8番サロゲート70mm 2

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

趣味のルアー作りとて、

結構クラッシュアンドクラッシュ(笑)の連続で、

無駄に繊細な性格と、

無駄にこだわる所は徹底的にこだわるので、

中々「これで良し!」とはなりません。

 

前にも申しましたが、

たまたま出来た理想に近い動きをするルアーを、

セルフコピーする作業に追われてたりもします。

趣味でも、仕事でも

「何かを成そう!」と努力して、良い方向に向いた時、

「何が良かったのか?」客観的に判断するのは至難の業です。

逆に

「何がダメだったのか?」

は、一生懸命やっていれば幾つでも簡単に見つけられるものです。

大枠で、どうすれば金属と樹脂の塊がバイブレーションになるかは、これだけやっていればわかりますが、

突き詰めて考えていくとかなり悩ましく成ります。

 

8番、7番は特に繊細で情報が良く伝わってくるのは良いのですが、

ちょっと海草が絡まった、

ちょっと真水が多い、

なんていう些細な理由で本来の動きは出なくなり、

極々シンプルなソリッドバイブになってしまいます。

 

マァ、私の自作ルアーに限らず、

微細な動きが持ち味のルアーの宿命と言えば宿命なのでしょう。

 

それで先日70mmをテストしたのですが、

それはそれはロール気味ウォブリングで一定レンジを直進する、

それはそれは優等生のバイブレーションだったのですが、

8番の動きはしませんでした。

海の塩梅が平常に戻ればするかもしれませんが、

少しまとめ過ぎたようなきもします、

次回再チャレンジしてみます。

出来れば釣果付きで。笑

久々、本日の猫 タイトル『肖像権』

ちなみに彼は『クー』と皆が呼ぶ、宝塚の山間部の半野生の雄猫です。見た目はかなりイカツイですが本当は結構、人には友好的です。

大雨後、御前浜(香櫨園浜)釣行 2

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

カラリと晴れた青い空、海に跳ね返る日差し、

曇りの方が過ごしやすいと皆おっしゃいますが、

私はカンカン照りの方が快適です。

光合成しているのかなぁ?

 

しかしまぁ、何にもアタリません!

しかも河口には

『アジサシ(野鳥)が急落下して魚を捕る瞬間を撮る』

狙いのアングラーいや!カメラマンが数名、この炎天下の中、頑張ってらっしゃいます。

 

こういう時に限って、

アイツら(アジサシ)は僕の目と鼻の先に落下しよるんです。

 

可哀想にカメラマンからもアングラーからもサーファーからも愛されない、海鵜の団体さんは追い払っておきますね。笑

鴨は呑気にお食事。

落ち着いてきてカメラマンさんが1人になったので

「釣ってもいいですか?」とお声がけしようと近寄ったのですが

「鳥が水面に落ちる瞬間を狙ってらっしゃるんですよね!」と、思わず言ってしまいました。笑

僕の真ん前に落ちてきましたよ!」といいかけましたが、

それは辞めておきました。

 

やっと河口奥に立ち込みましたが釣れる気配なし。

また釣り下がってダメだったら姫でも見て帰ろうと、もどっていきます。

スムーズにゴロタまで異常無く戻るハメに。笑  

姫!姫! 居ない  

姫! ここも居ない!

姫? ここも。

あの子達、大丈夫だったんでしょうか?

自由奔放な半野生生活も楽ではありませんなぁ。

ところで、全然、釣行記で無くなってきちゃってますけど、

事情により、悪しからずご了承ください。