ジョルティの考察のご評価,バミューダ4,自作スイムベイト,その2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

この前、ブルーブルーさんのジョルティの考察記事を書いたら、

作者の村岡昌憲氏のTwitterで『中々の考察』とご評価(?)頂き、

チョットこのブログも訪問者数が爆裂した!笑 

自作ルアーで遊んでいる間は皆さん優しいが、

私の観点からルアーの考察をしていると

『そうじゃない!』的なご意見がある。

なんなら敵対心を肌に感じる事も有る。笑

それはそれで率直な反応として真摯に受け止めるのは言うまでもないが、

本来あからさまにダメの発言が許されるのは出資者や師匠、上司のレベルのはず。爆 

そんな中、

師匠同然の作者にお墨付きを頂いてなんとも嬉しかった。

そして、私がルアーの事を絶賛する際は、

私の使用感の感想よりも、

他の同等ルアーと比較した客観的に優位な特徴とか、

どこをどうしたらその優位性が出るのかの考察を説明した方が、

皆さんや、作者のお役に立てるんだと実感した。

いずれにせよ

便利な世の中、私の様なパット出のルアー遊び人が、

シーバス界を代表する偉人に取り上げて頂ける事自体光栄で、

モノマネしてたら『ご本人登場』した時のコロッケさんのドキドキ感ってコンナンだろうと思った。(ナンやソレ?)

さてさて!

そうそう!

私には色々なルアーに対するまだ見ぬ理想が沢山有って、

ジョルティはソレを達成した一つのゴールであるし、

あえて、まだ見ぬジョルティミニで結構色々詰んでいるのだと察することは出来るけれど、

自作ワームハイブリッド系の最近の進行ぶりもドンドン進めたいところ。

バミューダシリーズの四番目、

グネングネンハイブリッドは更にビランビランをデフォルトにした

止めて艶かしい、巻いてサクサク・ウネウネを目指す。

そもそも以前の自作、

駆動ジグヘッドIIとグネングネンシャッド。

石膏型でワームの型を作ると石膏型自体を水に浸さないと

流して抜く工程がスムーズに進まない。

しかし水に浸けるということは厳密には型自体が幾分膨張するようで

エッジ部分と平な部分に差が出てバリが出来る。

それを切り取らずにそのまま泳がせたら、

なんだかとてもよかったので

今度はそれを沢山付けようという魂胆。

しかしコレ、出来ちゃったは容易いが、作るとなるとかなり厄介。

パッと出のルアー遊び人にちゃんと再現出来るだろうか?笑 

マスターの最終仕上げはおゆまるの手捻りで仕上げるとして、今回はビロンビロンの型がいる。

こうなんでしょうね、アーツ大変そう?

しかしやり切るゾ!続く

ブルーブルー,ジョルティ,別格,ハイブリッド,その2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ブルーブルーさんのジョルティ考察の続きです、

実は私、ジョルティは15gしか使っていません。

ずっとこのブログでもミニ版を待ち望む的な事を書いていましたが、

おそらくドストライク度が高すぎるだろう?と

まだ使わずじまいです。

 

自分自身でルアーを作る気力って

自作ルアーを作る気力って、この世に出ている市販ルアーが余りにも自分の願望にマッチしていると失せて行ったりするもんなんです。

ほらほら!

開発や運動の活力って、

現状に不満だとか、余りにも面倒・不快チュウ意識から生まれたりするので。笑 

ゆえに、

ジョルティミニが出た時にブルーブルーさんをはじめ、さまざまな方の動画を拝見した際

『あっ!コレ、詰んでるな?』と察した訳です。

例えばミニでは無いレギュラー版のジョルティに関しても詰んでるチャァ詰んでるんでしょうけれど、

動きや水噛みが強い部類に入るので、

ハイブリッドとして、釣り場にもう一丁対抗馬か

ワームのジグヘッドリグを持っときたい感じになりますが、

例えばジョルティ15となら

ジョルティミニ14を持っておけば、

そのジャンルが隈なくフォロー出来そうな予感がしている。

これから自作ハイブリッドをいくらか作ろうとしている時に、

そんな充足があるとちょっと自作の方が興醒めしてしまいそうなので。笑

ですから

私の今の考察についても、ジョルティ15のお話になります。

 

実は特殊極まり無いジョルティ

ジョルティって海用ワーム系として実は非常に珍しいアイの構造で、

大抵の海用ジグヘッド系が背アイを採用しているのに対して、

ジョルティはシンペンやオフセットリグの様に

鼻先アイがベースになっている。

しかも前方重心が大前提のジグヘッド系において、

アイ自体が後部まで可動式になっているという事は

ノーテンションに近い状態の時は背アイ状態になっているという事。

ココ!非常に私的にキモで。

ノーテンションの状態で下方向に沈下して行く時、そのルアーを引っ張ると単純な鼻アイなら、アイを視点にダランと尻下がりになるけれど、

その時に背アイなら一旦水平になる。

しかも巻き始めると背アイだった物が鼻先アイに変わる。

ここも非常に私的に重要で、

背アイの場合は水の抵抗は背中に集中するけれど、

鼻アイの場合は,進行断面に変わる。

コレ、ルアーのアクション云々より、

同じトレースプランを描くにしても、巻き方とか力の方向とか別ジャンルぐらい使い勝手が変わって来る。何より大きな針がついていても、エビリスクが極端に少ないのはその構造のお陰。

 

地味に隠された(?)ジョルティの秘密 

そんな条件下の中で私の極々主観的見知で最大の特徴。

それは進行方向の先頭の形状。

下方重心のヘッド状態ながら頭がやや斜め下に切り立っている。

コレ、上昇力が働く構造で、しかもギリ下方重心に振る事によってルアー自体がウォブンロールする様になっている。

しかし付属ワーム自体がしっかりとしたシャッドテールで後ろ側に強い目に引っ張っているので、

水平をゆったりと保ちうる仕組みができている。ワーム系ではあまり無い操作感。

だから、実はバイブリッドのテイを持ちながら

実はミノー的な横揺れ・ロールがジグヘッドの段階で達成されちゃってるルアーなんです。