マッドネス,バクリースピン15,インプレ,1,御前浜3.26釣行記4

ようこそおこしくださいました?フミニイです!

そら晴れ渡る御前浜。

PB13の完全に詰んじゃってる感じに感動を覚え、

チャートにオレンジなのにホロがあるとは、何度も美味しい!

ワクワクもしい、創作のどデカイ壁ともなる。私も及ばずながらブレードベイトには思い入れが強く

『ブレード付きマユ』というお題も抱える。

そして、表層ペンシルにブレードを取り付けたりもしい。

(失笑したらんとったって!笑)

 

デイゲームでの(ナイトでも)ブレードの可能性はまだまだ伸びしろがあろうが、

一旦、

PB13がかなりの到達を成し遂げている。

しかし僕らの先生の中にもう1人巧みなブレード使い手が・・・。

小沼正弥氏である。

ブレードベイトに限らずルアーの概念を構築し

又しても

ぶっ壊す!

 

最、保守にして、

最、革新。

 

ワーム、プラグ、ジグ、バイブレーション。

泉裕文氏と手も組んで

(つうか、どう見ても親友)

 

ほとんど何にも無いところから革新的なアイデアを積み重ね、

 

それが定着したら、

 

ぶっ壊す!

 

スピンテールが金属という常識を、

 

ぶっ壊す!

 

何かと評判の良いシリコン製スピン。

ブルーブルーさんのシャルダスコラボの

『バルダス』が秋田では流行しているらしい。

 

そしていつかまた、

誰もがシリコンブレードを

ルアーケースに何個も入れ始めたら、

 

またその固定概念を、

 

ぶっ壊す!

 

のであろう。笑

 

あーあー!

見たくない!見たくない!

またまた素人ビルダーのお遊びポイントとなる

『ニッチ化による、独創性もたしたった!感』など微塵も無くなる独創性を発揮され。

泉氏は完璧な道具に仕立て。

小沼氏はまたブルトーザーの様に問答無用で進んでいくのに違いない。

当たり前だがやることなくなるのだろう。

まあいいや大好きな2人だから!そしてソレがたのしみでもある。

 

「キャスト!」

鉛の塊に

比重の軽い大きめのシリコンブレードなど付けたら

きっと飛ばなくなるに違いない。

と、

いう考えは見事に裏切られた。

『この人気のイケメン、多分、運動神経は鈍かったりするんだろうなぁ?』

スポーツ万能!

ガーン!

みたいな。笑

 

動きはどうだ?

続く

 

コアマン,パワーブレイド13,インプレ,3,御前浜3.26釣行記3

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

オッさんタイムマシーンは番外編から戻り、

『PB13』を見て『深キョン』がどうの『コジルリ』がどうの、とか思っている段階へ。

 

(   我輩は姫である。

又しても御前浜にワーワー言うとるうるさいオッさん登場、

マァ、セコイながらもオヤツくれたから許しちゃる   )

爽やかに晴れた御前浜。絶景かな!絶景かな!

シーバス界の深キョン『PB13』をフルキャスト。

下に写っているのは野球グローブではなく、生身の人間の手です。笑

そもそも小さな鉛の塊、

しかもなんだか飛びそうなフォルム。

キャスタビリティが秀逸であるのは当たり前といえば当たり前。

投げる時に少しでも、飛行機態勢が崩れないようにしているのか?

はたまたブレードとの連結部分が暴れてエビらない工夫か?

ちょっとしたチューブなどが『いるか?』ぐらいの拘りで養生されており。(実はメッチャキモ)

仕上げとパッケージを手作業でされていると思しき、コアマンさんならではの物作りスピリッツが感じられます。

完璧な造形の構成はまるで、

飛車や角を縦横無尽に操る名人将棋。

そして桂馬や歩の細やかな配置が最後の一手に拍車をかけている。

ソレはエサ釣りの前日に完璧に準備された、仕掛けの様に。

『着水!』

滅多に独り言を言わない私が思わず口から出た言葉は

『ワチャァ!』

完全に詰んじゃってますね?

普通、鉛だけで出来たブレードベイトの場合、

頭の鉛部分が先行して、テンションフォールでも前傾姿勢になったり、

全体的フォルムが『くの字』になったりするものですが、

着水前に軽くサミングしておけば、着水後ほぼ水面に全体が水平の姿勢でスタートしています。

 

高活性時、ハイシーズンのシャローの着水即喰いの確率から考えてココが有る無しでは

雲泥位に釣果に差が出るのでは?

しかもテンションフォール時は水平姿勢を保ったまま

ルアー全体がブレードの回転の揚力と、頭の鉛の重力の絶妙なバランスで中々フォールしません。

イヤイヤ!これは金属95%以上の物体で

中に空気が入っているでもなし、

リップがある訳でも無い、

乱暴に言ってしまえばジグなんですけど?

先行のPB20が

問答無用で直進、波進をハイスピードでブンブン波動を出しながら進み、

止めたらブレードを回したままレスポンス良くフォール、

シーバスをカンカンに怒らせる、

食わせ、リアクション両オートマチックタイプなのに対して、

『PB13』の方はその食わせ力、アピール力も継承しつつ、

半ばホバリングじみた事も簡単にやってのけるスーパールアーですがな!

『あーあーっ!だからPB13は河口まで投げない様にしょうかなぁ?なんて考えていたのに・・・。ブログのお話がこれでは終わってしまいそう』笑

ついつい、我慢できなくて投げちゃいました。

この完全に詰まれちゃった使用感、

PB13三色で春の御前浜シャロー。

かなり、投げ通せるんじゃないでしょうか?

(   我輩は姫である。

さっきからこのオッさん、将棋に例えてばかりで

さぞかし将棋が上手と思いきや、

まだ一回も将棋で勝ったことがないらしい、笑

そもそもどうやったら相手を追い込めるのか、

全くわからないらしい。笑)