根掛かり,覚悟の釣りでのちょっとした対策

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

シーバス釣りって、チニングやバスと比べると根掛かり回避前提の仕掛けの妙みたいなものが希薄。

というかほとんど無いに等しい。

フックに根掛かり防止機能があるで無し。

マァ、言うたら、

バックチャターとか、ローリングジグヘッドとか、

コアマン さんは上向きダブルフックを多用して根掛かりを臆さずボトム攻めを促していたりはしているけれど。

普通のシーバス用のジグヘッドなんかは針は上向きチャァ上向きなんですが、

ボトムでテンション抜いて横向けにしてしまったら、一巻の終わり的根掛かりが待っていたりする。笑 

反面バス釣りって、根掛かりしやすいメタルバイブなんかだったら、後ろ向きダブルフックが主流であったりするし、

『そもそもウィードをめがけてコネコネやるような釣りが多いので根ガカリ除けの対策は無くてはならないんだ!』的なルアーは沢山。笑 

チヌルアーとて根掛かりに対してはかなりの創意工夫が施されている。


ところがシーバス釣りに普通に使われるルアーのほとんどが

『根掛かりはテクで回避せよ!ソレでこそシーバサー!!』

とでも言わんばかりにフッキング大優先!ワールド。笑 

マァ、シーバスの場合、半信半疑バイトは多いけれども、

ボトムネチネチ釣りをしようとなると非常に経済的危機感にさいなまれる。笑 

んで、ルアー釣り偉人の根掛かり外しテクをプログにまとめたりしている訳ですけれど、

どうしたって取れない物は取れない的な局面は多々ある。

例えば麻袋的な物が沈んでいる時。

御前浜なんかはブルーシートやツナギが埋まっていた時もあった。爆

こんな物どうあがこうが地道にそこまで入水して掘り起こさない限り絶望的である。

 

『フミニイは御前浜で首まで浸かってウェーディングしていた』と

噂されているがソレはその時の様子を見られたからでしょう。爆 

ウェーディングするなら根掛かり外しと言うのがあって、

エイちゃんリリースの時にも安全にフックが外せて非常に便利であるが、

完全オカッパリで沖に掛かっちゃったら、余り役には立たない。

 

針を替えるのは手っ取り早い。

PE ラインが信頼できる状況でFGノットの丁寧バージョンでリーダーと結束して、

リーダーとスナップを丁寧に結束していれば、

針を折る・または伸ばすという手がある。

結局『針がダメになる』と

『ルアーを無くす』では、

精神的かつ

経済的かつ

環境的ダメージは雲泥の差。笑 

私が自作ルアーに装着している、マルトさんの良心的なトレブルフックの8号など、

刺さりは言うこと無し、タイプ的に言うと硬打ちタイプで8号・10号クラスなら折って脱出!っていうのも可能。

スタンダードなカルティバさんのフックは粘り打ちタイプで6号ぐらいまでなら、伸す事が可能。

がまかつさんもコアマン さんが使ってらっしゃる様な細軸のタイプなら結構折ったり、伸ばしたりできる。

所詮冬の釣りとなると

軸細い目・針小さい目が理想となるだろうし、

6号以上だとしても、細軸に替えるなんていうのもルアー保持目線の世界観では有力な作戦でしょう。

あれあれ長くなりましたので今日はこの辺で・・・。続く

 

