チャターベイト,スピナーベイト,シーバス,に効くのか?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

私的環境としては住まいが山と川に囲まれている都合上、

シーバスよりバスの方が釣りに行きやすいはず、

なので別にルアー釣りをバスで楽しんでもいい様な物ですが、

中々・・・。

ひとけの無い川や湖って、独特のオドロオドロしさがあって、ちょっと居心地が悪かったりする。笑 

とて極々気軽な武庫川上流域にはチョコチョコルアーテストがてら通ったりするが、

バスは釣れずに、ナマズハンが釣れてくれる。

ナマズゲームというジャンルに一才不満はないのであるが、

ナマズの口って、分厚くて肉感が有り、バスやシーバスやチヌハンの様に、いい所に掛かってる的な場所が無く、

100%痛そげで、

釣れた時の達成感が

『ゴメンね!』的な贖罪感に代わりやすく、

私的に夢中になれない。笑 

逆にバスなら、変な所に掛からなかったら後々チャントやったげれば然程のダメージを与えずにリリースしやすいのですが、

釣れない。笑 

 

スピナーベイトの魅力 

シーバス用のスピナーベイトって無い。(多分)

しかしスピナーベイトって、

トレーラー(フック部に付けるワーム)を付ければ、かなりルアーとして多彩な重要要素が混在していて魅力的。

一般的に、シーバスにスピナーベイトは効かないと言われているが本当にそうだろうか?

スピナーベイトの特徴 

コレ自体主要パーツは針金で

ワイヤー系と縛られるジャンルらしい。

基本的にくの字型のワイヤーの上部に回転ブレードが付いていて魚を惹きつけて、下部のラバーとトレーラーの付いた針で食わせるって感じ。

私的に持っているのは、イッセイさんのクルコマ一手。

しかしマァ、バスなら

みんなのベタベタパイロットクラスのルアー。

シーバスに効かないという事実自体が謎である。

 

では逆に

私的には非常に好意的ルアーである、

スピナーベイトを

あえて粗探し目線で考察してみよう!笑

 

ベイトの模倣ができていない 

マァ、シーバスはんがルアーをじっくり見ているなら見切られますわな。笑

②ブレードのバイト傾向とワーム系のバイト傾向は別 

シーバスでルアーローテーションしていて、ブレード系とワーム系て重なるイメージが有りませんわな。笑 

 

③バス用サイズ規模ではそもそもデカ過ぎ?

小さめのジグヘッドリグでもそうそう丸呑みしないシーバスはん、

あんな二又のルアーをそもそも丸かじりしようとしませんわな。笑 

 

④言うてもジグフック一本

あんなデカイ針でバンスカ掛かるんだったら、フックを繊細にチョイスしているシーバサーのあの苦労は何?って感じになりますわな。笑

 

あーヤッパリ

ネガティブ情報嫌い!イヤな気分になって来た。笑

(本当は粗探し得意ヤロ〜!)

んで、

秋の高活性時にボートで釣行とて、T並木氏がスピナーベイトでシーバスをボコる動画が・・・。

ん?どうなん?

一体? 

じゃぁ通年シーバスに効くスピナーベイトの条件って?

次回はシーバス用スピナーベイトに対して建設的に考察して行きたいと思います。

 

自作ワーム,南甲子園浜,釣行記,駆動ピンテール改,グネングネンシャッド改,

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

コロナ禍の最中,大変な方々が山程いらっしゃる中、幸い私は以前と変わらぬ暮らしを安心して続行できている事に感謝している。

そして安心して休日を過ごせる事、釣りをさせて貰える事。私の環境に只々感謝しかない。

有って当然の日常、居て当然の家族、仕事、釣り。

私の頭に蝶々が飛んでいるかの様に、いつも幸せを感じていられるのは、そんな日常に感謝しているから、

それ以上の欲求や夢はオプションであって、

追加,プラスであって、

ラーメンで言うところの替え玉である(軽っ!)

