続,ブルーブルー,トレイシー,15 ,インプレ,3.12御前浜釣行記,4

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

結構な晴れ男の私、

雨であった御前浜もガラリと広がる晴空。

その代わり暖かかった御前浜も得体の知れない冷たい東風

(方向間違ってましたすみません)

西風が吹き始め、

上げ止まりのはずの海面はなだらかにながれています。

そして本来の西から東に流れる潮の流れと西から東に吹く風により押しの強い流れが形成されています。

海藻帯前に差し掛かると、当然のようにいい感じの潮目が出ています。

若干遠いのですが、ブレークに沿って鎮座する、その海藻帯の頭とお尻をゴールにブレーク向こうからトレースしたい!

トレース?

トレース、

『トレーシー15』

;

私の1番の注目ポイントは巻いている限り勝手にさきさきボトムまで沈まない事。

そしてしっかりと波動を出して満足なバイブレーションとしてのアピールをしているにも関わらず、引き抵抗が軽く疲れない。

基本平行姿勢。

超速巻き巻きでも飛び出さずに一定レンジを泳ぐ様にセッティングされています。

そして小憎い重量設定15g。

普通なら、

プラグ系のバイブレーションに付け替えないといけないようなポイントでも

大半、そのまんまで問題無さそうです。

イヤハヤ、

コレ、かなり利用範囲も広く、

扱いやすい、

できるメタルバイブではないでしょうか?

 

雰囲気最高ながら

ボラの『ブルン!』

半信半疑のチヌさんかセイゴっぽい

『プッツ』的なひやかしアタリが

たまにぐらいで、

イマイチ盛り上がりません。笑

もうブレークは諦めて

手前がスレ切る前にコレでも投げてみるか?

『アイマ K-太58suspend』

いつかお会いしたい濱本国彦氏のミニシャッド。

ウキウキ!

続く

ブルーブルー,ナレージ,50,インプレ,御前浜,釣行記3.12 #2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

前回から時間は戻り

3.12早朝のフィッシングマックス芦屋店さん。

買い換えたんだが、まったく同じ車で新鮮味に欠ける愛車で到着。

もう3年になる、バイブレーション作り。

かなり序盤で完成した強微振動タイプ、旧7番。

ソレを流れに当て、普通に引くと、

重たい目のバイブレーションが底に沈み切らず、

波動は強く出してユックリ目に進む。

何だかわからない状況の時、コレをやったら

『バン!』と食ってくれる事が多々ありました。

初めは大発明!

バイブレーションの革命!

と一人で盛り上がったが、

何のことはない、

ただ無知で既存の市販品にそういったアイテムが多々ある事を知らなかっただけ。笑

創造意欲旺盛だかリサーチ不良で陥る私が良くやる注意点。

デュエルさんの旧ハードコアバイブ。メガバスさんのカットバイブ。バースデイさんのレンジバイブなど、

強とはいかないのも有るが、どれも綺麗に細かい微振動を出している。

そして必ずや微振動タイプでは?と

想像できる、コレを使ってみないとバイブレーション叔父さんの名が廃る。(既に廃ってはいるが、笑)

ナレージ50

そして御前浜ゴロタににて、

 

さっそくキャスト!

「ウーン!キャスト感最高!」

回転し難いバランス設計。

リップ付きと言うのが気になったがまったく問題なし!

そもそもチイちゃなリップだし。

12gで50mmってよく考えたら決して軽くはないしバランスが良ければ飛びますわなぁ?

そしてそのリップの恩恵でリトリーブ時は水を噛んで、

体感的に鈍感な私でもレンジの調整が簡単にできます。

だからといって引き重り感は皆無、

というか微振動系独特の快楽すら存在します。

 

あー一旦終わります。

実はトレーシーも買ってあるんですが。

続く