第三話,考察シリーズ,ルアーと餌釣り,『釣れる、釣れない問題』

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

このシリーズしばらくまた間隔が空いてしまったので、宜しければこちらもご覧ください。

とマァ、考察要項としては、

1、ルアーが全くなのに餌釣り師はバンバン釣る時が有る、その傾向は冬・春に多い。

2、餌釣りとて全く釣れない事も有る、水温・潮周り・棚(レンジ)・季節毎の生態に合わした工夫等、最大限に配慮しても、釣れない時は釣れない。

3、餌釣りとて周りが釣れるのに、自分だけが釣れないことがある。管理釣り場や海上釣り堀など魚がワンサカいる事がわかっている場所で、同じ棚・同じ仕掛け・同じ餌・ほぼ同じ場所でも。笑 

と、ここまで疑問点を。

そして今日のお話は、

 

4、餌釣り師が釣れない時にルアーだけ釣れる時が有る

御前浜の高実績ポイントにハニーと呼ぶ場所が有る。現在はちょっと下図より位置が広がって浅くなり当時よりメッカ感は薄らいだが、

ハニーを投げない上級者は居ない程ハニーは有望なポイントだった。

マァ言うとミニ干潟的な夙川河口のサンドバーの東側の2段目のカケ上がりで、

※四年前の解説で幾分現在は変化しています。

しかも、南芦屋浜埋立地と西宮浜埋立地に挟まれた水道の潮の満ち引きと、

東側の南甲子園浜から続く内海状の湾奥の潮の流れの分岐点で、

この一帯は狙い所が集中している。 

そのハニーの真向かいには

西宮浜埋立地が有り、

対岸のこれもいい場所に

ミニ防波堤が有る。

ここに主にフカセ師がチヌを狙っている事が多いのですが、

私が釣るド・デイの時間帯に頻繁に竿が曲がっている所を見たことが無い。(そもそも餌釣りの方がマズメマスト傾向だし)

変わって対岸の私がウェーデングで

その近くのポイントをバイブレーションで好調に釣る事がある。

しかもサイズもよい感じで。

特に初夏の頃は顕著にルアーに軍配が上がる事は多々。

そう言う時は決まってバイブレーション。

てな傾向。

ルアーたるものいうても餌釣りより不利なはずで、

結果、餌が生きて無いフカセ釣りならまだわかるけれど、

エビ撒きやノマセの様な、

完全リアル活きエビや、

活きベイトでも

ルアーにぶがある時は多い。

コレ、パッと考えると完全な矛盾で、

そもそもルアーってそういった奴らを模倣している筈なのに、ソレに勝つとはどういう事よ?

餌釣り師の立場になって考えると解せない現象でしょう。

コレ、ルアーには最大限のアドバンテージがあって、

速く激しく動くと言う事。

特にボトム叩きなど

餌釣り師では投げ師かぶっ込み師しか物理的に出来ないし、投げ師やぶっ込み師にボトム叩きなんていう概念は無いので、(ズルビキはあるけれど)

これらを程度の強弱はあれどボトム叩きを頻繁に行ったり、ルアーを巻いたりしている、ルアー釣り師が優位になる局面があるのはルアー釣り師なら逆に理解しやすい現象だと思う。

続く

第二話,御前浜,西宮戎さん,初詣,ひるねさん,チャーシュー麺

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

もう私も本格的なオッさんだし、

余り力任せにガチャガチャ動かず

ドッシリと構えてゆったりと、頭を良く、働かせて動かないといけないと思っている。

行動力や手数で押し切る

『ひとり人海戦術』もほどほどにしないと・・・。

 

とはいえ、

基本的に典型的に

大阪人的なセッカチで

街中を1人で歩く時のスピードは

走るのが苦手な方の『走り』より多分速い。笑

 

信号がいつになったら変わるのか?も、梅田の交差点なんかだったら、

あと何秒で信号が変わると絶対的時間で、赤信号の残り時間を表示されてしまうので、

相対的文句が誰にも言えない。爆 

 

小さい頃のあだ名は

『センマツさん(セッカチの古典的大阪弁)』

 

性格的には朗らかな方だと思うが、

朗らかに佇む時間を多く取るために

それまでの行動や結果を急ぐ精神構造である模様。

 

マァ,

いうても

実行、行動を早く済まして

損するいわれはないだろうし、

明日どうなるか判らない未来を余り

あてにせず、

今やってもいいことは

トットと済ましたいタイプ。

 

セッカチ感満々で急いで家を出たら

入水して釣る為の、肝心のウェーダーを忘れていた。

まだ引き返せる距離で気づいたが

『今日はやめといたら!』と

諭す自分もいた。笑 

 

自分の中の諭すタイプの人と、

セッカチなタイプの人。

利害関係が一致してしまう。笑

 

到着するといつものルーティン、

完全オカッパリなのでラフな釣り装備でおトイレに、

トイレにいた、見ず知らずのオッちゃん

『こんな時に釣りするの??』と私に。笑 

まるで交通費を馬券でスッて、家に帰れない人(笑)に話かけるような言われよう。笑 

っていうかジャンキー感は似た様な物か?笑 

風が吹いている。

0℃的な豪風!

コサックダンスの音楽が流れる。私にとってはソレが極寒のテーマソング

 

自発的行動だからよいものを、コレ、誰かにやらされていたのなら裁判沙汰。笑 

しかし

『アオバ』

『マユ』

『ズー(まだまだだけど)』

『アイドマ・スマイル』

全てここで現れ、消えたルアー達

『もうすぐ全てが揃う!もうすぐ!』

美味しい食べ物をゆっくり味わう様な高揚感。

寒さは精神的には気にならない、精神的には。笑 

風が強い、

場が荒れている、

困難な環境設定。

 

釣り、ゴルフ、山登り、仕事、恋愛、

打ち込めば打ち込むほどに逆境に燃えるのはジャンキーの証。笑 

傍目に見てるものからすると『早まるな!』とでも声がけしたくなる様な状況であるが、

本人は意外にハッピーである。爆 

 

昨年末のMVP,ダコールのシャロー使い

意外にダコールはシャローでも使える。

22g,67mmの前方固定重心のペンシル、

これだけ横風が強ければ2投に1投は回転するが、

22gのジグヘッドを連想してもらえば

どのぐらい飛ぶか想像してもらえると思う。

何よりアイとフロントフックが直線上に有り、

その周りをウエイトが取り囲む構造のルアーの最大のメリットは

感度とソレに起因する操作のダイレクト感。

ソレにMクラスのヤヤ硬竿で操作するとスロー展開では、

大概の根はかわせる。

しかし調子に乗っていたら

『ニッチモサッチモ系根掛かり』に襲われる。

針を伸ばそうと頑張っていたら、FGノットの括り目で切れてしまった。

3.5号のリーダーというのもあったのだろう。

 

グローブは付けない派、というか・・・。

仕方ない、リーダーを又つけようとしたが、

私の手はこの30分ぐらいの間に、スピニングタックルを投げては巻く仕様にモデルチェンジされている。

指先は冷たいのを通りこし、

危険な感じの暖かさを感じている。

リーダーなんて巻けない。笑 

元々、グローブの様な手をしている私は、グローブを選べないし、笑、仮にサイズが有っても、グローブ二重装着の様になってしまうので

グローブを付けない。笑 

今日はソレでもグローブを付けた方が身のためだったけれど、

一年に一回使うかどうかの代物をパッと用意するなんて出来ない。

ウェーデングするのにウェーダーを忘れる人には絶対にできない!笑

(イヤイヤ!ドヤ顔する所じゃない!)

続く