南甲子園浜,シーバス,釣行記,1月21日

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

一回分多忙で釣行のチャンスをスルーした私。

確か朝から大雨、暴風でもあったと思う。

自称・天下御免の晴れ男の私にしては幸先が悪い。

でも逆に、忙しくて、体調も崩して、釣果的にもさほど有望とは言い難いこの時期に

『ダメお天気運カード』が使えた事は幸運とも言える。
(正月早々、耳と鼻の間の管が詰まり、この世の音は『ダース・◯ーダー』の様に歪み、歩くのも少々チドる様になっていた。笑)

物事は考え様で何とでも成る。

そして私の頭の蝶々は回るのを続け、お花畑の花は絶える事なく咲き続ける。笑

 

非科学的な事象の観察は、些細な法則に着目しがちな『理屈コネコネ・オッさん』にとって、もはやルーティンで。

私の休日が完全に雨であった日など、昨年は2、3回程度しかなかったはず。

よって私が晴れ男であることは統計学的にも立証されている。笑 

そんな晴れ男の休日を新年早々雨にしたもうた神様。笑 

頭に蝶々の飛んでいる私は、

逆に今年はいい年に成る!と、良い様にしかとらないわけです。笑

はたまた『ルアーのスイムテストなどまとめてやりなさい!』と、

神様の暗示なのか?笑 

 

常々、神様、仏様、運勢がどうだ、ゲンが良い、などとよく言っている私ですが、

決して一つの宗教や占いや、はたまた預言者に入れ込んでいるわけではない。

只々、毎日をハッピーな気持ちで過ごすためのチョットしたこだわりに過ぎないです。

しかし人間(特に日本人)は反省は得意だが、ハッピーの再現性が苦手な様。

正す事が得意な日本人だからこそ、世界に名だたる繁栄を手にしたが、毎日が何かしらハッピーでなければ、何をしている事やら分からん。笑 

たまに私の蝶々やお花を皆さんにお分けしようと、そんなブログを書く事も多々あるわけです。笑

自分の良いところを自分で称賛し、それ以上に自分以外の人間の良いところを称賛し、感謝する。

そして悪い所も時には受け入れて、時には愛する。

それさえ出来れば、スタンダードな幸せぐらい、すぐ手に入れられる。(宗教ではありません。笑)

 

一方巷では、ルアーでも釣り具でも、はたまた人間さえも、ネット上で歯に衣着せぬ批評が良しとされているが、

世に出ている時点で、沢山の実証や苦労を経て、

選ばれて、望まれて、世に出たものであるにも関わらず、

人は時に、その良さを知ろうともせずに粗探しをしている様に思える。

そんな時『便利の不便さ』を実感するのであります。

それはそれは、人それぞれ、様々な感じ方があって、どう取ろうが人の勝手であるのですが・・・。

気に入らない物は基本的に取り上げない、でよろしいかと思いますがいかがでしょうか?笑

で、

私のこういうブログや、動画も余り細かいことは気にせず、

好きにやらして頂きます。的な。(長い言い訳?)

 

さてさて、釣行記!釣行記!

冬季の私的には幾分早い目に出られた釣行。

しかしそれを笑うかの様に冷たい風が・・・。

イヤイヤ!水面は風の影響でザラザラしている。

クロカモ君の群れ、野鳥カメラマンに教えてあげたかった程。笑 

何かしらのベイトが水中にいる模様。(蟹を食べてるんだったりして?笑)

ベイトっ気という意味ではクロカモくんから間接的に感じ取れる情報以外、全く無し。

水は澄み過ぎず。

が、しかし何なら青潮か?というぐらい濁っている。

潮はよく動いている。

というか、何なら荒れている。 

セイゴ・ハネクラスがたまに跳ねる、しかし射程距離の遥か沖。

ほらほら!プラスマイナスなど微妙で些細なことであります。

しかしまぁ、こんな時期に釣り場に行くメリットは、

過剰なワクワク感に苛まれる事なく、落ち着いてルアーの動きや、自分の釣り方と向き合える。

なのですが、

二枚潮というのかどうか分からないが、客観的にルアーの動きを確かめるには荒れ過ぎた海。

ルアーの飛びを判断するにも強すぎる風。

潮の向きも暴れている。

『もう一歩で渦潮になれるのに・・・』とさえ思う。笑 

石畳みに当たった風は足元から上に吹あげて、

濡らさない様に一段折りたたんだダブダブGパンのすそから入ってくる。

子供の頃に遊ばしてもらった、デパートの屋上のバルーン状のトランポリンを思い出した。

いっそのこと凧揚げでもしてしまえば、それ相応の成果でもあがるんじゃないか?と。

そうそう!そんなにガツガツ釣りにかからなくても良い日。

リーダーのササクレも冷静に発見できる。

リーダーは柔らかい目の4号フロロがお気に入り、

ランクをケチるとササクレになりやすい。

かといって、高いのを付けると直ぐに根掛かり。笑

こういう運はめっぽう悪い。沈

潮の流れの良い、南甲子園浜のいつもの場所。

大本命食わせポイントに新しい根。

釣りづらい。

言ってる間に風が更に強く冷たくなってきた。

私は実質的に下半身はトランクス一丁で石畳みに立っているに近い状況。

上着も最近暖かい日が多いので真冬の格好にしては薄着である。

『真冬をなめんな!』と

空が言った様な気がした。

『ギブアップ!カン!カン!カン!』

勝者!

大自然! 

ルアーテスト的にもよくわからない状況であった。

納竿! 

