自作メタルバイブレーション trest res(トレトレ)ローリング

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

 

今日は自作ローリング メタルバイブレーション 認識名 『トレトレ』の改良版の試しづくりです。

テロテロトレトレ引きたいのでこの名前にしました。

 

別にテロテロでもよかったんですが、このご時世、なんか物騒なのでボツ。笑

 

ユックリ引くと只々ローリングして進んでいきます。

少しレンジを上げる引き方をしようものならブルブルとウォブリング。

 

沈下が早くてわかりにくいですがたぶん、シンペンに近いフォールをしているとおもわれます。(夏にすべて水中画像撮影予定)

 

このルアーはバイブレーションにしては、後方まで錘が伸びていて、キャストを工夫しないとクルクルと回転してしまうという欠点もあります。

 

しかし短所は長所と密接につながっているものです。

 

直感的にレンジキープができる。

 

平行に近い沈下姿勢。

 

そしてウォブリング優しめローリング多い目の場を荒らさない動き。

コレを目標に作りある程度叶っているとおもいます。

自作ルアー、オリジナルとしては第2番です。

(第1番はまだ完成していません)

(ちなみにサロゲート60などは第7番)

 

投げるのにコツが必要で、しばらく暗礁に乗り上げたのですが、まぁだいぶん改善し使えるようになりましたので、最近タックルケースにいつも入れています。

 

最近シャロー、シャローなのでさほどの出番は無いですが、これを無塗装で江井ヶ島で投げ、エソカーニバルに見舞われたことがあります。

 

このルアーでのシーバスの実績はまだ無いのですが、「アレ持って来てたら釣れたかも?」と思うケースが多々あり、また作り始めたわけです。

 

そしてこの前簡単に改良を加えリバイバルし、試し投げしたらいいかんじだったので、もうちょっと小マシに作ってみようとなりました。

 

ルアー作りを始めた頃、比較的柔らかく切りやすい、アルミ板にフリーハンドで形を書き、ああしてみてはどうか?こうしてみてはどうか?と、様々な形のバイブレーションを作っては、試し投げを繰り返していました。(基本的に釣果無視で)

 

無知とは逆に、独創の泉となり得る可能性を秘めているわけでして。

 

ローリング主体で平行沈下できるのテッパンルアーなどルアー釣りを知れば知るほど「戯言」となる訳です。

 

マァ!ズブの初心者の段階で何も知らずたまたま。

 

今みたいにある程度の理屈やデータが無いからこそ、出来たのかと思います。

 

私の想定している使い方は「居るのがわかっているのに喰わない!」みたいな状況                (まさに最近の私の感じです)

 

とか、強風でミノーやシンペンが戻ってくる日、ワームがよさそうだけど、上下させたくない感じの時、など。

 

「ストン」と頭から落ちないので、フォール根掛かりみたいなのもかなり減ると思います。

 

マァ私のたくらみは、最初から最後まで色々なバイブレーションで釣り通すなのです。

 

バイブレーションが好きなので。

 

骨は真鍮の1ミリ板を使い、手にまめを作りながら切ります。

 

ドリルであらかじめアイを色々試せるようにたくさんあけます。

 

おもりは2通り試します。

頭5号の割菱半分、お腹3号半分、1号半分、割菱特大

頭6号半分、お腹4号半分、1.5号半分、割菱特大。

段差がどうしてもできてしまいますのでモデナで薄くコーティングしたバージョンもつくります。

 

結局バタバタ仕上げます。笑

 

カラーリングはいつものように。

 

これで南甲子園浜、南芦屋浜、そして御前浜もチャレンジしてみるか!

トレトレ(漁れ漁れ)といきますかどうか?

 

ルアーに使っている粘土まとめ

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

そろそろルアー作りをしているんだから発泡ウレタンキャストでも使って、マスター型を作り。

鉛も鋳物にして、量産してみたい。

オバちゃんのイカナゴの釘煮よろしく、会う人会う人に使ってみてくださいとお配りするばかりではなく、

完成品をこの世のアングラーと家族の経済のために活用できないかと考えております。             

(まだまだ先のははなしでしよう)

 

私が自作ルアーを作り始めたきっかけは、

せっかく1000円も2000円も出して買ったルアーが、根掛かりで一瞬にして海のゴミと化す事が、様々な意味で我慢出来ませんでした。

かと言って、ルアーフィッシングは続けたかったので、ノーチョイスで自分で作ったわけです。

それともう一点気になる事が・・・。

この経験は私だけではないと思うのですが、投げたメタルバイブを追っているシーバスが、ある程度追随して反転する様を見た時、

「後ろ姿がお気に召さない?」

と、思った事はありませんか?

