南甲子園浜,釣行記,スイッチヒッター,『マユ』,スラローム,ペンシル,

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

7回連続バラし記録更新中の中、

逆に良いように解釈するなら、6回はバイトのあった、南甲子園浜で雪辱を果たす!

っうか!

これだけアタリがあったら南甲子園浜でしょ?

しかも他の場所に比べれば比較的にディープであるし(と言ってもせいぜい水深5m位ですけど)。

何なら、

ど・シャローバカの私が

縦の展開も多分に意識して釣りを組み立てる技量を得るには数少ないチャンス。

早く2次元の世界から抜け出し、3次元の世界感を身につけなければなりません。笑 

と、ワクワクしながらゴー!

 

又々、いい感じの南甲子園浜

虹橋からチラ見する、(コ〜ラッ!)

海の感じは絶好調!

モヤモヤたっぷり、

鳥はんたっぷり、

海面ザワザワいい感じ。

到着すると結構風は強い。

しかし今日は南南東の風系、

うぉっシャー!

橋の南側では又々ボイル、

釣り人もそちらに集中!

まさしく最近の南甲子園浜の橋の南側のケーソンは

『一丁目一番地』

 

一方!『下町路地裏的、釣り師』の私は、笑

それに惑わされず我が道をゆく!笑 

こうなりゃ!マイノリティ釣り師街道まっしぐら!笑 

 

ブルーオーシャンで『ブルーオーシャン』を選ぶ

そうそう!

思い出した!

カルチャーでもビジネスでも、

膨大なキャパシティや資本力の『巨人』に敵わない中で相応の実績を求める場合。

その術として

ニッチ化という戦略があると聞く

数ある要素の中から一つの断面を切り取りそこを集中的に煮詰めて行くという感じ。(中古クラッシックCD専門店とか、焼うどん専門店とか、人が余り戦わない場でコアな充実度を高めると土地や規模や広報レスポンスに頼らずとも先駆者になったりできる)

もしくは子細なニーズに小規模で応える、とか、細かく用途を分けていく感じ。(バスボートに竿を20本ぐらい積んでとっかえひっかえしてるアングラーの感じ。大工さんがぱっと見同じに見えるカンナを何本も使い分けている感じ)

場合によりけりでいろんな見え方がする。

何でも物は言いよう。カッコ良かったり、カッコ悪かったり。

現実や評価など様々な感じ方、立ち位置でコロコロ変わる。

最近は世間でもそういう事象や発言を

『ポジション』とか『ポジショントーク』なんて共通に認識したりして、

ある意味、世界は様々な立場の人が気持ち良く分かりあい、生きていける様に改善され出しているという、気持ちにもなれる。

それと、

『レッドオーシャン』

『ブルーオーシャン』なんていう対比もよく耳に、

競合ひしめくジャンルをマーケティング的な感じで

『レッドオーシャン』と呼び、

余り競合とかち合わない場所を

『ブルーオーシャン』と呼んだりする。

ブルーオーシャンを狙えば先行者特典が

あるとか?ないとか?

知らんけど・・・。

(でたぁ〜!)

マァ!釣りで言うところの『竿抜け』っうやつ。

面白い事にソルトルアーフィッシングをやってる時点で、

場所はブルーオーシャンなので、

ブルーオーシャンでブルーオーシャンを狙うという。

何ともシャレたぁる、攻防だ。笑

 

つくづく感じた、『スイッチヒッター85S』のポテンシャル、汎用性

いくら状況が良いとて、駐車場に車を止めて、ポイントに到着する迄の間、

南のベランダに行く人も、橋南のケーソンでやる人も、

何投か石畳みやサーフも様子見投げをしている模様で、

海底の地理など熟知していなくても、

『ドンなんかなぁ?』と道すがら探っているのでしょう。

表層直下系の攻防には、魚が沈んでいるのか反応しない。

そうとて、

ボトム上、ブルブルやフワフワでもなし、

これだけベイトがいて、しかも魚にそれほど油断が無いような時はやはり

中層の上下の動きも取り入れた、早すぎない狙い方をすべきと判断した。

というか消去法でそれしか手がない。

活性というのはあるのだから。笑 

『ど・シャローマン』を続けていると、つくづく思うのが、ど・シャローは結果が出るのが早い。

狙い方の、狙う場所のバリエーションは少ない。

そもそも、ど・シャローマンはカウントダウンなどほとんどしないし、ボトムと表層の選択肢が主で、中層という概念が希薄である、言わば2次元的アプローチ。そんな中でも5㎝単位の(微調整みたいな世界感もあるにはあるが)

