アイマ ,K-太suspend,『置いておけ!』2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

前回もご紹介した動画。

日中にポンスコ、シーバスを

『置いておけ!』メソッドでつられている。

本来、大遠投ブルブル丸の私には、まるでおとぎ話のような光景。笑

しかし、元々エサ釣りをやっていた私。

『K-太77suspend』が餌だ!と思えば、腑に落ちる。笑

そして、それをエサにする方法を濱本国彦氏は説いてくれている。

そもそも『置いておけ!』メソッドのイメージが強い、このルアー。

デイ用巻き巻きルアーとしてもかなりアピールが強くていい感じ。

いずれにせよ、日中に魚の気配はあるが、バイブレーションは無理的な時に、

あそこか?こっちか?と探り回るのにピッタリである。マァ、例のごとく、

とても語りたくなったので、又動画をアップしました。

宜しければご覧ください。

ブルーブルー,ノンスタックジグ,インプレ,『海でラバージグ投げたかったんだろ?』はい!

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

なんだか奇襲発売の用に店頭に並んだ

『ノンスタックジグ』

マァ、言ってみると『ソルト用本格ラバージグ』

 

ラバージグって、

ブラックバスの釣り番組をみてて

『いいなぁ!これシーバスでもやってみたいなぁ!』

なんて思っていた事、

村岡昌憲氏は結構シーバス(やソルト)に取り入れる試みをしてくれています。

そもそも以前の村岡氏の座右のミノーっぽい『X-80』も当時はブラックバス用しかなかったんでしょう。

チニングの極小ラバージグはあるにしても、

ブラックバス的な立派で派手なやつは今までなかった。

そもそも『エビ』『カニ』的なラバージグ。

シーバスに行けるんじゃない?と。

でもそんなに安い物でもないし、

冒険が過ぎるかも?と。

何よりルアー的にはややこしいゴロタやテトラ、磯などで試したいところだが

『秒殺でロスト違う?』と。

で!

ノンスタックとは?

コレまた気になる。

しかもリーズナブル。

一番軽い 14 gを投げましたがキャスト感は上々。

いつもはそのルアーの良いところばっかりお伝えすることが多い私ですが、

今回ばかりはちょっと・・・。

『御前浜のゴロタではさすがに引っかかるでしょ!』と、

そもそも釣りとは、

魚のお口に針をかける。

そんなに都合よく地面に引っかからない、ルアーなど存在するのか?

多少の頻度の差はあれ、

あの御前浜のゴロタで

ズル引きなんかやったら、

絶対に根掛かりするでしょう?

勝負!

お侍さん一人賭けた!笑

意地悪、横キャスト

(万が一引っかかったらウェーダーで取りに行ける範囲、ソレをロングキャスト)笑。

してみました。

続く