状況的にそんなに早引きでない時はひしひしと感じる訳です。

結論シーバスもオッさんも色っぽい後ろ姿に、正体もわからず食い付く習性がある訳で・・・。

完全リアルもというのも難しいので、せめて後ろ姿にこだわった訳です。

それとチヌ専門家?(笑) としては、リアフックに喰っている事が、シーバスに比べて多いので下側の造型とカラーリングには多少こだわっています。

そんなこんなでメタルバイブの遠投力とレスポンスはとても魅力的なのですがシャローとなると適さな場合もあります。

御前浜をネチッコク攻めるためには(だいたいそのスタイルですが)、小ぶりでプックリして軽すぎず、早く沈み過ぎない粘土ルアーを多く仕込み、それを投げて釣れるまでいたったわけです。

そして、ノーテクでも実績を出すに至った訳です。

 

もう一つこだわっている事が有ります。

投げ心地です。

この世に秀逸なルアーは溢れて居ますが、上記の私のこだわりに近い市販ルアーは、変な表現ですが『投げた分飛んでいく感』がないものが多いんです。

空気抵抗の失速はいいのですが、重量足らずの失速は切ない気持ちになり、キャストだけでもストレス解消できるかんじではなくなります。

あまりたくさんのルアーを投げてきた訳ではないので妄想の部類かもしれませんが、サイズ感とウエイトを見れば大体どんな感じか、不本意な買い物をしないための知恵として備わっているとおもいます。

デ! 極々個人的な好みとこだわりにより重たい目粘土コーティングとなった次第です。                                    

 

モデナ

乾くとほぼ耐水性です、比重は乾燥したら、1.2〜1.4位のようです。

ちなみに鉛はボディの下寄りに多くつけますよね!ボディの上側の比重を大きくしたら、引き抵抗が優しくなる(もちろん動きも穏やかになる)事はご存知でしたか?

私はなんだかんだで、最近ハッキリ気付きました。

マァほとんどこれで作っていたからなんですけど。

この粘土のいいところは他にも!

手にベタつかない。

変な匂いがしない。

すぐ乾く。

軽く光を通す乳白色に近いオフホワイト(魚の身的な色)。

アルコール、油性の溶剤に影響されづらい。

彩色ののりと伸びがよい。

造型しやすい。水で硬さの調節が可能。

乾燥後はショックに強い(都合よく柔軟性がある)橋脚アタック、テトラアタック・大概無事!

様々な分野でよく使われているらしく、比較的安価でてにはいる。

ネットの使用例なども多く掲載されています。

テッパンバイブレーションの肉付け程度なら一つ有ればかなり作る事ができます。

ホログラムシールなどを貼りやすくしたい人は背中からハの字型に平にすれば簡単にホロ仕様もつくれます。

 ルアー用として使用するにあたり、注意点は、

乾燥後の手直しがしづらいので粘土の段階で形を完成させないといけないですが、めんどくさがり派の大雑把な形成にはピッタリ。

モデナソフト

上記モデナのソフト(ライト)バージョンです。

丈夫さや耐水性などは変わりませんが、比重が軽く(0.7ぐらいと思われます)飛ばすために重くした鉛をフォールの時には打ち消す働きをします。

フローティングのルアーをと、意気込むと比重が中途半端でがっかりしますが、ルアーがストンと落ちないでスゥーと落ちるので魚にしたら別物に見えるはずです、このチョイスで釣、不釣が変わるのは面白いです。

この比重0.7ぐらいの肉をつけたルアーがキャストでイライラすることのないボーダーラインです、私的には。

乾燥後は固い目のゴム、ぐらいの仕上がりなのでコーティングを厚い目にしないと、針を担ぐどころか担いだ針が刺さってしまいますのでご用心。

ちなみにボディが柔らかく仕上がるので固いところに投げ損じると塗装はクモの巣のように割れてしまうのでご用心。

フォルモ

百均などで見かける石粉粘土のハイグレード版です、なのに値段は量から考えてお買い得。

手にベタベタとまとわり付きにくく、快適に作業ができます。

乾燥後の比重は水よりやや重たいという感じ。

乾燥も早く、乾燥後の手直し(どころか造形も)彫刻刀やカッターナイフで簡単にできます。ほかの粘土に比べ削りやすいのに「パキッ!」と不本意な割れ方をすることも少なく、かなり融通の利く懐の深い仕上がりです。

