自作ルアー,最近の奴,御前浜,シェイクダウン!

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

このハイシーズンに3週間釣りに行けず、

今日こそはと御前浜へ。

とりあえずゴロタ。

我がサロゲートのイメージキャラクター『姫』は不在。

ドッペルから

ネコちゃんsが慌ただしい、しかし今日はイワシ感は無い。

まぁ、9時に来てイワシも何もあったモンじゃないか?笑

その期待の矛先はサバであった。笑

サバが入れ食いだ!

ネコちゃんワンサカ!石垣から出てくる!出てくる!笑

 僕のは未だ?的な。笑

ヘビーメタルの飛距離はさすが!

受け口効果でゴロタデモ使える。

仕上がり28gで勿論ぶっ飛ぶ!

シャローで28gでも安心して、しかも、引き重りなく、

引いてこられるメタルバイブ・・・ドヤ!笑 

しかし自己満度は60点、想定アクションの再現と言う部分では、まだまだ。

 

サテライトは増えてご機嫌。

問題児にして、降って湧いた期待のスター!『ハネラバー』意外に回転もないし、姿勢も悪くない!やはりお風呂テストとは状況は変わる。

そして、変えた途端にサバが入れ食い状態!!

『ハネラバー』ならぬ『サバラバー』疑惑。笑

 

私は猫使いか?爆

フルメタルプリズムtake2は素晴らしい、

デモこのルアーは
『飛ぶ・根掛かり削減・引き感快適』だけでは完成としない。

チドリとS字軌道をたやすく発現してこそ完成。

今日のテストでtake3決定!

フルメタルプリズムtake1でキビレハン(35cmあるなし)が来た。ありがとう!

 

イヤイヤイヤ!

サバにして、

持て余すやろ!

貴重な対象魚!

リリース!リリース!やって!

その後移動しますが、

サバ沙汰が続く、黄色を帯びた美味そうなサバ。

私も食べたいのですが、

30代初頭より鯖アレルギーを発症。

ちょっとカレー粉を付けたサバの唐揚げを

トマトソースやサルサソースやポン酢マヨネーズでたらふく食べたい!

多分今やったら救急車!笑

んで!

レンジをなるべく底にしてシーバスはんを拝みたいと頑張りましたが不発。

まぁキビレハンが釣れたし、テスト的にも充実していたのでよしとします。

やはり御前浜は居心地が良く、長居してしまう。

お昼ご飯を食べ損ねた。

 

第二話,南甲子園浜,釣行記,ドッペル,プリズム,テスト,自作バイブレーション

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ッペルとプリズムのテストであれば、

最近釣れなくなった代わりに、根掛かりも少なくなった御前浜に行けばよかったんですが、

ジグを作ってしまった、しかも30gを超えたジグ。

やっぱりどうしても大遠投しなくても深場にアクセス出来る南甲子園浜になった。

しかしマァ水が濁っている。

ルアーのテストちゅうお天気でも無い。

空は完全な曇り空、朝の8時を過ぎていますが、橋脚付近は夜明け前の風情です。

 

キャスティングジグで実験がある。

リアフックにラバー付きシングルフックを装着。

そもそも、真ん中後方重心系のぶっ飛ぶメタルジグって、巻いて来る時のアクションたるや、頭を視点に左右にお尻振りが標準。

共通した欠点は尻下がりの姿勢を保つという事で、

コレを単純にウエイトバランス調整した所で、

水平になるがロールがキツ過ぎる物になったりして、

ジグのアクションはどちらにしても極端だ。

フゲン沙汰である程度の解決策も見えてきたがフゲンはフゲンで集中してじっくり向き合わなければいけない時期もあろうと思う。

もっとあっさり既存のジグでも、もしくは単純構造の自作鉛ジグでも、

水平姿勢にクネクネに見える術はないものか?と考えた。

で、結論ラバーってどうなん?となった。

リアフックにだけ少ない目、長い目のラバーを装着。

考えたらタイラバなんちゅうのも有るし。

ジグの後ろだけ抵抗体でも有るラバーを装着。

ラバー自体は自分が曲がったら元に戻ろうとするから、メタルジグのお尻フリフリでクネクネとするはず。

それに今回の30g超えでは無理かも知れないけれど、重たいジグは行こうとしてラバーは戻ろうとするから、お尻が持ち上がるんじゃないか?と。

名付けて

『ラバージグ!(ドヤ!)』

イヤイヤイヤ!アルアル!

