自作バイブレーション,10番サロゲート『magatama』2

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

『magatama』とは?

古代から日本にある装飾品の形状で日本書紀にもその記述があるのだそうです。

本来8番ぐらいが最も勾玉に近い形ですが、

8番は最初から『冥王』笑、と名前が付いていましたので、こちらのサブネームに。

昔から勾玉の形状が好きで、天然石屋さんやら、

熊野方面の神社さんなどにネックレス的なものがあり、とても欲しいのですが、

イメージ的に知性的で小柄な女性が付けるとバッチリ似合いそうな感じで、

真逆の熊みたいでヘラヘラしたオッさんがつけると、

完全に北京原人に見えるだろうと、つけあぐねております。笑

しかし今更ながら自分の原人ブリを気にしても焼け石に水の様な気もしますが・・・。

勾玉自体のモチーフや効能は諸説あり、あまりはっきりとはわかっていないそうですが、

一般的には厄払い、魔除けと認識されているようです。

このルアーも

『魔の根掛かりスポット』に吸い込まれないようお祈りするばかりです。

とりあえず、ド!フリーハンドで作ったらチョット前と違う形になってしまいました。

これはこれで貴重な10番系なので仕上げます。

色は定番の緑金オレンジと、赤金で。

続く

自作バイブレーション ,3番サロゲート65 8

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

朝に大雨が降り、

お昼には抜ける様な青い空

「どないやネン!」と

滅多に言わない独り言を言ってしまいました。

ちなみに前回の独り言は、

早朝の山道を独りで車にて移動中に、野生のリスが横切り

「アッ!リス!」と言って以来です。笑  

さて!3番サロゲート改の改。一旦テストして、いけたら、塗装しようと思っておりましたが、他のルアーの塗装中、誘惑に負けて塗ってしまいました。

よく釣れるしネ!

良しとしましょう。

誰も困りませんし。笑

下地のおゆまるは前回ラメ入り田舎コンニャクカラーにしていますので、

それを活かしながら薄っすらとミスターカラーシャインシルバーをラッカー薄め液で伸ばしながら塗り込み、角度により銀だったり田舎コンニャクだったりする状態に。

更にクリアベースの銀ラメを施し、ブルーベースのホロマニュキアでコーティング。

サヨリは無視すると豪語しながら、カラーリングの傾向がサヨリに引っ張られている、小心者の私。

そしてセルロースセメントに。

魚が釣れやすい間に

もっといろいろ試さないと!

精進!精進!

続く