透けるくんで作った、クリアハード65 3

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

仕上がったテンプレート貼った、鉄板を切り抜きます。

大雑把に切り分け

切り取り線を消さず外をなぞる感覚で仕上げていきます。

アイ関係の場所は「アッ!」なんて間違って切ってしまったら、ただのステンの切り端に早変わりです。

特に慎重に切り整えます。

針金はまず最初に、下の図のように、引っ掛けどころを作り、とりあえず41.5mm+αのところでカーブさせ、リアフック用横アイを形成し戻して内側に折り返します。

針金とめようの赤い穴に折り返し部分を両側から差し込み、ペンチで押さえて固定します。

(緩やかな折り返しアールをペンチで挟み、鋭角になるように押さえ込む)

このままでは上下には自由に動く状態なので、ゼリー状瞬間接着剤で固定させます。

取れないと思いますが、気になる方は、更にセキ糸をグルグル巻きにして、固定して下さい。

図のように重りを付け、すけるくんを纏わせます。

 

乾燥後、

 

濃いめの銀ラメマニキュアを薄い目に塗り、

好みのカラーリングをすれば良いのですが、

透けない塗装をすると、何やってることかわかりませんので、

私の場合はマッキーかコピックなどのアルコール系マジックを厚塗りしないように使います。

今の時期、

西宮市、小場所では、黄色っぽいベージュか、あまり綺麗でない濁った赤系に反応がいいようです。

目玉を取り付けて、お決まりのラメマニキュアで仕上げると魚感がアップします。

セルロースセメントは厚い目に纏わせて下さい。

でないと、

粘土部分に海水が染み込み、キャスト時に粘土だけ飛んで行く悲劇に見舞われます。

皆さんならワームかな?

という状況のとき

(私ワームが苦手なので)

できたらこれでやりたい。

モチロン初めからでもいいですけど。

上の図の、尾部のおもりを1号の半分から1,5号の半分に上げて、若干後ろ上に移動し、尾部の粘土部を細くすると、結構なクネクネシルエットを描きます。

それもまた、面白く、場合によってはハマるはずですので参考までに。

バイブレーション考、色々。

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです! 

 

私、ほとんどバイブレーションでシーバス(?笑)デイゲームをしております。

 

マァ、90パーセント以上バイブレーションで

 

カラーも今の時期なら

ナチュラル系ヤヤ黄色掛か、

ミド金オレンジの二種類が大半です。

 

でも、そんな大雑把な私がこだわってコロコロかえるのがルアータイプです。

 

上級者の方はどうお考えなのかよくわかりませんが、

 

私流にバイブレーションは細かく分類して考えています。

 

1.ノーマルタイプ

動きは大きめでやや前傾姿勢で強い目の波動を水につたえる。

2.スローウォブリングタイプ

ウォブリングがゆっくり目で少しロールしている、活性の高い時、このタイプを表層で引くと、誰でもつれる。

 

 3.平行姿勢タイプ  

テンションフォールで平行に近い姿勢で沈下するバランスに調整されている。ロール感がより強くなる場合が多い。ハイブリッド系はこのタイプが主流の模様。

4.ハイピッチ微振動タイプ ウォブリングの切り返しが速く姿勢をほぼ水平に保ったまま虫の羽の様に細かい振動を出す。

とザッと四種類ではないでしょうか?

ソルトバイブレーションの代表格、コアマンのアイアンプレートは1と2と3の絶妙な組み合わせで、帝王の座に君臨しています。マァ、ほかのルアーとて主観的にかつ、大雑把に素人が分類させて頂いただけで、場所の傾向や釣り角度で動きも変わってきますのでそこは、それなりにお受け止め下さい。

 

僕のバイブレーションも大雑把にこの中にあてはめることはできます。

1,2,3と意図的に作成する、方法はだいたい確立されたのですが、

4,のタイプが平行にこだわると、再現が難しかったのです。

たまたま、何も考えず量産した時に全部、4,のタイプになって、いっぱいできたので、これといって調整の記録などしていませんでした。

一時、大阪のおばちゃんの飴の様に、会う人会う人に配っていたのがソレです。

そのあと暑くなってタイプ2,の表層プルプル引きルアーが良く食ったので、それのブラッシュアップばかりしてチョット4,を放置してしまったのですが、これもかなり強力に寄せて食わす力を持っていると思います。

最近、中層あたり(と言ってもシャローだから知れていますが)を若干早い目でおとなしい目に引きたいという場面に何回か出くわして、4,タイプのつもりでセッセカセッセカと作っていたのですが、なぜか、2,のたいぶになってしまいます。

記録を辿ると、4,タイプの正確な成功後の調整の方法を記録していない事に気付きました。

マァ、やや前傾にして真ん中と後ろにもある程度の重たさを付け、アイを中気味につなげると、成るには成るのですが、そんなやり方ではなかったようにおもいます。

水が濁り気味で、表層ダメ、少し潜らせて若干早い目に引きたい、居そうだから細かく探りたい。

こんな時4,タイプは竿に伝わるアタリも取りやすく使いやすいです。

ちなみに1,が魚を寄せる力があり、

2,は食わせ、

それでもダメなら3, 、

それでもダメなら場所替え、

という感じでいつもやってます。

 

使用頻度が高く、バリエーションの多すぎる2,ですが、それを、ピースウェイというと反対意見も多いかもしれません。

アイアンプレートスロー引き。

ローリングベイトスロー引きの時の感じと言えば、賛成の方も多いと思いますが、いかがですか?

自作バイブレーションに関しては2,の中で更に細分化して作っています。だいぶん、まとまって実績も出そうですので、大胆にも尊敬する方々の作品と共に紹介させて頂きます。

(このままではチニングルアーになってしまいますのでもう少々お待ちください。笑)