ルアーに使う上での難は、乾くとしなやかな石膏ぐらいの仕上がりなので橋脚に当てると骨だけになります。

透けるくん

一見割高に見えるこの粘土、しかし乾燥後完全に透明の物体になる素材としては最安値に近いと思います。

何より手び練りで透明になる素材自体そんな何種類もないわけです。

ガラスを想像した人が切なくならないように申し上げておきますが、乾燥後の透明具合はうまくできた葛湯ぐらいです。

と、言っても魚やエビの身は余程でない限りこちらの方が表現できますし、バカ厚コーティングでもしない限り下地のホログラムのフラッシングは効きます、というか自然になるという感じです。

ですがルアーに使う場合大きな注意点が。

実はこれそれほど強力な耐水性がありません、油性塗装は大丈夫ですが、それが取れたまま放置して使っているといつの日か骨だけになって帰ってきます。

一度鯖の大群に遭遇した時、ほかのルアーには見向きもしないのに、この粘土にラメを混ぜたボディのバイブレーションだけに以上に反応し大爆釣になり、跳ね橋のゴロタでとんだ猫たらしになったことがあります。

色々使ってますので近々ナンバー2を。

ではまた。

まだまだ厳しいだろうけども御前浜(香櫨園浜)早朝チャレンジ!

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

ポイントの選定、見切り、ベイトが居るか?居ないか?潮回り、水温、釣果情報があるか?

 

釣り師、特にルアー釣り師に大事な心得。

 

それらを全て無視して(笑)御前浜に早朝釣行です。

 

冒険(遠征)してワンピースを手に入れたいという、ルフィ心もあるには有るのですがこのところ個人的に忙しく、多少奥手になっています。

 

そしてまだ仕留めぬシーバスを御前浜で絞り出したい、という、馬鹿げた意地も芽生えてしまいました。

 

これだけ釣れないと自己ハードルはどんどん上がり、40cmという訳にはいかなくなります。

 

しかしながら大仕掛けでドンドン確率を落とすのも嫌です、負の連鎖?イヤイヤ、いつも通りやるのみ!気にしない。

 

何も気にせず六甲山を南に下れば建石筋です。

甲山、夫婦岩、さくら夙川駅、国道2号線、国道43号、臨港線を越え右側に

朝の6時過ぎに最近利用している、24時間のパーキングに到着。

 

朝まずめも逃す、生粋のデイゲーマー(笑)

 

そこからウェーダー履いたりとかしてると、あっという間に6時45分に、今日はいつものルーティンに忠実にゴロタからスタートと思ったが、先客!

 

とりあえず状況でもお尋ねしようと近づくと、ドンドン跳ね橋側に逃げる様に向かわれて居なくなり、すぐ後も何だがとは思いましたが、気にせずゴロタからスタート。

 

ここはタイミング次第でデカスズキがポンポン釣れる場所。

オマケにチヌもウヨウヨレベルでいる事も多く、明らかに餌場なので、いる時は確実に活性が高く、勝負が早い。

見切りやすい場所。

 

猫も沢山いて、動物好きにはいいところ。

(敷石の下に猫の地底アパートがある模様)

 

スタート地点としてふさわしい場所なのです。

簡素な作りの即席ルアーですが、いればポンポン喰ってくれます。

 

ホラ!直ぐ見切れた!異常なし!笑!

あきらめて東に釣り上っていきます。

 

早朝の砂浜は、たまに一番手前の波が巻く所に、大きいのが潜んでいることがあります。

ですから何投かは砂浜では、かなり水辺から離れてキャストしています。

 

そしてゴロタのから少し東の沖に海藻帯が有り、根がかりも注意ですがデカイのが浮いてることもあります。

 

今日はどちらも異常なし!笑!

 

やはりルーティン通りやるとテンポが上がってよろしい!

 

対岸のミニ防波堤の向かい側に魚の寄り合い場か?ほどのハニースポットがあります。

 

が!定休日。異常なし!

 

あきらめて夙川河口の浅瀬を沖まで歩きます。

 

まだ水が冷たい。

 

シーバス感が乏しくともボラ帯向こう、もしくは中にデカイシーバスが潜んでいて、ボラと格闘しながら狙う価値はあります。

しかもデイではだいたい大物!

 

沖の深場にも大物が潜んでいます。

 

が!どちらも定休日!異常なし!

 

河口西側の浅瀬を西側に進み、ミニ防波堤のハニースポットのもう一つ沖のハニースポットへキャスト!

