第二話,自作メタルジグ,1番,ハネラバー,鉛のシェイブを楽しむ

ようこそお越しくださいました!フミニイです!

最近は、ルアービルドなり、シーバス、バス釣りなと、様々な動画がYouTube等にアップされて、それを選び見るだけで、かなり勉強になります。

巻き巻き帝王、というかシーバスルアー釣り普及の立役者、小沼正弥氏もYouTubeを始められたし、

なんなら村田基氏も

有り余る実績、知名度、地位にあぐらをかく事なく、

動画関係は御盛ん。

加藤誠司氏、村上晴彦氏。

ひと昔前ならビデオなり本なりで情報や知識を得るに

どれほどの授業料を払わなければいけないか?ぐらいの状況でありましたが

今はとてもそういう意味では良い時代になったと言えます。

最後の村田基氏の動画のアーマードスイマーですが、

ほかのワーム系ルアーとは一味も二味も違うジグヘッド系で有ると言う事にお気付きだろうか? 

大抵のジグヘッドやハイブリッド系はウエイト部分が直進、水平姿勢を担当し、

ルアー全体のアクションの動力の源はワームで有る事が大半だが、

アーマードスイマーの場合は、ジグヘッドが激しく動き、

それをワームが追随していくシステムになっている。

ワーム自体は柔軟であり、鉛のジグヘッドに遅れて曲がっていく事により、ワームはS字を描いている。

このルアー凄いな!と私のマニア心を擽るし、

1999年には誕生しているのに、

シーバス界にはこの類のブツが無いのを不思議に思った。

海のジグは?と言うと

針は基本的にジグ自体のアクションを妨げる必要悪みたいな存在になっていて、

ジグにリアフックをなるべくつけない方が良い!みたいな空気が流れる。

昨今、ジギングや岸ジギなどのバーチカルっぽい釣りが主流でバイトミスよりもエビなどのトラブルを回避した方が釣果的に実績が出るから当然。

しかし、私の場合、現状は巻き主体でジグを考えるに、

リアフックは生命線とも言える。

そんな中で出来れば付けたく無いと言われるフックを

逆に大いに活用してやろうと言う目論見。

そしてしょっぱなは、

ワームでは無く、キャストにネガが少なく、水の中ではシェイプに多大な影響を与えるラバーを選択。

半ば自由契約級の存在をいきなり四番打者に抜擢。(また野球に例えた!オッさんの証拠)

 んで、やってみたら長くて細いS字系のブツになった。

アレ?なんで今まで気付かなかったんだろう。笑

例えばカタクチイワシなら12cmぐらいがベストで有るし、

ジグ本体が6cmぐらいのもの必要であろう、

要はラバーの終わりまでが全体のシェイプとみなす。

僅かに尻振りをして、水平に泳ぎうるジグ本体を目指す。

ジグミノー『フゲン』で得た、羽根で後部を起す理屈を踏襲。

フゲンの時はアルミの羽をつけて、面白いブツができたが、

今回は鉛でその形状を作り上げて、直進水平姿勢と後方重心による尻振りアクションのせめぎ合いを画策。

横から見れば普通のジグだが、下からみたらイカ感。笑 

コレをマスターとして、次は石膏沙汰。

続く

御前浜,釣行記,というか,ルアーのカラー,よもやま話

ようこそおこしくださいました!フミニイです! 

今週火曜日の御前浜。

私的には少々気合い入れ気味に7時半にエントリー! 

アラアラ!

水潮とかソレ以前の問題で

雨が運んだであろうゴミが山積み。

(美しく無いので今日は写真無し、笑)

これだけ雨が降り続けると

お野菜は高くなるし、大地の水を全て受け止める『母なる海』はコテンパンにやられている。

釣り人のゴミ問題なんて囁かれる昨今。

ゴミまみれになった水辺に釣り人のゴミなど見当たらない。

『釣り』などという、人類発祥からの人間と水辺との文化、というか本能。

というかドリーム。

 

コレをつまみ上げて

『だから釣り人は!』なんて

言いがちな世相に物申したい! 

 

釣りはジャンルであって人格では無い。

自動車や自転車が

ジャンルであって、

人格でないように。笑 

 

ゴミを平気で捨てるのは

『ゴミを平気で捨てる人格の人』であって、

様々なジャンルに存在している。

 

煽り運転をするのは全ドライバーで無く

『煽り運転する人格のドライバー』であるように。

 

 

つうても、

神様も流れ着く浜『御前浜』

 

流れこむ夙川河口。

その小さな川の

 

木々、小枝、木の葉と考えるには

有り余るソレらが流れ着き。

普段の潮目は浮遊物の大きな帯となる。

 

岸際には2メートル程の

ゴミやら小枝やらのシェードが出来ている。

これだけ意識が沖へ沖へと向きがちな私の釣りとて、

ピックアップ寸前のワクワク感を削がれる状態。

『ルアーをフロッグにチェンジ!』でもあるまいし。笑 

私に出来る技術的工夫は2メートル先でゴミを引っ掛けない様にルアーを回収すること。笑 

普段は遠投して一旦ルアーを越えさせてトレースする、沖潮目。

そんな事したら確実にゴミ・木々、枝枝の餌食。笑

 

だけど、

人間、余りに自由なのも問題で『自由が万能に幸せか?』と言うとそうでもなかったりする。

『自由は孤独』であったりもする。

『拘束・制限こそ幸せ感を引き立てる足場』である事を、

多々実感してきたオッさんの人生観。笑 

 

妻が居て、子供を授かり、友達に恵まれて、

面倒みて、面倒みられて、支え合って生きてきた。

そんな中にひと時の濃密な自由を見出すのが『幸せな自由』 

 

『食事も暮らしも充分に満足な無人島での1人暮らし』

『誰も私に意見しないグループ活動、または仕事』

『酒池肉林・釣り放題・釣れ放題の人生』

『フォーピースのジグソーパズル』

『1秒で外れる知恵の輪』 

『HP3のラスボス』爆

 

自由・安易こそ孤独感

不自由こそが面白い!と

自分に言い聞かせるも・・・。

イヤイヤイヤ!

釣り難すぎるヤロ!笑 

 

立ち込んで潮目と岸際のシェードの間で釣りをする。

『ニジマス管理釣り場か?』的な。笑 

『釣り堀か?』的な。笑 

サテライトtake3はやはり旬であるよう、

なにがしの反応は有る。

 

とて表層は釣りづらいのでルアーをズー系に替えて

底近くを引くとアカエイはんにガツン!

『エイの釣り堀か?』的な。

 

トビエイハンならまだトローリング感が有るが

アカエイはんなど徒労感と恐怖感しか無い。

イヤハヤ!汗 

 

話は変わってYouTubeでの動画のお話。

最近私がリスペクトして止まない、オヌマンこと小沼正弥氏がYouTubeを始められた。

それ以前にも、沢山、YouTubeにその勇姿がアップされている小沼氏。

YouTubeを始められたといっても逆にピンと来なかったりもする。

オヌマン信者の私なら、レクチャーされている大枠の話は大抵暗記させて頂いている。

(だったら小沼氏から何を学んでんネン的な、笑)

 

上の動画で解説されている

『金黒オレンジ』『コットンキャンディ系』そうそう!

本当にデカイの選びたければコレ有効な模様。

 

何が信用出来るって小沼氏のカラーリングは信用できる。

富津ベイトとかオヌマンアユとか感謝している人が沢山いるのでは? 

 

最近

色やらフラッシングなど私なりに考察し

 

理解?

感じた事?

次回はそんなお話をしたいと思います。

続く

(結局、御前浜はエイはん入れ掛りで終了、笑)