第二話,ミノー,じゃないミノー,8番マル秘ペン

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ドッペルバイブと共に、8番マル秘ペンも作成中。

まずは針金を何本も仕込める様に天下御免のカマボコ板に釘差し。笑 テンプレートをスティックノリで貼るだけ。

実は私、スティックノリの使用量がめっちゃ多い。

月に4本ぐらいではなくないでしょうか?笑 

これもあらかじめ、カマボコ板の寸法を測ってその枠の中にルアーを入れる。

それぞれのアイの部分にボール盤で下まで貫通する穴を開ける。

裏の穴から釘を刺して、固定し、

釘の先端をペンチで丸めて出来上がり。

リップは1mm厚、真鍮製。

所詮前方重心、真鍮の重たさはネガとならないという算段。

リップの真ん中に開いている穴のあたりが口先にあたる。

鉛は今回は特にシビアだと思うので、鋳物にする予定。

先人の優れたルアーから沢山のヒントをモロに頂戴しながら、

ズベェーっと沈めるバランスにするので、

完成させて水の中で引っ張ってみるまで全く想像が付かない。

っと言うか、

動き過ぎる様な気もするし、

動かない様な気もする。

最悪の回るという線もありうる。

そもそもプラグ系は私の鬼門。

釣りでも、ビルドでも避けて通って来た感は否めない。

でも長々と同じ場所で同じ釣りをやっていると見えてくる風景が有る。

探り切れなかった、釣れていたかも知れないと思う状況は多々有る。

だから、

プラグを始めたけれど、センジュやカマキリが思いの外使える奴だったので、

理論云々、技術云々に関係なく『探り切る』事を念頭に、

私のプラグ系は枝分かれを増やして行く。

キャストした時に

糸が『シャーァー』飛んでいくフィーリングと

リトリーブ時にテンション65%ぐらいで

低層をフワフワ感でただ巻きで巻いて来られるフィーリング、

そして低層をヌメヌメと逃げる魚の佇まい。

コレが今回のテーマ。

作るに対しても

段々と失敗しない流れが以前より見えて来た。

だから設計を徹底的に自分なりに煮詰める。

次の工程は

『リップの金具に針金を固定して、鉛鋳物用のマスターを作る』

です。

続く

第二話,自作ワームバイブ,ドッペル,骨組み再構築

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

前回の続きです。

イラストレーターで二次元の中で設計して・・・。

テンプレートを出力。

骨組みのテンプレートを真鍮番に張り付けて。

任意の穴を開けていく。

特にキモはアイ部品を通す1.2mm幅の長方形の穴。

1..2mm径のドリルで隙間が0.1〜0.2mmクラスの穴を4つ並べて、

その間を1ミリ径のヤスリで穴を繋げていく。

そこにぎりぎりのアイ部品を通し固定。

と、マァ工程的に今その段階。

 

1.2mm幅の穴を仕上げる 

とりあえず中骨部分を塊で残したままアイ部品を一つ切り取る。

アイ部品の方が形状的にややこしく見えるが、

真鍮板をボール盤で穴あけするのみの世界観。

中骨のややこしさとは雲泥のイージーゲーム。

しかし全長が知れている、0.1mmワールド。

外周をテンプレートに沿って切るだけでも、かなり時間はかかる。

出来た! 

これを16個のこの細かい穴に通る様に調整していく。

ヤスリ掛け3往復が足りなかったり、余計だったりする世界観。

『こんな小さなもん!早く通過しろ!』と傍目にはお思いだろうけど、

人間には、細かすぎて考えたくなくなるこだわり。

私は自分が蟻だと思う事にしている。笑 

最終的にボンドや樹脂で固定するにしても、

この金具とアイ部品がグラグラしていると

海での使用の耐性は短いと認識している。

素早い固定に秀でるは瞬間接着剤。

しかし熱に弱い。

微妙に人間には見えない様な力が働き熱を持つであろう部分。

セルロース系ボンドを厚塗りして固定を決定付ける。

っと今日はここまで!

続く