御前浜 (香櫨園浜) 5月15日 釣行

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

兵庫県は大雨が収まり、前日の月曜日は夏のような快晴。

気温はあがってます。

しかも火曜日は大潮。

これはチャンス!

ただ、御前浜はこれまでの感じでいうと雨の後はあまりよくないですが。

僕的には気合い満天の6時前エントリー。

残念ながらルーティンのスタート地点のゴロタは先客ありで、

それではと、ミニ防波堤向かいのハニースポットからスタート。

 

投げてみると、もうすぐ満潮なのに浅い?

マァッいいか?

二投目は雨後の変化を確認すべく、一旦ルアーを着底させてスロー引きすると

「ゴン!コツコツコツ!クンクン!キュー!」

これは明らかにアイツ。

黄色い方。

ホラ!

「クローンか!!」ぐらいのアベレージサイズ38cm。

元気たっぷりで、これはこれで面白い。

イヤ!シーバスシーバス!

この流れだと上げ止まりに河口?手前だけ探っておきましょう。

河口着、「浅っ!」

砂が積もっている!

大雨のせいか?

これなら満潮でも立ち込めると、喜んでる場合じゃなさそうですが、とりあえず立ち込む

「浅っ!浅っ!浅っ!」

やはりこの不自然な砂、気になる。

チヌがドンドコ釣れても、今日の場合は仕方ないので、中層から上に的を絞り探ると

「ゴン!ゴツゴツゴツ!ドワ〜グ〜」

アッ!デカめのヤツだ!50cm超えるか?

(イヤ!シーバスシーバス)

マァ、いいか?

真チヌ君顔見せて!と思ったら、バラシ。

そのあとは反応無し。

 

ゴロタにいたグループが去ってから小一時間たったので、東に向けて探り歩く。

河口東側のどシャローがかなり広がっている。

多少雨や海の荒れで河口の状況は変化するものですがそれにしても凄い!

マァ、砂浜として快適になり、市民の安らぎの場として、御前浜に活気がでるのであれば、それはそれでまたよろし。

釣り人的に吉凶微妙で有るが水も年々綺麗になって来て10年もすれば海水浴復活したりして。

いつもお声かけして頂く、Mさんが芦屋浜水道からいらしたもよう。

以前根掛かりに悩んでらしたので自作スローシンキングバージョンソリッドバイブを試して頂こうとお渡ししたら、御礼にとお菓子を頂いた。

こちらが使ってみて頂きたいと、半ば押し着せしているのに、そんな・・、とは思ったが甘いものには目がないので御好意に甘えさせて頂きました。

美味しかったです、有難うございます。

長過ぎるので続きは次回

御前浜(香櫨園浜) ウェーディング デイゲーム話

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

御前浜(香櫨園浜)でルーティン通りゴロタから砂浜を釣り歩く時。

(すなわちウェーディングする河口に向けて陸っぱりで探る間)

 

「何がつれるんですか?」

 

と、散歩の方に聞かれる確率約35%。

 

「70cm位のスズキや40cm位の黒鯛が沢山います」

 

私が答えると

 

「え〜つ!」

と、ビックリする確率95%

 

「こんなに浅いのに!?」

と、かえされる確率75%

 

「向こうの川の沖に入って行ってる人がいますよ大丈夫なんですかね?(それ僕!)」

気をつければ大丈夫ですよ!

 

河口で釣れたりチョット休憩で岸に戻ったら

 

「何かの生態調査ですか?」

イエ!

釣です。笑

 

ある意味生態調査ですけど。

 

ここで釣を始めてしばらくは陸っぱりオンリーでやっていましたが、ウェーディングすると、ポイントの河口沖や、カケ上がりを並行に攻める事が出来るのではないかと考えました。

元々鮎釣をしていた私は何の抵抗もなくウェーディングを始めたわけです。

(引っかかったルアーも取りにいけるし 笑)

 

ウェーダーはゴアテックスなどの快適な素材もありますが、値段が高くて手がなかなか出ません。

ウェーダーを何年も何年も使い続けようと思ったら、ツギハギだらけになり、とても切ないスタイルになりますので、1万チョイ位のものを2年ぐらいで買い換える感じで使っています。

これある程度安価で丈夫で中にメッシュ生地が貼ってありますので僕は気に入っています。

河口の水際の怪しいところをある程度探って反応がなければ、その反応がなかったところまで行って立ち込めば30m以上更に遠投できるというのは水に入っちゃう人の特権です。

13gそこそこのルアーで30mはかなりの優遇材料ですね。

 

カケ上がりに沿ってルアーを見せられるというのもお得ですよね。

 

何より岸からだと窮屈な釣りをしないといけないときも多々ありますが、入っちゃえば釣り場所はひろがります。

 

皆さんはどうか分かりませんが、水面から近いというのも好きで、投げたルアーが自分の元に帰ってくる感、

ラインを水平に近い角度で引く事による操作のしやすさは目線の高い大場所では味わえません。

 

私は初心者ですので、テクニックやメソッドを説く事は出来ませんが、今現在の御前浜に通ってる者として、だいたい上手い方でも攻めるポイント、根掛かり注意ポイント等、共通していますのでザックリと、図にしてみました。

もちろん、大雨や海の荒れなどでかわってしまいますので、参考までに。

 ハートの大きさは当たりの多さよりも、いい魚が期待できる期待度の大きさです。小さいハート三列は当たりが多い(小さいのも多い)所です。

マァ大体皆さんこのあたりで釣ってます。

ウェーディングのお目当も青線の所を探るための方がほとんどだとおもいます。

さっくり1匹釣り上げて他の所にも早く行かないと。