急いで車に乗り込みエンジンをかけて、暖房に当たる。笑 

お手洗いを借りて、

駐車場を後にした途端に雨。

『さすが私!』と

自分の晴れ男ぶりに惚れ惚れしながら

『この勝負!ドロー!』と

心の中で囁く。

そして又、

何もなかったかの様に頭の蝶々は飛び交うのでした。笑

自作バイブレーション,4年間で感じた事。(4年間の流れ) 第二話

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

本格的な寒さが阪神間の山岳部には到来した様で、

早朝の道には霜がかかっていました。

寒かろうが雪が降ろうが、全くシーバスはんに相手にされなかろうが、

行けるなら、当たり前の様に毎週釣りに行く私。笑

何なら河口の冷水が流れる場所で北風六甲おろしを浴びながら、立ち込んだりする。笑(ブルブル!)

それでも『もう懲り懲り!』なんて思わないで

『あれはあーだった今度はこうする』なんて、無条件で今度はどうするのか考えている。笑

 

冬の空は広大に見えて、夏とはまた違う青さを帯びる。

盛んに動いたり、考えたりすると顔や頭が熱く成る。

おそらく、低cpuの私の脳をフル回転させると

軽いオーバーヒートをする模様。(血圧では?)

イヤイヤ!

若い時から我が脳は中々簡単にはアップデート出来ずに

頭や顔が熱くなる。

そんな時は窓を開けて

顔に冷たい外気をあびせる。

そして青い空を眺める。

 

窓の枠にカメムシが動いている。

こんな真冬にカメムシも頑張るなぁ!と

釣り場での自分と照らし合わせる。

普段は嫌われ者のカメムシ。

『コイツにも良い所あるんじゃない?』と

根拠なく思ってみたりした。

(シンミリ・・・)

 

 

イヤイヤイヤ! 

ルアールアー!

前回の続きです。

初心に帰ると申しましたが、そもそもショアジギングに近い激重ルアーリトリーブ沙汰を繰り返していた私。

だんだんとその重量は妥当な26gレベルに抑えられていくわけです。

そう!釣るために!笑 

 

そんな中で自作バイブレーションを作ろうか?と成る訳なのですが、

アルミやステンレスの板を切り抜き、嚙み潰し重りを配置する。

今では全く気にならない事なのですが、当時ルアーの側面がフラットにならない事にかなりのわだかまりを感じて、何か良い方法はないか?と

試行錯誤した結果、

アルミのパイプを斜めに切り、その中に鉛を入れて、アルミパイプごと潰して行く作戦を思い付きました。

それはそれは表面が滑らかなアルミパイプ。

ホログラムシールも綺麗に定着する。

初めの内は『コレは良い』と

なりましたが、

アルミパイプを同じ角度で形を揃えて切ることなど中々素人には難しく。

たまたま一つ上手く出来たところで再現性に乏しい。

アイの設置にもかなり骨がおれる。

そこでアルミ板 を切り抜き、プラスティック粘土のおゆまるで纏う事を思いついた。

ところがおゆまるは私的に極端な高浮力である上、鉛との比重の対比が

私のその頃考えていたバランスと相性が悪い。

それに夏になるとルアーボックスの中でヌガー状になってしまう。

そんなこんなでベースを丈夫なステンレスにし、ボディも今のモデナを使う事に。

それがしっくり来たわけです。

後から気がつくのですが、

モデナ自体の比重は水より随分高く、それ自体が沈む性質で、

プラッチックで気室なく仕上げたソリッドバイブより、更にボディ自体が重たい訳で、

完全に私の自作ルアー沙汰は

見知らぬ間にガラパゴス島に漂流していたわけです。

前回はそんな工程を飛ばしていきなり、御前浜デビューのエピソードから始めましたが、

その前は、そんなルアー自作沙汰のテストを比較的ディープな、播州室津漁港、地磯や垂水漁港をホーム扱いして、繰り返しておりまして。

アルミの板に丸型嚙み潰しを配して、ラメ入りおゆまるでコーティングされた10gに満たないコノハ状のブツが出来上がります。(1番サロゲート)

1番サロゲートの再現失敗から生まれた『シーマウス』表層系で初めてチヌを仕留めた、記念すべきバイブレーション。限りなく1番に近いが、1番のコンセプトに反して、常に波動が出て、止めた時はキッチリフォールする。

もちろんこの前まで40gのジグをシンペン使いして、IP26を最高位と崇める初心者釣り師に

10gに満たないバイブレーションは飛びません。

『ナンジャ!コレ?』と。

しかも浮力のあるおゆまるのせい(今となっては功)で

中々沈まない。

しかもスロー引きでは水平棒引き。

リフトするか、早引きの時だけバイブレーションとなります。

「まぁ良い!やっとバイブレーションが出来上がった!」と

気に入らないながらも大切に投げていました。

『ボトム信仰、ぶっ飛ばしてブルブル引いてくる気満々のショアジギ掛かったシーバス狙い』の釣り師には

表層近くでうだうだ漂う、超スローシンキングバイブレーションなど相性は悪い。

完全なる『猫に小判』笑 

初心者ながらも「コレは小場所でチョコチョコ探る時に使う!」と用途は理解していましたが、

そんなもの上手く操れるわけもなく、釣果ないままロスト。笑 

ただ最初に出来たバイブレーションとして印象だけは強かった。

でもその時点ではボツ。

もっと抜けが良く、振動も常に強く出る物を作りたかった。

そして本来、メタルバイブを作りたかったのだから、鋳物に挑戦してみよう!と。

鉛は融点が金属の割には低く、気化した毒性の高い鉛を吸ったり、体に取り込む様な事に気を付ければ、

アルミ鍋とカセットコンロで簡単に溶かすことが出来る。それを型に流して固める訳です。

続く