

いわば胸ビレ付きルアー、というか羽付きルアー(リグか?)だから『飛行機』という訳だ。

既存のルアーにも羽付きは結構多く、

しかも現存するシーバスルアーの中ではナイトレイドとか、邪道さんのヨレヨレやレザンは地味な規模であるが羽を持つ。

というか、スタビライザーというやつ。

結局現在のシーバスルアーの『羽』って『アクションを起こす』ではなく、『アクションやレンジの乱れを制する』仕様で装着されている物が多い。

しかしおそらく思うに、口先でリップが巻き起こすアクションだけではなく、

そう言った羽系で、口先系では得られない様な動きのパターンが少々見えてきた。

マァ、バスでは表層系にそんな物が多いが、潜って羽があるのは、あんまりないでしょう?

その辺りの可能性をここ最近の沙汰で見てしまったので色々試せればと思います。

続く

ヌーベル,オルガノイド,ツチノコ,カマキリ

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

私の中には、

無邪気に活き活き!ドンドンやりたい放題、後先何て考えない、人の役に立とうが立たまいが、お構い無しに欲望のままに動物的に発想していく『甲さん』と 

ケナゲにその無茶振りをコツコツと形にしていくややお疲れ気味のズレ眼鏡のオッさん『乙さん』が居る。

(あくまでもイメージです。)

2人でヘッポコルアービルド街道を歩いております。(本当は1人)

そんな物『甲さん』がなんぼほど勝手気ままにコレどう?アレどう?と発想した所で

実行者は1人(この世界観なら0.5人、笑)

追いつく訳が有りません。笑 

ゆえに、未完成・私的期待株は沢山。

と、いうか塩漬け状態。

『ヤルヤル!』と言うといて総合フミニイとして(笑)全然やらない『デイミノーシリーズ』なんかはその典型。

『カマキリ』『ツチノコ』などその特徴的形状から完成を前にそのルアー自体の『完成名』が既に確定しているのも多々。

ブログなどいつだって加筆変更が可能だが、

ツイッターは削除しかできない。

発想名付け係の『甲さん的事案』をパクリと言われないように少なくともツイッターで確認出来る様にしとかないと!と思う事は多々出てきた。

何故、そんな事を言うかと言うと、ルアーの名前の発想など簡単に被る。

例えば私が6年前に呼んだ

『3番サロゲート・コノハ』

もちろん形状が木の葉状であるからコノハと名付け

簡単にリサーチしてこの世にルアーで『コノハ』がない事を確認。(乙さんが、笑)

手放しでコノハ、コノハと言うてたら、

コノハと言うルアー、現る。笑

もちろんこちとらまだ事業でも無く、

僕のルアーは『コノハ』と好評いつしたかもはっきりしないし、

もしかしたら別のコノハはもうそれより前に有り、

私が調べきっていなかったも知れない。

どちらにせよ全く意義無しだし、

名前何て甲さんに頼んだらローラさん風に

『OKェ!分かったよ!』物で、

瞬殺で『ミオノハ』を生み出すが、

それを変更していくのは非常に面倒。

しかし逆にそれが嬉しかったりもする事もあるからオッさん心は複雑である。

例えば『14番サロゲート・旧カタクチバイブ』

ズッとカタクチバイブと呼び四苦八苦した、私的エース御三家の『ムジュウ』である。

もう分かった方も多いと思うが。

『カタクチワーム』が尊敬する村上晴彦氏のイッセイさんから発売された。

別に前からカタクチバイブと言うとる訳だから

言うときゃいい。と、

思う方もいらっしゃるかも?だが、

発売されたカタクチワームに飛びつき

『凄い!凄い!』と歓喜する横で『カタクチバイブと前から言うてた!』

カタクチワームを使い、なんならブログでもYouTubeでも絶賛するなんて不自然。

そこで甲さんに問うと(笑、全部自分)

ローラさん風に

『OK!巻きとリフトが軽いからムジュウをコッチに変えちゃえば?フフフ!元ムジュウはマンボウみたいだからマンボウに変更だよ!』(後々調べるとマンボウは存在していた模様)

と秒殺。

というか、被れて光栄。笑

新しいどころでは『ライアー』もやられた。笑 

後メガバスさんの『ゲンマ』もやられた。

逆に甲さんは嬉しい言うとりますけども。笑 

続く