ランガンバッグ,街歩き可,ストリーム・トレイル,インプレッション

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ちょっとした防波堤や、遠征時の偵察がてらの釣り。

仰々しいフローリングベストちゅうのがはばかられる時は

バッグスタイルで釣りたい物。

アマチュア釣り師って、

言うても休日の娯楽要素が多分にあるので、

釣り兼、買い物とか、

釣り兼、散策と言う様な

状況設定って多いかと思います。

そしてそんな中で

街やら観光地などに

一般的な観光客や買い物する人として自然にスムーズに溶け込みたい。笑 

一方、釣り師目線で考えると

車から釣り場に行く時に貴重品とかペットボトルとかを持ち出して鞄の中に入れておきたいし、

釣りが終わったらルアーケースと、ロッドとネットをポンと車に置いて、

サッとつぎの行動にと成れば非常に便利。

だからそう言う時は普通の鞄にグリップなとニッパーなと忍ばせて、

ルアーケースを入れてペットボトルを一つ入れて、釣りをしたりする。

夏の砂浜なんかでは

半ズボンで、チョットウェーングをやって見たり。笑 

問題は魚を取り込む時や、根掛かりを外す時など上体が低くなると肩掛けバッグでは、鞄が水没する。笑 

基本的に私のお買い物バッグは京都は一澤さん系の帆布バッグを愛用していて。

長男・次男・三男・四男とダメージ具合でアウトドア用とか、釣り用とか、街歩き用とか使い分けて来た。

決して破れる事の無い、一澤さん系の帆布バッグ、

色落ちが街歩きに適さない感じになると、釣りやアウトドア用となる。

しかしこの愛する鞄。

防水ではない。

海水に浸かると気持ちよく水を吸い込む。

んで、防水バッグで可愛いのないだろうか?と、いつも思っていた。

ウエストポーチやド・ランガンバッグはイヤ! 

ひと時、ウエストポーチを愛用しようか?と、安価なもので試した事は有るが、

私は体が硬く、体型も幾分横に豊かなプロポーションゆえ(デブの事ね?)

体をひねってルアーケースを出し入れする動作がチョットつらい。

何回も腰がこむらがえりの様になるんです。爆 

それに不意に座る時にガチャガチャっとやってしまうのも素行の自由感が止まらない私には不向きです。

とて

タスキに付けて丁度いい場所にルアーケース入れが常駐するタイプの

『ド・ランガンバッグ』も嫌いではないんですが、

歩くたびに太ももで弾むか、

短くすると見た目が余りに余り。

それにポケットやD冠が多くて、

街を歩くには軍隊感が否めない。

それじゃぁ明るい色にしたら・・・?となるかも?

ですが、

ニンニクの香りをミントで誤魔化したところで

その香りはニンニクとミントになるだけで、

この場合も

派手な兵隊さんになるだけ。笑

(あくまでも買い物用バッグ目線の話です)

ソレに不用意にガチャガチャ動き回りがちな私は、

その手の鞄をあちこちに引っ掛けてしまう。

村上晴彦さんの動画を見ていると・・・。

ある日村上晴彦氏の釣り動画を拝見していると、

イッセイさんのロゴ入りの肩掛けバッグで釣りをなさってらっしゃる。

雨の中のロケ、鞄は防水だと察した。(簡易防水では有る)

横にストリーム・トレイルのロゴがあったので調べてみると、結構安い!

とりあえず散策や買い物に行くときのポーチ的な物が欲しかったので、調達。

財布とキーホルダー、手帳、ペットボトル、ソレに今ならマスク。

コレらを鞄無しに携帯するのはチョット辛い。

ただしA4サイズ迄は要らない。

こんな時に便利なのが、

クラムという奴。

これでもルアーケースが二つは入る。

街歩きと川探り釣り兼用バッグとしてかなり便利。

そしてA4サイズのやつ。

コレは村上晴彦氏愛用なさっていたのと同じサイズの奴。

ルアーケースが4つ入って、500mlのペットボトルが入る。

私はルアーケースを3つにして貴重品なと、替フックなと入れているが、

この状態で車に積んでおけば、いつでも釣りに行けて、

ルアーケースを出せばチョットした買い物のマイバッグにもなる。笑

ソレにフローティングベストに入れるべきルアーケースを家から出し入れするための鞄としてもスマートでとても便利なのです。

メイホウさんのルアーケース4つとハーフ一つ、グリップなどを詰めて写真を撮ってみた、これでも上からチャックが閉められる。

テトラの行き来とかややこしい動きをする時は袋状に余裕があるチャックを閉めたらルアーケースなどの滑落を防げる。普段はマジックテープでのメッセンジャーバッグ的トートバッグ使いができるので出し入れのストレスは無い。