自作バイブレーション、10月26日御前浜釣行

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

車に乗っていると早朝は暖房、お昼はクーラー。

なんとも風邪をひきやすい日々。

我がブログをご覧の感謝すべき皆様!

どうか、ご自愛くださいませ。

ホニャララは風邪をひかない。

と申しますが、あら不思議!

私は天才なのに風邪をひきません。笑

バカで健康は結構な事なのですが、

秋は何かと忙しく、しかも、物入りで、

多忙と金欠のダブルパンチ。

自分が貴族やビルゲイツさんでない事を残念に思う季節です。

もし、それほど豊かになれば、

コアマンのアルカリを全色2バックずつ揃えて、パワーヘッドも全番手揃えて、

ハーゲンダッツを毎日食べられるのですが・・・。笑

さて!秋のハイシーズン!

御前浜にもカタクチイワシが回遊し、明らかなシーバスのボイルが爆発的に連発。

それに見合う自作バイブレーションも揃い、使ってもらったお知り合いは大爆釣!

そして私はイマイチ!

言い訳も『鯖』しか無くなり、

このままでは、単純にヘタッピとなってしまいます。

いつもはこない金曜日、

マズメからのあまりお会いしない先客が。大爆釣との事。よし負けじと

「イケェ〜エ!3番サロゲート!」

動きはマズマズですが反応無し!笑

「イケェ〜エ!クリアハード、ベージュラメ」

アッサリヒット!

でも続かない!

河口も表層は鯖ばっかりかかり、ボトムは軍手と小枝。笑

今日は娘のお古の自転車を復活させて実家に置いておき、

西宮、芦屋間を広範囲にランガンする、布石を打たなくてはなりません。

実家の電話も配線が出来てないようで

「お客様の事情でお繋ぎ出来ません」となっており、

みっともないので早く繋げ直してあげないといけません。

明らかなシーバスジャンプを目の当たりにして、名残惜しいですが納竿としました。

この前のマックスさんのポイントで右胸用にターポリンポーチを増設しました。

目が悪く、メガネを入れるポケットが必要でした。

車に帰り、メガネを探すと、

ない!?

チャンとした、目に合わしたメガネ。

海に落としたようです。涙

普段、絶対そんな事しないタイプの私ですが、

頭に掛けていて、そのまま偏光グラスを目に掛け、

またそれを頭に掛けて、

メガネの方を真後ろに押し出して落としてしまっているようです。

あちゃー!アレ買うとしたらまた高い!

しまったぁー!

最近多忙で疲れ気味、どこかで復活しないと損ばかりします。

キッパリ諦めて、自宅に帰り釣り具を片付けていると、

ランディングネットの中に、発見!

my gods !奇跡です!

普段モヤモヤのまま、ネットをせたろうてだらしないかなぁ?と、

いつも気にしていましたが、

今回ばかりは、

だらし無さが吉とでたようです。笑

 

自作バイブレーション 3番サロゲート65

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

御前浜は近頃、鯖が大量回遊!

私の短いプライヤーでは危なっかしい!

また手にトレブルフックが貫通します。

でも、食べないのであれば、なるべく元気に鯖を帰してあげたい。

マックスさんのポイントが貯まったし。

軽くて大きめであまり高くないヤツを買ってしまおう。

上のは安くで買って3年愛用したプライヤー。サビサビ!バネ無し。流石に海だけに潮時。微笑

これで前の様にルアーをピアスの様に手にぶら下げて、病院の待合で同情されなくてすみます。笑

思い出します・・・涙。

 

思い出すと言えば、

思い出します・・・。

初夏の・・・。

『泉裕文氏、御前浜降臨!シマノサルベージのリフトアンドフォールでシーバス爆釣事件』

(満を持して開発、発売されたエックスセンスのオールラウンド系ハイエンド、シーバスロッド。)

これの、プロモーション動画の撮影をされる為に、芦屋浜から御前浜に移動されてこられて、

私が粘って何とかキビレを一枚釣った場所で、アッサリ、シーバス爆釣なさってらっしゃいました。笑

ルアーはサルベージのマグマジャイアンか、赤金だとおもいます。

繊細なリフトアンドフォールをなさってました。

 

そして思い出します。

前回の鉄人M氏のシーバス爆釣事件。

私はキビレ1匹に鯖10匹ぐらい。笑

コレもキーワードはリフトアンドフォール。

 

しかし!我がヘッポコ工房にもリフトアンドフォールがやりやすいバイブレーションをご用意しています。笑

7番、

9番、

そして3番。

3番は元々、木の葉型のバタバタムーブ、ローリングフォールを目指して仕込んだメタルバイブ。

ごくごく初期の完成品。

秋の子場所という、微妙な状況下で小さ過ぎないソリッドバイブらしいソリッドバイブにアレンジしてみます。

新しくテンプレートを作り、65mmに。

たいがい、嚙み潰しをしたから止めてぶら下げるように挟みましたが、コレは逆に上から止めます。そのかみつぶしを咥える口。

特異な形で作りやすいとは言えませんが、下フィンがうごきに個性を出しているようです。

これに薄い目にモデナを纏わせ。

いつもの様にカラーリング。

もう少しリアにバランスをかけてもいいように思いもしましたが、粘土分のウエイトを考慮して、今回はこれでテスト、テスト!

サァ!リフトアンドフォールスターとなりますかどうか?

続く