ディープの場合はソレが幾重にも重なっていることになり、

何処を狙うか?よりも

どこを捨てるか?のリサーチになる様に思う。

明らかに表層は捨てた方が良さそう。

でも、ウルメと思しき、小規模な大群が何グループも表層をウロウロする中で

ツイツイ表層に固執してしまいそう。

偉人、大野ゆうき氏がいつか言ってらした

『大群の下を通すべし!』

偉人、藤澤周郷氏が

申される『イヤイヤゾーン』の話などから、

ど・デイ、ど・シャローマンが抱きがちな表層直下万能思考から幾分解放され

『中層のどこなのか?どんなスピードでどんな角度?』と自分に問える段階にやっと来た。笑

しかしながらこれだけ人っけのある中途半端な水深の海で、

水押しミノーを一旦ボトムに沈めてジャーク!ジャークでもなかろう?と。

そこで

パイロット的にダイワ さんのスイッチヒッター85S登場!

何より飛距離!

基本シンペンムーブ、スラローム的動きの要素も強く、フォールは水平に近く、そのシミーフォールのピッチも速い目で

そのアピール性も今の状況にマッチしている様に思われる。

ゆっくり過ぎないスローな展開に速過ぎないフォールも魅力的。

何より無神経に巻かずに時折り、ショートジャークなんかを混ぜれば

結構ボトム上ぐらいをゆったりと探ることができる。

そこでとりあえず、大遠投して、軽く巻きながらのカーブフォール。

アタリかどうかは不明なレベルではあるが、中層下に何かいる。

その後はその辺り狙いに集中。フリーフォールでボトムまで沈めてしまい、斜めに1メートル程浮上させて、イメージ的に50cm程シミーフォールを繰り返していると、

ガン!おそらくシーバス。

50cm代の感じ!

しかし

コレは姿を見ぬまま水中でバラシ!

ゆっくり釣りとてスレるのか?そのあとは沈黙。

それでは!と、

千両役者コアマン さんの

PB-20を早々投入!

今日は潮の動きも良いのでアップクロスでフラフラと、回す。

こういうケースの時は鉛のルアーとは思えない幅広い操作性を感じる、

スピード感やレスポンスの良さは健在だが、そこに独特の

心地よい間が加わり、

自分で操作してる感がより充実する。

ゴン!

結構な引き、潜って走る!

ん?

ツバスはんや!

高校生のツバスはんや! 

イヤイヤ我が家の家族はみんなハマチが大好き!

クーラーを持ってくればよかった!

しかしそれは、集まってきて良い気分にさせてくれたオッチャンにあげて。笑 

『手作りルアーでど・デイゲーム』の本領を果たさないと!

で。 

『マユ』投入! 

自作ぶっ飛び固定重心、スラロームペンシル。

目立つ動き縛りならピカイチである。

今の感じなら勝機あり!

『ドルン!ドルン!(バカみたいなスラローム、笑) 』

『ドン!』

やった!

よく引く!

しかし?ちょっと軽い?

キャッチ!

『ちゅられ ちゃちゅた!

でちゅかぁ!』

恥ずかしながらベビーシーバス30cm代

(はかれやぁ!)

イヤイヤ!

小さくてもシーバスはシーバス!

マユで、というのが大収穫。

っうか!よくよく考えたら

バラし記録、8で止まってますわ!

