ルアー代節約への道,マッキーでコットンキャンディ

ようこそおこしくださいました!フミニイです!今日は朝一動画を撮りました、

宜しければご覧ください!

動画の撮影途中に妻が部屋に入って来て『キショ!』と言われました。

ヒロシフミニイです。爆 

 

ルアーは工芸品でも有るが・・・。

シーバス・バス・ナマズ・チニングにかかわらず、自分のお気に入りのルアーを集めるのはルアー釣りの醍醐味だと思います。

メガバスさんのルアーの様にリアルさを極限まで追及した芸術品も有れば、

ルアーの限られたデザイン領域の中にアートを感じるアイマさんやポジドライブガレージさん的な芸術品も有る。

本当に集めて眺めるだけで心がウキウキするものです。

お小遣いに制限がないのならお気に入りのルアーを好き放題集めて

カラーチェンジやモードチェンジして楽しむのが最高にたのしいのでしょうけれど、

中々誰もがそう出来る訳も無く、

私も食い倒れ趣味もあったりして、釣具購入一辺倒というわけにもいきません。

それにどうしても専門家にカラーリングしてもらわないとどうにもならないデザインはあるものの、

単純にベタ塗りすれば良いカラーリングも存在するし、

工芸品的な仕上がりを追及するわけで無く『釣りに勝てば良い』と割り切れるのなら、

自分でカラーマジックで塗ってしまえば、

仕上がりが粗雑だったりしても釣果的にそんなに変わらなかったりするのも事実です。

少なくとも私は自作するので自分でカラーリングしないと仕方ないですし、

緻密に仕上げるよりもより多くのルアーを自作して実践に投じたい気持ちが強いので、細かい事は余り気にしていません。

それに最近セリアさんで使えるホログラムシートも販売されているし、かなり自作ルアーはやりやすくなってきています。

 

初心者のカラーリングの壁 

カラーリングをする上でグラデーションというかサンバーストというか、

例えば背中が真っ黒や真っ青で

徐々に薄い青に変わって行く風合い。

コレを表現するためにプロは大抵、エアブラシ的な物を使って色の濃淡を表現してグラデーションを付けていく、

このシステムってかなり大掛かりな上、

準備と後片付けが大変。

溶剤を霧状に吹き付けるわけだから換気や養生も大変で

自分の部屋で空き時間にホイホイ出来るもんでも無い。

んで、

私の場合、言うてもカラーマジックで手塗りするしか術がないという結論になる。

ですが

例えば100均の石粉粘土のボディとかおゆまるのボディとか、ましてや自作メタルバイブとか、

塗装が乗らない・伸びなくてグラデーションの表現ができないと

本当に残念・不自然極まり無いルアーが誕生してしまうわけです。笑 

 

残念でも不自然で無くす術ならあります。笑 

マッキーやコピックなどのアルコール系カラーマジックは

インクを吸いすぎず・弾きすぎずの素材の上ならグラデーションの表現は可能です。

具体的に。

吸いすぎる 

石粉粘土・おゆまる・モデナソフト・木材。 おまけにリターダー

弾きすぎる 

グール・金属・大半のプラスチック系 おまけにセルロースセメント

 

故にこの上で

アルコール系マジックでカラーリングしても、

グラデーションが表現できなかったり、逆にムラムラに弾いてしまったりするんです。

 

具体的な対策

その①マニキュア

種類によりますがマニキュアの場合、表面に凹凸ができるのかどうなのか?アルコール系カラーマジックと相性がいいです。銀や金のラメマニキュア(ダイソーがおすすめ)だとアルミ張も省略できるので私的にこのパターンはすごく多用しています。

その② アサヒペンさんの     鉄分防錆クリアコートにどぶ漬け。

セルロースセメントと違ってカチカチに固まらず、アルコール系カラーマジックがいい具合に乗り、指やスポンジなどで簡単に濃淡・グラデーションが表現できます。

その上何故だかカラーリングしてからどぶ漬けしてもマジックが解け辛いので色止めとしても使えます。

 

その③ヤッパリ・モデナ 

完全に乾いたモデナなら直接グラデーションが表現できます。

形成がしやすい・乾燥が早い・水にある程度強い・乾燥後はしなって強い。

塗装だけで無くボディの比重が水の2倍程度になっても良いのならボディはモデナにすると何かと作業がしやすいです。

んで結論!

結論ボディをモデナで形成し、アルミ貼りをダイソーのマニキュアで代用、一度アサヒペンさんの鉄分防錆クリアでどぶ漬け、セリアさんのホログラムシートを貼るなら貼って、もう一度どぶ漬け。ここでカラーリングを決定して、色止め。そしてセルロースセメントを使う方はここから塗り重ねて行く。

コレが今の私のパターンです。

 

溶剤系は周到な換気が必要です。

ルアービルドは健康を害さない・怪我をしない様に注意しながら、自己責任でお願いします。

 

ルアー代節約への道,スピンテールその3

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

イヤハヤ最近やっと生活リズムが安定して来て(といっても多忙は多忙)

いろんな事が出来る様になってきました。

前々からレポートスルスルと言っておりました小型スピンテール。シンプルバージョンのご紹介!ご紹介!

誰でも出来る小型スピンテール 

方々の強度に対する考え方にもよるでしょうけれど、私は今回0.8mmの針金を用意。

あらかじめカマボコいたに書いた構想図のアイの所に釘を刺す。 汚い金槌で叩いたので汚れて見苦しくてすみません。笑

釘が刺せたら、前回ご紹介した、ワイヤーループプライヤーで針金を形成していく。

ギリギリハマる的なシビアな曲げ具合にすると同条件なものが量産出来るという寸法だが

別にアバウトを楽しむというのも全然アリだと思います。

要はルアーとて仕掛け作りの一部だし。

同じ形状のベースを3つ作成。ガイドの構想通りに割菱3号の半分と1.5号の半分をウェイトとする。

コレによって下方重心が担保されたのでモデナで形状を作っていく。

ここでミドル狙いや沈下ゆっくり目に拘るなら比重の軽いモデナソフトを使う。

今回は全てノーマルのモデナで。

 作業がしやすい様に少量ずつラップで小分けしてます。

乾燥を待つ。続く