こちらはチヌ限定で営業中!そもそもこの自作バイブレーション、遠投はできるし、こんなにチヌがよく釣れるのであればチヌ専用バイブレーションとして売り出したら売れるのでは?と、商売人根性が芽生えてしまいます。(甘い甘い!!笑)

 

トカ、考えている間に。

もうバイブレーションチヌ釣り師になろうか?イヤ!なってるか?

ポンポン・ポンポン・丸々と肥えた50cmヤン!

チヌ狙いなら大手柄ヤン!

数も上がるヤン!

シーバスデイゲームヤノニ!チヌが数も上がるヤン!

チヌ絶好調ヤン!

シーバスは居ないヤン!

イヤ!居ないことはないずヤケド、ヨウ釣ランヤン!

 

お昼近くになると家族連れやカップルが簡単な装備で行楽がてら、ルアーフィッシングをなさってます。

 

あまり今まで目にしなかった光景です。

 

新設された公園にはインターロッキングが敷き詰められた広場に成りました。

早速スケボーを楽しむグループもいて、なんかいい雰囲気になりました。

 

もう活性上がるでしょう!

次は必ずシーバス釣らないと、トホホッ!!

 

 

 

御前浜(香櫨園浜) 今度こそシーバス!

ほへようこそおこしくださいました!フミニィです!

このところの御前浜(香櫨園浜)ではチヌの活性が上がっていて、シーバス釣行レポートは完全にチニングレポートになっていました。笑

 

この時期は例年、須磨以西側のフィールド開拓をやっていたので、データに乏しいといえばそれまでですが、(言い訳その1)

 

マッ、シーバスがいないはずはないんですがチヌしか釣れません。

 

今年はまだシーバスを釣ってません。笑

 

ちょっと香櫨園浜にこだわりすぎた、ヘタッピが張り切り過ぎたのでしょうか?(ヤフー知恵袋か!笑)

 

前回、大量のボラ帯(大小大量のボラの群れが帯状にひしめくかんじ)に惑わされながら何とかチヌを3枚釣りましたがシーバスには完全に無視されてしまって、自分の未熟さを痛感しました。

 

尊敬する偉大なる泉裕文氏がコアマンチャンネルで沖堤ボラ大量発生時のメソッドを紹介されています。

 

ボラの帯の向こう側にVJ22をキャストして、テンションフォールで着底させ、ゆつくりめに帯迄引いて、帯に着いたら一旦止めて(落として)、早引き。

 

なるほど!ある程度深さがあるところならとても有効に思います、今度大場所でVJ22を買って行って是非試したいとおもいます。

さて、ドシャローではそれをやるとターゲットが地面になってしまいますので、ルアーの軌道をギュッと縦に凝縮しないとなりません。

 

「ボラを散らしてルアーをのこす?」

 

散りません。笑 (このボラ達は)

 

多分逃げ場が他のボラに塞がれて地上で言うところの将棋倒し状態になっているようで、

 

ボラの群れに1匹2匹目混じっている、チヌを釣るのとはちょっと事情が違うようです。

 

 

さて!4月6日、御前浜(香櫨園浜)に到着。

朝は天気予報はネガティブでしたが、関係なしに7時スタートです。

やはりネガティブ、正木さん、蓬莱さん正解!昼から大雨と言うのははずしてね!

 

ルアーフィッシング的には曇りやや荒れは、逆に好条件と言われていますが、私は無駄に明るい性格なので晴れてる方がすきです。

この時期、水温も曇っていると微妙ですし。

案の定立ち込むと海水が冷たい。

(言い訳その2)

 

性格的に初物喰いの私は勿論仕込みたてのこれから投げます。

曇りの日、黄色は必須。

肝心の左頰にg数を書き込みました、識別やプレゼンがしやすいのはいいのですがあまり良い場所ではないですね!喰いが下がるかも?

