ミノー,じゃないミノー,8番マル秘ペン

ようこそおこしくださいました!フミニイです! 

デイゲームのスピード帯でワームではなく形のハッキリした物が有効チュウ時がある様に思います。

ワームが絶対的反応の格の違いを見せるスーパールアーであると感じる瞬間は多いのですが、

逆にワームではなく、硬い奴じゃないとダメな時もある。

逆に反応はするがワームの形状からしてワームのテールだけちぎる様な食い方しかしない日も多々あって、

動きを阻害しようがなんだろうがテールにフックを付けたくなる瞬間ってかなりある。笑 

とて、シンペンやスラロームベイトではなく、

ミノー的なヌルヌル感が良さげな状況って、多々あるのですが、

ぬるぬるで速巻き出来るルアーって少ないし、

ミノーの構造上、リップが一旦水を掴み、1 〜2㎝位後のウエイトの充実してる部分がそのリップを強い力で戻していく。

ソレ、すなわちオーバーアクションだったり、引き重りと言うか、今やりたいルアーの通し方ではなかったりする。

そんな状況の時に投げる物って、見失ったりする。笑 

でも、動かし方とか、アクションの度合い、スピード、レンジなど細かく想定すると、

かなりの穴が私的には広くあるんですよねェー!

 

ミノーでない、ミノー?

ミノーと言えば、私の場合サスケとかエリア10が思い浮かびます。ソレに、ブローウィン、サイレントアサシン。アーダガルルとか。どれも大好きで見るたびに目がキラキラするけれど、ミノーってシンキング、フローティングに関わらず、デイゲームでよく使う、バイブやブレードベイトに比べると、その汎用性と言うか、探り切る範囲って、はたまた投げらる範囲って、限定される。っと言うかソレが必定であるんでしょう?

逆に

邪道さんのエンヴィ105,

ポジドライブガレージさんのスイング・ウォブラー,

ジャッカルさんのライザーベイト,

ウォーターランドさんのエンゼルスイマー。

全て優れたアピールを見せる

表層アピール中心のルアー。

コレら言わずと知れた名ルアー。

共通するのはリップなと、ヘッドなとが上向きで、その切れ込んだ先頭部分は水を受ける機能も持つ事。

そのちょっとした水受けの仕組みがルアーをいい感じで動かしている。

コレらは皆さん手放しで『ミノー』なんて言わなくて

なんか違う呼び方したり、急にカテゴリー分けからしれーッと離脱している事もある。笑 

この『水面直下でプルプル・ブルブル出来るやつ』笑。

コレとミノーの中間って有ったら便利だろなぁ〜って、よく思う。

この感じ、めっちゃ重たくしてボトム上を引いてこられる感じに仕立てられたらどうか?と。

いうてもこういうのって、構造上浮こう浮こうとするのが必定なので、かなりの重たさにしても撃沈はしないのでは?と。

マァ、巻きスピードに一定の秩序は必要だと思いますが。

いつもの巻きスピードでボトム上フワフワぐらいに調整すればどうか? 

この状況、仮にウエイトがミノー的な配置になっていたとするといくら動くか知らないが、

上向き姿勢で推進するイメージは私でも想像できる。しかし完全前方、低重心ではどうでしょう?

それでも立ち姿勢になりそうな気もするので、まじない程度にリップとボディの関係をなだらかなVの字にするってどうよ?的な。

そうすればいくら立ち姿勢になってもリップの角度次第にならんかなぁ?的な。

そんな希望を叶えるたたき台。8番マル秘ペン(候補)

分かったから!早よう仕込めや!的な。笑

続く

自作ルアー,回想記,8番,プルプル,自作バイブ,ルアーのアクションを考察する。

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

なんだかんだでウカウカしていると冬になってしまいます。

今年はコロナに始まり、数々のすったもんだでバタバタ感溢れる年。

しかしその分ルアー作りオッさんとしての成果は多大で、

これまで謎とされていた理屈が解明されたり、

鬼門であったプラグ系・ワーム系が進展したり

『型物』に突入したりと、

自作縛りでもかなりの釣りが考えられる様になりました。

今年は岸からの海釣りが全体的に不調の様で

(私は毎年不調ですが!笑)

日の出以降のデイゲームしかやらない、私の実績なんて最悪。

代わりにナマズは誰でも簡単に釣れるほど好調なのか?

近所の川のルアーテストでボコボコ釣れる始末。笑 

釣り師の実績としては、

今年はシーバサーではなく

『ナマザー』なのです。


私のエース、プルプル52

さて!

今日は補充とブラッシュアップを目論む、

8番プルプルの回想記。

事実上実績で最高エースの地位を誇るプルプル。

その名が示す様にアクションはプルプル感。

アクション的にザックリ言うなら、

バイブレーションの波動も出すシャロークランクという感じです。

 

釣り場の傾向上、釣り師の技量の制限上、笑

同じ立ち位置で連続ヒットって、1年にあるかないかなんですが、

初めてソレを叶えたのは、このプルプル。

確率の高さと、そんなドリームを達成した功績から

14番ムジュウ

と並ぶ初期フラッグシップなんです!

(一回でもボコったら全部フラッグシップになるんでしょ!笑)

52mmバージョンに関しては、標準ウエイトが10gに満たないので飛ばないタイプではありませんが飛距離は相応。

何より以前作っていた、

65mm,75mmバージョンは全く違う価値観を見出し、16番に。

新たなバイブレーションのお題として独立している。

(どうでもイイワァー!)

だから、仮にサイズアップするとしても、新たなサイズアップのあり方を模索する算段。

 

そもそもルアーのアクションの分類って・・・

この世のミノーって

ロールタイプだウォブリング タイプだ!ウォブンロールタイプだ!

レンジがどうだ!と

細かく分類されて、釣り師の共通認識の様になっていますが、

バイブレーションの世界観って、

ウエイトがレンジを決める的概念が一般的な感じだし、

アクションも『バイブレーション』なんだから、ロールもウォブリングもスラロームも論じない風潮になっている。

そもそも、アクションの分類って・・・ 

例えばミノーの場合、

大抵は純粋なロールとか純粋なウォブリングのみというルアーなんてなく、

全部ウォブンロールと言える。

例えばウォブリングが強いシマノさんのサイレントアサシン。

ロール感が絶妙なエリア10とか。

両方のバランスが神業なアイマさんのサスケとか、

分ければ分けらる物。

例えばシンペンやジグの尻振りムーブこれは『スラローム』と分類されている方も多いが、

支点が真っ直ぐに進んでいる中で左右に揺れるのって、

私の感覚ではウォブリングで

左右の揺れが早いか?遅いか?

支点が凄く前か真ん中に近いか?

の差としか思えない。

ただミノーの場合リップの功で支点をやや左右に移動させるので、

私的にはミノーのウォブリングの方がスラロームナンジャないか?と思う。

そもそもスラローム、特にS字スラロームと言われているルアーのバランス的特徴は

鼻からルアーを動かす中心点であるはずの支点が左右に揺れる事が必定となっている。

 

で!話はプルプルに戻る 

この考察を基準にプルプルを一旦、白いキャンパスの上に置いて、アクションをジャッジすると・・・。

ウォブリング!(ドヤ!)

イヤイヤイヤ!

バイブレーションは全部ウォブリングでは?的な・・・。

イヤイヤ!だからバイブレーションはバイブレーションなんです。

(小ネタのつもりが長くなってしまいました、またいで良いですか?)

どうでもイイワァー!

続く