自作バイブレーション,1番サロゲート

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

私がルアー作りを始めたきっかけは、基本、経済的な理由からです。

お小遣いはたいて買ったメタルバイブレーションがアッサリ、海底のゴミと化し

「コレならばエサ釣りの方が逆に経済的かも?」となりましたが、

どうしても当時、ジグやバイブレーションを大遠投して、デカイ魚とファイトする希望を断念したくありませんでした。

「多少上手くなるまではアルミ板かなんかで自作して練習しよう!」と、

1mm厚のアルミ番を切り取り、ハンドドリルで穴を開けて、

割菱を配置して、ラメ入りのおゆまるを纏わせる、

というものを作り出したのが始まりです。

(さほど、進歩はしていない。笑)

 

そして最初にバイブレーションとして成立したのが、

記念すべきこの1番。

只今、復興工事中。

『始めて成立したバイブレーション』として、

1番を冠するわけなのです。

暗中模索でなんのノウハウも無いまま作りましたが、

今思えば、

ベリースローシンキング、

ナチュラルウォヴリング、

リフトで派手目のブルブル。

コレって使ってみたい時が多々ある、夢のある動き。

体高もあるのでバイブレーションドリフトなんていうのにもうってつけかも?と。

しかしながら例のごとく、マスターはロスト。涙

だいぶん初期の頃、再現を目指し仕込みましたが、どれも違う。2番、3番など奇抜なコンセプトがなかなか再現しあぐねて、あれやコレやに創意工夫が重なって、5番以降の番手ができていく。

テクニックは一向に向上しないが、

ボォーッとリトリーブしてても、

適材適所のバイブレーションが其れ相応の釣果を叩き出す、

そうこうしているうちに

偉大なるメーカーさん達の市販ルアーは宝物みたいな扱いになり、

たまに動かして

ipはやっぱり凄い!とか、

デュエルさんのコレコレはなんでみんなもっと使わないのかなぁ?とか、

何々のもっと飛ぶバージョン版みたいなの作りたいとか、

釣る目的より、ルアー作りのお手本として、祭り崇める為に投げて、

実釣は全部自分のルアーになっていく。

自分でつくるので

ロストしてしまうと、また少しだけモデルチェンジなんかしながら補充していく。

そして実際に釣果の上がる、

8番、9番、10番、12番辺りがレギュラー化して

素人のおままごとなりの進歩をしていくのですが、

その他の番手はテスト段階で再現できなかったり

、ウイークポイントを克服できなかったりで『幻の番手』となる。

(そんないいもんじゃないですが!笑)

で!何気におゆまるを又、使い始めて1番、2番と3番の完全完成に取り組もうかと。実釣では8番、9番、10番、12番辺りが文句なしに働きますので、置き去りにしてしまった『幻の名機』(イヤ!だから、そんないいもんじゃないって!)の再現もチョット頑張ります。続く

自作バイブレーション,10番サロゲート『magatama』3

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

ド・フリーハンドバージョンのマガタマは

テストの結果、

動き・引き重り軽減対策共に上々の出来栄え。

直ぐに予約発注のあったM氏にも納品。笑

何より良く飛び、

スゥーという感じの

『ドスン!』と落ちない軽やかで遅すぎない潜りぶり。

根にはかかり辛く、

フロントアイでははフリフリ気味、

リアではブルブル強い目。

お題はほぼクリアで

形はチョット変わりましたが『正調10番サロゲート マガタマ』が、

ド・フリーハンドで完成!

祝!

蝶々!蝶々!

 

それで!

イチビリ(軽薄なお調子者)の私は

モデナソフトのボディを更に軽い、おゆまる田舎コンニャクブレンドにて、

10番改も作成していました。

結果正調となった10番がまだ引き重りする場合、

比重を更に下げ、ウェイトを若干下げる事により、

投げまくりでも疲れないようにと、あらかじめ仕込んでいたもの。

例のごとく田舎コンニャクNo.2。血の通った魚の肉は大体こんな色合いですわなぁ。

これにラメを練り込み、眩し目の角度でギンギラと、逆光では透けるようにする。

10番の型に重りを配置、頭の側のオモリは付けない、その代わり顔は5号を半分。

田舎コンニャクブレーンと田舎コンニャクピンクを纏わせる。

御前浜ゴロタテストの結果、

正調をおとなしめ、そして軽やかにしたバージョンが完成。

マガタママイルド(仮)とでも呼んでおきます。

続く