(言い訳その3)

モワモワはある程度有りますが、この前より生命感が少ないですし、立ち込んでみるとかなり海水が冷たい、低水温で全体的に深場に移動しているのでしょうか?(ボロボロの言い訳その4)

 

ボラももう帯ほど居なくなってます。チャンスなのかピンチなのかよくわかりません。

前回紹介させてもらったルアーも混ぜながら、上下、早く遅く、と色々やりますが、どうやらピンチのようです。

ボラ掛りを恐れず大胆に引いてくると案の定ボラが掛かります。

歩き回り探りますが一度跳ね橋寄りのゴロタでジャンボボラかスズキかわからないようなバラシをしただけで何とも切ない状態です。

一発勝負で夙川河口を沖に立ち込み、大遠投探りをしますが、

ここで『天気予報を覆す!天下御免の晴れ男』も、正木氏と蓬莱氏の専門的理論の前に土をつけられます。(予報通り雨が降って来ましたってだけです)

雨具未装着につき、海の真ん中で非常に大人気ないびしょ濡れ状態に陥ります。

あまり気にはならなかったのですが、万が一落雷にでも見舞われると誰にも発見してもらえなさそうですし。

ここからシーバスかワンサカ釣れるのに残念ですが(非常に大人気ない嘘)、渋々、シーバスと正木さんと蓬莱さんに惨敗したまま、納竿といたしました。

チヌならコンスタントでしたが、とうとう今日はチヌくんにもシカトされてしまいました。笑

 

 

 

 

御前浜(香櫨園浜) シーバス 自作バイブレーションで

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

 

4月3日朝の6時より御前浜(香櫨園浜)に釣行です。

 

別記事の通り、いつもの駐車場は8時開場になってしまいました。

 

融通の利く事は素晴らしいし、また厳格も素晴らしいと思います。釣師としてはいつか厳格な24時間営業にして頂けると助かります。

 

いい機械も設置してるようなのでたやすい事のように思えるのですが?

 

テロ対策特別措置法でもないでしょうし。住宅密集地というのがネックなんでしょうか?

 

おとなしく釣しますのでよろしくご検討ください。

 

さて建石筋の駐車場から浜にでると!

先客発見!

 

どうやらチニングをなさっているようです。

 

やはりハニースポット辺りを探ってらっしゃる、みんなよく知ってますね。

 

私はそうなるといきなり立ち込んで河口横沖のハニースポットから始めます。

 

満潮時間が近く深めの河口はやりづらいのですが、手前から探り、進みます。

 

前回仕込んだ13gの60mmと21gの64mmです。

 

今までラッキーチヌにかまけてた私ですが、私のターゲットはシーバスです!

 

水温も上がりましたし、今日は表層を丁寧に探りチヌは無視して、シーバスを仕留めたいとおもいます!

 

もう一度言います!

私のターゲットはシーバスです!

 

ハニースポットの射程距離内に立ってからの一投目、着水するなり、ゴンゴン!

余りにも明らかなそれとわかるバイト!

 

コンニチハ!よく会いますね!

 

更にもう一度言います、私の(今日の)ターゲットはシーバスです!

 

そして程なく!

どちらも40cmに届かないぐらいだと思います。

 

私は初心者でも簡単にシーバスが釣って頂ける様にレポートしている、初心者で、シーバスのページを立ち上げた訳ですが・・・。

 

これではバイブレーションチヌ釣師です。

 

 

河口の東側に広がってしまった浅瀬はどうやら大小のボラの巣窟となっているようで仮にシーバスがいたとしても、ルアーに飛び付くことも不可能な満員電車状態になっている模様。

 

ボラを掛けずに、この中に潜んでいるかもしれないシーバスにルアーを食わせるのはもはや曲芸です。

 

バス用のフォール用ラバージグとかネコリグ的な釣をシーバスでも確立できるのであれば話は別でしょうがルアーのスピード感が全然違うので非常に難しいとおもいます。

 

大人気なくも沖沖に進み限界まで立ち込み最沖のポイントを中心に180°の大遠投探りをやりますがウェーダーに水が入っただけでした。

 

先客が終わられたようだったのでミニ防波堤真向いのハニースポットを探ります。

 

違和感であわすとボラくんにいじめられるので、鈍感気味にほぼ向こう合わせを狙い、ラインのハリを緩め気味に軽く弾ませるイメージで死に竿状態で探ると!

元気なチヌくん30㎝有る無し位。サイズさえもダウン!

 

 

確実に僕はチニングブログを書いています。

イヤイヤイヤ!シーバス!シーバスだって!

 

頼みの綱のゴロタ辺りを目指し釣り歩きます。

男たる者、様々な期待に応えていく必要があります。

上司、部下、奥さん、子供、釣仲間、そしてネコ。

 

最初は爛々とした目で私の釣りを楽しみげに見ていた白猫ですが、釣れないと写真の様になります。笑

 

水面の状況がいい感じになっていたのでもうひと粘りしたいところでしたが、奥さんが白猫のようにならないように納竿としました。

 

長々とお付き合いありがとうございました、これで私のチニングレポートを終わります!笑