24番サロゲート,ドッペル,自作バイブレーション,ワームバイブ,スイムベイト

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

以前より温めていた、というか・・・。

自分の使いたいワーム、というか・・・。

バイブレーションを柔らかくしたい、というか・・・。

(何?そのモジモジ感)

的な感じで、私としては異例の、根気を駆使したルアーに取り掛かる。

実情、プリズムと同時進行しています。

サロゲートの番号の意味

初めは名前など無かった、自作したバイブレーション。

只々できた順番に1番・2番と記しを付けていた。

実はかなり前にその方法で20番を超えた時期もあったが、

類似し過ぎている物を統合したり、

完全にボツにしたりと、

しているうちにギュッと圧縮されて現在は識別コード的に24通りとなっている。

最近のマイルールでは

現場で満足いく使用感が得られたら、

サロゲートの番手が与えられて、命名との手順が慣例であるが(どうでもいいワァー!)、

今回はブツ自体が未だ完成する前から、24番目のサロゲートが決定し、『ドッペル』という識別名まで命名済み。

いかにこのルアーに私の期待感があるのかが伺えるでしょ?(だからどうでもいいワァー!)

 

スイムベイトの雄型は、現物作るより時間がかかる?

ワーム・スイムベイト沙汰の第一弾としてバイブレーションタイプのスイムベイトを作ろう!となった訳ですが、

試したいルアーを前日に即席で作って投げたりしていた私的には、バケモノ的に時間が掛かる感覚。

このブログとて、実釣はおろか、まだ現物が形成されている訳でも無いのに書き始めている。

道は長く雌型作成の段階でかなりの時間と創意工夫を要した。

センジュやカマキリならもう何個もできていると思われる所用時間。

イャァ!

でも実際の話、雄型一つ完成した時に、これまでに無い達成感があったのでなんか名前付けたくなっただけなんですが、

というか!ここまでやってボツとかイヤだな的な。

なんとしても最終的に腑に落ちるルアーに仕上って当たり前的な思い。

 

侮れない大型ワームの使用感 

ワームのシーバスでの仕様って、

淡水や、メバル・鯵系のワームと違って

シュッとした感じのワームが多くて、

リブが細かく入っているとか、

なんらかの突起があるとか、 

足が付いているとか

そういったタイプの奴は少ない、

というかザックリ無いと言ってもよいぐらいの状態。

ゆえに水噛みを担当するのは、シャッドテールか、言うてもジグヘッドに担われたりしている。

実際、海って

流れが複雑で、水はやや重たい、

そんな海水の中でリブたっぷりのワームを使うと、

『留め系』の狙い方には都合良いが、

巻き始めると私的にはモッサク感じる事が多い。

だから、リブもほとんど無くて、ガッシリした感じのシャッドテールでない大型ワームを作って、

どんな感じの釣りになるか試したい。

何より大きなワームってウエイト配置がいびつでなければマテリアル自体のウエイトがあるので、よく飛ぶ。

飛ぶ系ミノーぐらいの飛距離を簡単に弾き出す事ができる。

それにどう考えても、留めた釣りをする時は、ABSやメタルよりも食ってくれる可能性も数段高そう。

潮に反応してオートマティクに動く事も期待できる。

何より光を通す素材であるし、浮力も持ち合わせているとなると、

まだまだシーバスルアーとしてのワーム素材(特に未だないデカイワーム系)には

模索すべき道が沢山潜んでいる様に見える。

 

バイブレーション兼シンペン?

たまに気の利いたルアーメーカーさんが、アイの位置を変える事によって、時に強波動なバイブレーション。時にナブラ打ちなどに有効な感じでI字っぽいフルメタルシンペンみたいな

2度美味しい系のルアーを発売されたりなさってる。

こういった企画系に付き物なのが、どっち付かず的ジャッジが下っているのか、定番化してないと言う事。

実際の話、

ほとんどの方が釣行時はライフジャケットのポケットかバックに、

ルアーケースの三つか、四つ忍ばせて、海の状況に合わせて、

自分チョイスのルアーを創意工夫しながら投げるのがルアーマンの醍醐味なんだとおもいます。

ルアーを選ぶ際の決め手と言う面では中間的な存在って飛ばされ率も増えて、一軍から外れがち。

中々定番化までいかないのであろう。

しかし、バスでよくやってらっしゃる

『ネイルリグ』

ワームキーパー状に細長いネイルシンカー、

素材は昨今、タングステンで、

ワームの素材の特性上、釣り場で簡単にカスタマイズできる。

例えばワームをワンパック購入して、

その中の5本のワームが同じ形なのにシンペンだったり、バイブレーションだったりするのって

逆にワクワクしませんか?

バイブシンペンの問題点は問答無用の前方重心にあるわけで、

高比重なタングステンのネイルシンカーの自由な移動で、色々な狙い方が出来るのってどうでしょう?

何ならノーシンカーとか。

そう!