(イヤ!更新してどないすんねん!笑)

 

自作バイブレーション,『プリズム』,22番サロゲート

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

『既存のルアーを磨き上げろヤァ!』と

どなたかに言われそうですが、

22番めの新型バイブレーションに着手中。

着想のお題は

強波動、微振動気味、

速引き下でレンジキープしながらも、若干不安定でチドる。

チドって大きな波型の軌道を描く事によって、

速引きしているのに点で捉えたポイント・ポイントから

遠ざかるのは幾分ユックリになる。

そして若干の不安定・強波動の

動きの破綻をセルフで立て直す時に、

マッドネスさんのバクリースピンのシリコンブレードの回転の時のように

『バチン!!』的な音が混ざる。

海水下ではハイプレッシャー時に魚を散らす可能性もある、

飛び道具『バチン!!』

しかし、

バクリースピンの『バチン音』が

他では出来ないアピールをして、

ハマる事が有るのは皆さんご承知の通り。

 

そんな破綻寸前の『バチン音』をこのバイブレーションにも宿したい。

あえて分類分けをするなら

『やる気のある魚が多い時スイッチを最大限に触発した上に進行速度が大した事なく逃げ切れないバイブ』笑

だから『セレクティブ』と言われている状況には向かない動き。

しかしバイブレーション限定という枠で考えても、

私にはクリアハードやシーマウスやムジュウがありますのでそんな時はそれを投げます。

以前、

9番75mmの試行錯誤の行程で、

挟んだ嚙みつぶしを万力でペチャンコになるまで潰してみた事があり、

バイブレーションの頭のウエイトが平面的である事による

独特な効果を感じまして、

いつかそれに照準を合わしてみよう!

と、考えておりました。

 

普段の釣行時の海の状況を分類分けしてみると

①多くの魚がいて活性が高い

②多くの魚がいるが活性が低い

③魚はあまりいないが活性は高い

④魚があまりいない上に活性も低い

こう分類した時の③の状況下で、

広範囲を刻んでハイアピールに攻めて、

しかも、一投、一投が無駄投にならない

食わせ力のあるバイブレーションの必要性を感じました。

そして『ズー』で感じた

突破力のある強波動微振動を発しながらも

投げてからピックアップまでの時間をより多く取るために、

チドり蛇行

→破綻しかけてギリ持ち直し爆音

→チドり蛇行  

を、繰り返すというのがゴール。

で!チドる名機といえば言わずと知れた。

ミノーでは邪道さんのアーダ86

そして、

コアマン さんのバックチャター26。

どちらも爆発的な

それでしか反応しないday

が多々あるような

特別なポテンシャルを有した名機。

両者とも、派手めかつ繊細な動きで、幾分巻き速度より詰まった様に進んで来ます。③の状況下では特に投げ忘れたくないルアーです

で!

これより優しい動きで狙いたい時は、

ダイワさんのスイッチヒッターや

私の『マユ』のような、ゆったりとした蛇行がおススメ。

で、そんな私のローテーションの中に、22番の感じを入れる事によって『その場その場を探り切った!』という達成感を得られるのでは?という気持ちです。

で、

これまでの様々なバイブレーションを参考にかんがえると、

そんな動きを発動しそうな形は菱形。

そして後方にも若干重心を寄せてルアー自体の飛距離、引きオモリの軽減、水平に近い姿勢の維持、破綻寸前のバランスを狙います。

素人の鋳物はハイリスク、

ここは1ミリのシール付き板オモリを

切り抜いて立体的に重ねていきます。

んんん面倒くさい!笑

で!

オモリ自体は平らな感じがベースですが完全下方重心ではなく少し重心を上方にずらす事により、ちょっとした不安定さと隙を作ります。

『ウーン色っぽい!』(???)

そうする事により形状はやや多面体のプリズム型に、

そして名前が『プリズム』

さて!散々講釈を垂れましたが動かなかったら、また笑い者。笑

ボトム近くのハイピッチ系が今は好調な模様。

今のうちに釣っちゃいたい!

プリズムを海に投ずると虹は出るのか?

結果発表をお楽しみに!

(誰も期待せんわぁぁ!)