第二話,自作メタルジグ,1番,ハネラバー,鉛のシェイブを楽しむ

ようこそお越しくださいました!フミニイです!

最近は、ルアービルドなり、シーバス、バス釣りなと、様々な動画がYouTube等にアップされて、それを選び見るだけで、かなり勉強になります。

巻き巻き帝王、というかシーバスルアー釣り普及の立役者、小沼正弥氏もYouTubeを始められたし、

なんなら村田基氏も

有り余る実績、知名度、地位にあぐらをかく事なく、

動画関係は御盛ん。

加藤誠司氏、村上晴彦氏。

ひと昔前ならビデオなり本なりで情報や知識を得るに

どれほどの授業料を払わなければいけないか?ぐらいの状況でありましたが

今はとてもそういう意味では良い時代になったと言えます。

最後の村田基氏の動画のアーマードスイマーですが、

ほかのワーム系ルアーとは一味も二味も違うジグヘッド系で有ると言う事にお気付きだろうか? 

大抵のジグヘッドやハイブリッド系はウエイト部分が直進、水平姿勢を担当し、

ルアー全体のアクションの動力の源はワームで有る事が大半だが、

アーマードスイマーの場合は、ジグヘッドが激しく動き、

それをワームが追随していくシステムになっている。

ワーム自体は柔軟であり、鉛のジグヘッドに遅れて曲がっていく事により、ワームはS字を描いている。

このルアー凄いな!と私のマニア心を擽るし、

1999年には誕生しているのに、

シーバス界にはこの類のブツが無いのを不思議に思った。

海のジグは?と言うと

針は基本的にジグ自体のアクションを妨げる必要悪みたいな存在になっていて、

ジグにリアフックをなるべくつけない方が良い!みたいな空気が流れる。

昨今、ジギングや岸ジギなどのバーチカルっぽい釣りが主流でバイトミスよりもエビなどのトラブルを回避した方が釣果的に実績が出るから当然。

しかし、私の場合、現状は巻き主体でジグを考えるに、

リアフックは生命線とも言える。

そんな中で出来れば付けたく無いと言われるフックを

逆に大いに活用してやろうと言う目論見。

そしてしょっぱなは、

ワームでは無く、キャストにネガが少なく、水の中ではシェイプに多大な影響を与えるラバーを選択。

半ば自由契約級の存在をいきなり四番打者に抜擢。(また野球に例えた!オッさんの証拠)

 んで、やってみたら長くて細いS字系のブツになった。

アレ?なんで今まで気付かなかったんだろう。笑

例えばカタクチイワシなら12cmぐらいがベストで有るし、

ジグ本体が6cmぐらいのもの必要であろう、

要はラバーの終わりまでが全体のシェイプとみなす。

僅かに尻振りをして、水平に泳ぎうるジグ本体を目指す。

ジグミノー『フゲン』で得た、羽根で後部を起す理屈を踏襲。

フゲンの時はアルミの羽をつけて、面白いブツができたが、

今回は鉛でその形状を作り上げて、直進水平姿勢と後方重心による尻振りアクションのせめぎ合いを画策。

横から見れば普通のジグだが、下からみたらイカ感。笑 

コレをマスターとして、次は石膏沙汰。

続く

第二話,南甲子園浜,釣行記,ドッペル,プリズム,テスト,自作バイブレーション

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ッペルとプリズムのテストであれば、

最近釣れなくなった代わりに、根掛かりも少なくなった御前浜に行けばよかったんですが、

ジグを作ってしまった、しかも30gを超えたジグ。

やっぱりどうしても大遠投しなくても深場にアクセス出来る南甲子園浜になった。

しかしマァ水が濁っている。

ルアーのテストちゅうお天気でも無い。

空は完全な曇り空、朝の8時を過ぎていますが、橋脚付近は夜明け前の風情です。

 

