9番サロゲート75mm改 3

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

最近リーズナブルで高性能なpeラインの新製品のデビューが目白押しですね。

昔々ラインの選択肢はナイロンとフロロしかなく、

基本ライン(道糸)はナイロンでリーダー(ハリス)はフロロと、どんなジャンルの釣りでもそれがベースとなっていました。

始めてpeラインを使ったのは昔々の明石海峡船餌釣りメバル狙いで、

1号程度の道糸に重たいオモリを付けて50m以上沈めるなんて、感覚的に釣りも進歩したなぁと感心したのを覚えています。

鮎釣りを頻繁にしていた頃、基本大物狙いとなると0.6号のナイロンを使っていましたがpeはどうじゃ!となって、0.2号で十分な強度を保てましたのでそれ以来ほぼそれで釣りをしていました。

話はシーバスに戻り、

番手の相場はシーバスの場合、大体0.8号というところだと思いますが、

私は根掛かり多発釣り場で大抵釣りますので、地球との引っ張りあいで高切れしづらい1.2号を愛用しています。

その代わりリーダーは2.5号辺りを長い目に付けてマメに変えるようにしています。

どうにもならない根掛かりの時、大体リーダーとの結び目がリーダー側から切れているので、結果経済的です。笑

さて!9番サロゲート75mm改。

前回はモデナまで進みました。今日はカラーリングです。

最近スッカリ定番化した、MR.カラーシャインシルバーand藤倉さんのラメ。

乾いたら、コピックで

 これは14番追加分。

重たいバージョン

軽いバージョン

後は色止め後、セルロースセメント、針付けです。

続く

9番サロゲート75mm改 2

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

この前の釣行、鉄人M氏と並んで少しおしゃべりしながら河口を探っていました。

M氏は私のようなユッタリ釣り師ではなく、

たいてい朝まずめには西宮ケーソンの外向きで夜中から準備して、

ストロングに投げまくる釣りをされています。

サゴシを釣られたらしく、朝まずめのご褒美ですね。

シーバスタックルで「バスン」と4号程度のリーダーを切られなかったのは

日頃の行いが良かったからですよね?

私なんか秋の南芦屋浜でルアーをサゴシに10個はやられています。

それ以来秋の南芦屋浜はワイヤー装備で釣りしてます。

この9番75mm、サゴシは何匹か釣れています。改良版は更に釣れるかもしれません。

 

さて!前回の続きです。

割菱に瞬間接着剤を付けてペンチでぎゅーっと!左が4号、右が5号。

14番も量増しときます。(現、エース)

ココでこのままでは前方重心でかなりブルブルいう、前かがみのルアーになりますので、オモリを一つ打つのですが、

均等に1ミリ厚の鉛をやや尻すぼみにリアフックの手前まで貼り付けます。

5号のはその上から0.5mmの鉛を追加してバランスをあわせます。

モデナタイム!

これ薄い目に均等にまとわせるように作業をすると結構手が疲れます。

大量に作ると腱鞘炎になりそうです。

でも、コレのお陰でスロー引きでもかじってくれているはず。

続く