憧れの 車中泊,日本一周釣行してみたい!

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

シーバス釣りなんかをやっていると

『そのうち日本の釣り可能な沿岸全てを、ゆったりとランガンしたい!』

なんて気持ちになるものです。

そしてそういう希望を夢ではなく、

実現させる一つの方法として、車中泊という選択肢が。

以前に何度か書いていますが、私は天下御免のへタレ(恐がり)で。笑

高所恐怖症、

怖い話ダメ!

テント怖い!

人気の無いところ怖い!

トイレが無い感じイヤ!

とあらゆるへタレが(というか根性なし?笑)網羅された

『歩くへタレ博物館』なのです。

(アウトドア界から出て行け!)

しかし厄介な事に

冒険心や探究心は人一倍旺盛で、

マァ、ゆうてみたら

『どないやチュウネン!オッさん』なわけです。笑

現実的なコストで考えても、

せいぜい中古の軽バンのキャンピングカーを買うか、

軽バンを車中泊仕様にdiyで仕立てるか?というところ。

で、問題は誰と行くか?という事ですが、

第1希望は様々な観点から鑑みるに

『妻』となるのですが

『絶対にイヤ!』との事。沈。

それ以外のお相手は何かと気も使うだろうし・・・。

じゃあ一人で?と。

イヤイヤイヤ!

人気のない海辺で一人で寝るなど考えられない、

窓に手形がペタペタなんていう話を必ず思い出して、

寝るなんてモードには絶対になれない。

それだけ人気のない沿岸の、

深夜に出てくる、人も怖い。

何より多分、

夜中にうろつく正体不明な真っ黒なオッさんの私を

地元の方は怖がるに違いない。

じゃあ!キャンプキャンプと家族全員だとか、ある程度の気の知れたグループでなら怖くも思わなくなるが、

そうなるとドップリ釣りと

拘りの食事三昧とも行かなくなる。

かと言って、

民宿やホテルは不経済だし・・・。

道の駅などはマナー違反や、ブームによる車中泊人口の増加で様々な問題がある模様。

マァ、私のようなタイプの人間はリタイアしてから、

ロングステイでもしながら区分分けして徐々に望みを叶えるのがいいのでしょう。

でも着の身着のまま釣竿持って日本一周的な事はいつかやりたいとおもいます。

 

このブログをいつもご覧頂き有難うございます。

私の記事以外に様々な広告が配されておりますこのプログ。

興味のある広告は是非開いて見ていただけると、

私の拙いブログの投げ銭と相成ります。

そしてユーチューブの

『サロゲート  フミニイ』にも

チャンネル登録頂けますと、念願のサロゲート シリーズルアーの専門家による工場製作にも近づきやすくなります。

プルプル,コンマ,ズー,ムジュウ,マユ辺りは

新たな使い勝手のシーバスルアーとして完成に近く。

専門の職人さんに仕上げて頂いたパーフェクトな仕上がりのルアーをお譲りできる状態にできないものか?と日々磨き上げしております。

宜しければ是非ご協力をおねがいいたします。

続,シーバス,ブラックバス,ワーム,根本的に違うのか?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

カタクチワーム

『無生物なのに生きてるかの様に動き過ぎてキッショい!』動きに

2:37辺りからの件

完全にノックアウトされた私。

この人何者?

というか、

ネコリグ、常リグ、スモラバの開発者である村上晴彦氏である事ぐらい

バサーでなくともルアーに興味がある段階で必ずインプットされる。

バスワームの中興の祖と言っても過言では無い偉人である。

カタクチワームにノックアウトと申したが、

それ以前にギルフラットの水中画像を拝見して

『ワームでこんな事出来るんだ!』と目が点になっていた。

勝手に大師匠の泉さんは泉さんでずっと頼るとして、

この目が離し難い天才傀儡師のノウハウを取り込まいでか!と

勝手に弟子入り。笑

しかし厄介な事に当の村上晴彦氏は

只々『魚がこれが良いと言っている』の一点張り。笑

とんでもない数の実釣と、

ルアービルダー、デザイナーとしての試行錯誤をけたたましい数こなして来られた方だからこそ言える、

凡人には冗談に聞こえる極論。

世には沢山のプロアングラーがいらっしゃって、

ある程度迄は普通の会社員であった方も多数いらっしゃる。

本職がある以上、いくら頑張ったところで、釣りやルアー作りに割く時間には限りがあるもの。

村上晴彦氏も元々はリゾートホテルの料理人であった模様だが、

そのリゾートホテルのプールに冬季はブラックバスを飼い、

どうやら休憩時間に釣りをしていた模様。

31:41辺りからの件

そもそも大阪出身の氏。

ブラックバスに浸かるために滋賀県のリゾートホテルに勤めていたようです。笑

普通のプロアングラーって、

努力!努力!の結果、

だんだん釣りだけで食べて行けるようになり

ある程度オッさんに成ってからバリバリのプロアングラー、又はデザイナーというパターンが多い(シーバスともなると特に)。

しかしながら氏は二十代前半そこそこでかなりの地位を獲得して。

ルアーメーカーの代取にまでなったが

まぁ釣りの研究はバンバンなさってらしたご様子。

何だか切り口が全然違うし

『どんなにやっても、釣れない時は釣れない』

という大前提に則って

『これ以上は人間には無理だから、後は魚に聞いてください』的な。

そして突き詰めたそんな釣法の果てに

『散歩のお母さんはいくら横切っても魚は逃げないが、釣ってやろうとしている人間が通ると魚は散る』と。

続く