キャスティングジグで実験がある。

リアフックにラバー付きシングルフックを装着。

そもそも、真ん中後方重心系のぶっ飛ぶメタルジグって、巻いて来る時のアクションたるや、頭を視点に左右にお尻振りが標準。

共通した欠点は尻下がりの姿勢を保つという事で、

コレを単純にウエイトバランス調整した所で、

水平になるがロールがキツ過ぎる物になったりして、

ジグのアクションはどちらにしても極端だ。

フゲン沙汰である程度の解決策も見えてきたがフゲンはフゲンで集中してじっくり向き合わなければいけない時期もあろうと思う。

もっとあっさり既存のジグでも、もしくは単純構造の自作鉛ジグでも、

水平姿勢にクネクネに見える術はないものか?と考えた。

で、結論ラバーってどうなん?となった。

リアフックにだけ少ない目、長い目のラバーを装着。

考えたらタイラバなんちゅうのも有るし。

ジグの後ろだけ抵抗体でも有るラバーを装着。

ラバー自体は自分が曲がったら元に戻ろうとするから、メタルジグのお尻フリフリでクネクネとするはず。

それに今回の30g超えでは無理かも知れないけれど、重たいジグは行こうとしてラバーは戻ろうとするから、お尻が持ち上がるんじゃないか?と。

名付けて

『ラバージグ!(ドヤ!)』

イヤイヤイヤ!アルアル!

テストの結果予測通りの結果が出た。

微調整を経てまたご報告を。

結構な使えるノウハウかも知れません。

やったー!

 

ドッペルもヤッター!

橋脚下には明暗ラインがクッキリと現れて、なんともデイゲーム一辺倒の私には、見慣れないワクワク感を感じる。

ソレならと、ドッペル漂わせ明暗出たり入ったり沙汰を敢行。笑 

スロー気味シンキングのドッペルはバイブレーションなのにそういった芸当をスローに出来ます。(ドヤ!)

海の中を漂うという効果。放置とか、留めてとか、少なくともシンキングミノーの様なボトムからの留めジャークとか。ソレにプラスしてバイブレーションとしても有り余る機能を持つ、きっとドッペルは釣れると信じるが、これだけは実釣を重ねて実績を出すしかない。

ちゅうてもド・デイの釣り。

何よりベイト感が有りません。

石畳の隙間を見ると、カタクチイワシはんが押し寄せたと察する、鱗の名残りが残っている。

そもそも8時に来てカタクチイワシも何もあったもんじゃないか? 

作者の想定では

『沈み難く、沈めても巻くと上昇軌道になるのでは?』と予測していたが、

全然そんな事は無く、比較的しっかり水を掴みレンジキープする。(巻くと水を噛んで潜るぐらい)

常識的巻スピード範疇では水平進行するから嬉しい誤算。

そんな中で次はサテライトのワーム化を目論む最中、

比較的身厚の薄いサテライトとの棲み分けは達成されたも同然。(かな?笑)

魚が居るのに無視られる的な事象を今まで何度も経験して来たが、

ドッペルとワーム版サテライトがあったらどうだったんだろうとワクワクする。

取り急ぎ、フック問題は後回し。笑

一方プリズムの方。

ゆくゆく絞るにしても、

最初の段階でラインアイは綺麗に並べて三つないし四つ開けるのは私の慣例。

そんな未節操な沙汰を繰り返すのは、バイブレーションのバランス感を無段階に養いたいという意図も有る。

アレも面白い、コレも面白いと多穴ライン遊びを繰り返すと、

潮目、潮向きに関係なく、絶対に要らないアイが出てくる。

ボディがブーメラン状で四つ開けたラインアイが全部面白い、ムジュウなどは例外で、

大抵、エースクラスのバイブレーションは結果ラインアイを一つに絞っている。

プリズムの場合、そんな時のオンリーワン候補は

1番リアのラインアイで

実際に使うと、リアアイ装着時は前傾がきつい。

コレは頭のウエイトオーバーではなく、

ウエイト全体の真ん中辺りのバランスが重い事によって起きている。

仮に頭だけが重たくて前傾になっているのなら

振動はもっと強くなり、

引き重りはかなりの物になるはず。

こういうのはアイドマとユズリハに任せるとして、

プリズムの場合は

『切ないスピードスター』を目指したい。

(ナンジャそれ?)笑 

しかしマァ!63mで28gという、馬鹿げたメタルバイブが

『引き抵抗が軽く、上ずり易い』と言うのは面白い。

こういうのって意図して、素人に出来るモンでもない。新しい番手誕生の予感さえする。

28gもあって、少々スロー気味に巻いても、地べたを引き摺る事が無いと言うのは、ある意味目標でもあった訳だが、

いやいやコレは想定を遥かに超える。もう25番なんだと思う。

やれやれ、嬉しいには嬉しいけれど、またまた課題発覚。

収穫は沢山あれど、釣果の収穫はサバ一匹。今年の阪神間の湾奥デイゲームは渋過ぎる。笑