イヤイヤ!チャーシュー追加か?(どうでもイイワァー!)

そんな物が私の周りに有る事自体、何て贅沢な事かと思う。

私も色々、失敗をして、沢山失って来たけれど、笑。

家族は皆んな充実した日々が送れている様で有るし、

私の周りの方々も思惑に近い相応の暮らしが出来ている様だし、

第一基本的には健康で有るし。

いい事を噛み締めて行けば結構幸せっていうものは幻ではなく、身近な物。

それ以上の事は煩悩である。笑 

そして、煩悩の塊、

釣りと食い道楽のお話。爆

 

必要最小限の食事でいい物を、

食い道楽で大食いな私は、

煩悩の塊が体にまとわりついていて、笑、汗!

 

妻の仕事を手伝う以前に、釣り、グルメツアーと化した岡山県。

単純な付き添いなど誰とて気を使うだろうけれど、

これだけ空き時間を謳歌したら、

逆に妻に憎まれている事だろう。笑 

マァそれぐらいが丁度いい。

 

柔らかすぎた駆動ワーム達

憧れの景色の中、釣りをする願いを叶えた牛窓釣行。

自作ワームが柔らかくて非常に動きがよかったけれど、

ワームのキープ力がイマイチ。

しかし、砂浜の海中の状況が数投で把握出来たし、

どのレンジ帯にルアーがいるか把握出来たし、

大筋の目論みは成功。

ルアーの艶かしさ自体は形状の効である程度担保されているはずで有るし、ジグヘッド自体がワームを駆動する訳だから、

新品のソフトマテリアルを使わずに

固い目に仕上がる、リサイクルマテリアルで駆動ピンテールとグネングネンシャッドを再流し。

 

28番サロゲート候補・オオルリ81

そして、本業(笑)の

サロゲート シリーズ候補

『オオルリ81』

大型バイブ、前傾スローシミーフォール、ズルビキ、ハイアピールリフト&フォールを掲げて、プレ仕上げ。

デカイバイブがソレをやると思うとワクワクする。

 

 

 

そしてそれを仕上げて詰めて南甲子園浜へ。

到着と同時に駆動ピンテールから投げる。

この状態、分かっていても中々成せなかった

『ワームスタート』を実行できた、

まるでクララが立ったかの様な出来事。

それほどこれらのワームリグ達は快適である。

それにまだまだ他のレンジはサッサとチェックぐらいでほぼ実質的にボトムネチネチの攻防、

フッキング率のネガは有るにしても、自立してボトムで針先を上に向けて水平に置く事ができる、駆動ジグヘッド#1なら

ボトムリサーチにぴったりだし。

んで、

これだけ艶かしいワームを海中に投げて、巻いたりツンツンしていたら何かしらアタる、

#2とグネングネンシャッドペアでもアタるアタる。

魚は少ないだろうにアタる、アタる。笑 

 

釣り師的な宿題が浮上

こう言う現象って、ルアー釣り、

特に冬の釣りのパラドックスで、

掛かりの良いトレブルフックにしたら根掛かりが多発するし、

吸い込みが良い様にジグヘッドを軽くしたら、

竿抜けポイントに届かないし、

微妙な多彩なバリエーションで挑むべき事象である。

バス釣りの方がボートに何本も竿を置いて

手変え品変え挑むのをよく見るけれど、その気持ちがよく分かる。笑 

ジグヘッドが苦手であるのはそういった繊細な釣りの食わせの調整を怠っていたからかと

今更自覚した。笑

しかし、この事態を竿一本で賄うのもオカッパリ師の美学であるし、

予算の問題もあるので,笑

ジグヘッドの重量やフックの在り方のバリエーションを増やすしかないでしょう。

宿題! 

 

そしてオオルリ81

ソリッド系初の鋳物ウエイトで臨んだが

コレは思い通りにはならず。

人生そうラッキーばかり続かない。笑

数個作成したブツの鉛を同等に削っていき、

成功したら一つをまたマスターにする予定。