テストの結果予測通りの結果が出た。

微調整を経てまたご報告を。

結構な使えるノウハウかも知れません。

やったー!

 

ドッペルもヤッター!

橋脚下には明暗ラインがクッキリと現れて、なんともデイゲーム一辺倒の私には、見慣れないワクワク感を感じる。

ソレならと、ドッペル漂わせ明暗出たり入ったり沙汰を敢行。笑 

スロー気味シンキングのドッペルはバイブレーションなのにそういった芸当をスローに出来ます。(ドヤ!)

海の中を漂うという効果。放置とか、留めてとか、少なくともシンキングミノーの様なボトムからの留めジャークとか。ソレにプラスしてバイブレーションとしても有り余る機能を持つ、きっとドッペルは釣れると信じるが、これだけは実釣を重ねて実績を出すしかない。

ちゅうてもド・デイの釣り。

何よりベイト感が有りません。

石畳の隙間を見ると、カタクチイワシはんが押し寄せたと察する、鱗の名残りが残っている。

そもそも8時に来てカタクチイワシも何もあったもんじゃないか? 

作者の想定では

『沈み難く、沈めても巻くと上昇軌道になるのでは?』と予測していたが、

全然そんな事は無く、比較的しっかり水を掴みレンジキープする。(巻くと水を噛んで潜るぐらい)

常識的巻スピード範疇では水平進行するから嬉しい誤算。

そんな中で次はサテライトのワーム化を目論む最中、

比較的身厚の薄いサテライトとの棲み分けは達成されたも同然。(かな?笑)

魚が居るのに無視られる的な事象を今まで何度も経験して来たが、

ドッペルとワーム版サテライトがあったらどうだったんだろうとワクワクする。

取り急ぎ、フック問題は後回し。笑

一方プリズムの方。

ゆくゆく絞るにしても、

最初の段階でラインアイは綺麗に並べて三つないし四つ開けるのは私の慣例。

そんな未節操な沙汰を繰り返すのは、バイブレーションのバランス感を無段階に養いたいという意図も有る。

アレも面白い、コレも面白いと多穴ライン遊びを繰り返すと、

潮目、潮向きに関係なく、絶対に要らないアイが出てくる。

ボディがブーメラン状で四つ開けたラインアイが全部面白い、ムジュウなどは例外で、

大抵、エースクラスのバイブレーションは結果ラインアイを一つに絞っている。

プリズムの場合、そんな時のオンリーワン候補は

1番リアのラインアイで

実際に使うと、リアアイ装着時は前傾がきつい。

コレは頭のウエイトオーバーではなく、

ウエイト全体の真ん中辺りのバランスが重い事によって起きている。

仮に頭だけが重たくて前傾になっているのなら

振動はもっと強くなり、

引き重りはかなりの物になるはず。

こういうのはアイドマとユズリハに任せるとして、

プリズムの場合は

『切ないスピードスター』を目指したい。

(ナンジャそれ?)笑 

しかしマァ!63mで28gという、馬鹿げたメタルバイブが

『引き抵抗が軽く、上ずり易い』と言うのは面白い。

こういうのって意図して、素人に出来るモンでもない。新しい番手誕生の予感さえする。

28gもあって、少々スロー気味に巻いても、地べたを引き摺る事が無いと言うのは、ある意味目標でもあった訳だが、

いやいやコレは想定を遥かに超える。もう25番なんだと思う。

やれやれ、嬉しいには嬉しいけれど、またまた課題発覚。

収穫は沢山あれど、釣果の収穫はサバ一匹。今年の阪神間の湾奥デイゲームは渋過ぎる。笑