少なくともバイブレーションのネイルリグ。

そんな発想を

オフセットフックにデカイワームの試し投げ、ネイルリグをあれやこれややっている内に思いついきました。

そもそも自宅でバイブレーションのバランスが四の五のやって、20kn離れた海に繰り出し、ダメならまた次週、となっていたそのサイクルを

海で何通りも完結出来るっていうのは、とても魅力的。

 

ワームキープの壁、リアフックの壁

ジグヘッドにはワームキーパーが付いているのが当たり前の昨今。

そこにダメ押しの様にジグヘッドフックが伸びて、二重ホールドの状態が当然の形となっている。

そもそも海でのジグヘッドリグという奴、

おそらく創成期は遠くに飛ばす有りき、ボトムを水平引きありきで

20gを超える物が主流だったんでしょう。

ところが最近は5g、8gなんていう世界観も多々で

『ウエイトがワームの外に出ている必要ある?』的な。笑 

何ならせっかく顔まで丁寧に作り込んでいる、お魚ソックリワームの顔を

ちょん切って、目玉すら付いていない鉛剥き出しのジグヘッドが顔の代わりちゅうのが、

どうも勿体ないと思って仕方なかったのです。

んで、そんな疑問を、スイムベイトちゅう奴はクリアしている訳ですが、

何故か極端な大型が大半でしかも高価と来ている。

ウエイトも20gを簡単に超えていて、

釣りが重たい感じになるのは必須。

イヤ、じゃなくて!とか思う訳です。

それに大半のスイムベイトの構造って、ビッグベイトのゴム化的な物が主流で

ワームでござい!には在らずの風情。

強固を主眼に置くとリアフックまではどうしても実質的ワーム感が消えてしまう。

何よりラインアイからしっかりと、ワーム自体をキープする術もまだまだバリエーションが少なく、

早引き用スイムベイト何ちゅう発想は中々手放しで出来るとは言い難い。

続く

第二話,22番サロゲート,プリズム,自作メタルバイブ,シーバス

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

阪神間一昨日はあいにくの大雨、その後も2日程スキッとしない天気。

今年は雨が多くないですか?

なんだか私的には、ルーティーンのリズムを雨で疎外されている様な気分。

紫外線を敵とみなすご婦人は

行動しやすかったりするんでしょうけれど、

私的には何かと行動し辛い。

今年の近畿と近隣は今の所、台風が直撃して云々みたいな事が無いのは非常によろしい。

特にお決まりの紀伊半島南部にも、四国南部にも未だ台風は通過していない。

その代わりチマチマした悪天が多い。

柔道で言うと一本背負いはされていないけれど、

寝技でじわじわ絞められている感じ。イヤ!奥襟を掴まれたまま膠着してる感じか?(どうでもいいワァー!で!その例え、いる?笑)

 

鮎釣りをしていた頃、

こんな時期に雨が降ったら、川の鮎が早く下ってしまうと嘆いていた物ですが、

逆にシーバス的には美味しい鮎が射程距離内に降りてくるので

多くの個体が接岸し川を意識し始めて、チャンスとも言えるんでしょうか?

川か?

ソロソロ川もたしなんだ方がいいでしょうね。

別の釣りをやってきた中で、海歴より川歴の方が長いんだし。

 

石膏で型取りして、メタルバイブを作る

さて!

話は前回の続きです。

私の悪い癖で、まとまり無くゴチャゴチャにいろんな事を書いてしまう。

マァ、ここからはなるべく脱線せず、真面目に自作のレポートをいたします。(出来るかな?)

 油粘土は百均ので充分だと思います。3リッターのタッパーの場合、4パック有ればストレス無く作業ができました。3.5パックが台、0.5パックが注入口と目印用。

油粘土を台として、

底を切り抜いたタッパーを逆さまにして蓋側に敷き詰めます。(タッパーにテーパーがあったら抜けませんので念のため。笑)

(

ルアーの半分が油粘土に埋まる様にはめ込んで、

型と型がぴったりと合う様に油粘土の円錐の山を作る。

後で横半分にも切るので、あらかじめものさしを間に入れて切りやすくしておきます。

流し込んだ石膏が固着しないように天花粉(ベビーパウダー)を満遍なく振りかけておく、大福餅の様に。笑 

(石膏の取説には石鹸水と書いて有るが妥当な石鹸水って何?食器洗い洗剤の事?それともハンドソープ?私には分からないので、笑)

石膏は3リッター程度のタッパーの場合片面5〜600gが妥当な模様。

私の買った石膏は100g辺り、85ccの水、

ボールに水を入れ、

上から満遍なく石膏の粉を振りかけて沈めていくのがお好み焼きの生地とは違う所。

キャベツとすり下ろした山芋、豚バラ、卵を麺つゆを少しだけ入れるのがコツ(ヤッパリちょっとふざけたい!)

そして、沈んだ石膏を混ぜたりせずに、水を吸っていくのを待つ。

私は5分以上耐えられないので表面に未だ水が残っているけれど混ぜる。笑 

石膏の説明書には太い棒で混ぜて下さいと書いてあるが、妻のゴムベラを拝借。

要は混ぜる時に空気が入らない様に粉と水だけをなじませていけばいいんでしょ?的に。

石膏をかき混ぜたら、筆を取り出して、コピーする本体に繊細に塗り込む。

コレをしておくのとしないのでは、雌型自体の精密さが雲泥なのだとか。しなかったらどうなっちゃうのか?非常に興味深いが

まだまだ先は長いので、ここは『素直な私』発動!笑

残りの石膏を流し入れて、私は中に入り込んだ空気を取り出す目的と、ブツがなるべく水平に綺麗に仕上がる様に、トントントンとヘリを鈍器で軽く叩いた。案の定、小さな気泡が月面の如く少々出てきた。

コレを放置する。

30分で固まると取説には書いて有るが

チョットウエッティで、型から外す勇気が沸かない。笑 

ここはドン!と構えて明日まで待とう。

しかるべき場所にブツを移しておいていると

少し暖かくなっている。

強固な型を構成する上で必須の化学変化が起こっている模様。

水がなくなるまで待つというボール内での工程をスルーしてしまってるので、

時間軸がズレているんだろうか?

マァ、良い!結果オーライ。

続く