跳ね橋、香櫨園浜(御前浜) 駐車場のお知らせ。

いつもご覧頂き有難うございます。

跳ね橋、香櫨園浜(御前浜) シーバス釣行で大変お世話になった、御前浜公園駐車場の営業時間と料金が釣師にとっては手痛い変更となりました。

 

前は7時開場と言いつつも6時には開けていてくれていたのですが今度はキッチリ8時開場となったようです。

 

朝専門の私には利用し辛い変更です。

 

駐車場のオッチャンに挨拶とお礼をし、トイレにいき、90円の激安ペットカフェ・オ・レを自販機で買い、ウェーダーに着替えて、ネコにおいでおいでしながら、ゴロタからタッタカと夙川河口までランガンするルーティーンが崩れてしまいました。

 

因みに駐車場前の通路は西宮浜全域の方々の通勤、通学路です決して不法駐車などして『釣お断り!』などとならないように釣師の方はお気をつけ下さい。

朝型釣師の方はJRさくら夙川駅から南下している建石筋の浜近くの住宅街に24時間営業、最大800円というのがありますので(他にもあるか探索中)こちらが便利だとおもいます。

 

グループで釣行の方は住宅街なので早朝の場合ポイント迄はは小さな声で打ち合わせして頂けるようおねがいします。

 

チヌ、シーバス、エイ?ボラ?笑の魚影が濃く、

 

環境も良く、比較的安全で寂し過ぎず、人多過ぎず、

 

かわいい(憎たらしい)ネコが沢山いる

 

この地をマナーを厳守して釣り場としていつまでも利用できるようにしていきたいと願うばかりです。

自作ソリッドバイブレーション60mm2

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

 

ベースは30分足らずで出来上がります。

1日乾かしました。

いよいよ楽しい着色です。

三つは緑金オレンジ、二つは銀ナチュラルグローにしてみます。

後でラメを重ねるのでハッキリ塗り付けてもらつてかまいません。

下地が必然的に魚身みたいな色なのでアレンジで薄塗りもアリだとおもいます。

イワシをイミテートした青系は今はイマイチな様です。(イワシが湾奥に来ないからでしょうね?)

この蛍光のオレンジと白は私のお気に入りです、どうやら魚もお気に入りなようです。

マニュキュアサイズなので割高に思われるかもしれませんが、伸びるのに濃くつくので、私のような使い方をしてもかなり持ちます。

あとは黄色も用意したいところです。

多少乾かして(五分位?)

ラメのマニュキュアです、まずは顔にべたっと塗り付けて尾の方に伸ばし魚的にアレンジしてください。

レジの人に「・・・・。」的な顔されながら、買いだめした銀ラメがモデル変更してこれになっているようです。

100均でおなじみのドゥベストさんのラメマニュキュアです。セリアなどに売っていますがない場合は

目玉とホロマニュキュアとコピックで『人造雑魚』が完成間近です。

めんどくさがりの私は「この段階でどぶ漬けしてもエエンチャウン!」と何度か試しましたが、ここからが魚目線のリアルさ、美味しそうさ、ウットウシさが出るようで・・・・。

人間目線のリアルさと決して共通しているわけでもないようです。

ただ確実にはまりカラーがその都度存在することは知れた釣果しかない私でさえ実感しています。

その理屈からするとおそらく銀系はもっと黒っぽく仕上げる方が良さげですが、いろいろやりたいので無難に仕上げます。黄色ライン入れるか入れないかで爆釣、貧釣が変わったりもします。今回は黄色なしで。

これ!あまり人には目立つ塗装ではありませんが、魚に流れる血の生命観が加わる感じです。色止めにもなります。下側にはいつもにこれを塗ります。

そして上側には

ホロ感と魚の生臭感(魚には餌感)が演出できます。

おそらく魚目線の「物か?餌か?」の判定に影響しているんだと思います。特にルアーを止めている間やゆっくり引いているときに差が出ているようです。

マッキーでは表現しきれないせつないグリーンがこの2本で表現できます。マッキーと同じアルコール系マジックですのでぼかしや、伸ばし、重ね塗り、透かしなどかなりやりやすいです。

魚は銀か金の皮に透明の鱗が無数に乗っかっているわけですが、ラメの上からこれをぬるとその感じが際立つように思います。コピックのワームグレーは0~10番まで段階的にトーンが変わっていくのでエアブラシを使わないで気軽にカラーリングしたい人は優れものだと思います。私は妻のおさがりのクラッシックバージョンが多いですが、このスケッチバージョンは片方が筆ペンのようになっていてルアー作りには最適だと思います。

これをセルロースセメントにに往復させます。

仕上がりとセルロースセメントと釣果は次回

自作ソリッドバイブレーション 60mm

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

 

私が自作バイブレーションを作る様を何度か実況的にご紹介したのですが、

「判りにくい!」

「作り方は作り方でスッキリ真面目に説明しろ!」

「いつも使っているヤツの作り方を示せ!」

 

等のご助言を頂戴しましたので、あたかもレシピの様に説明させていただきます。

 

マァ!色々考えるわけです、、。

 

偉そうかなとか、もっと安上がりな方がいいかな?とか。

 

そんな心配は置いといて!私的には小場所最強パイロット

60mmソリッドバイブをそのまんまレシピ化してみます。

 

材料

モデナ少々

割りビシ3号、割りビシ1号、丸ガン玉0.5号(もしくは割ビシ1号の半分でも可)

バイブレーションの骨60mm

メルカリ、ラクマ などでも売っています、私もマネする予定です。

ゼリー状の瞬間接着剤で固定します

フロントのアイギリギリにお腹の1号の半分は固定します。

このバランスだと細かく早くウォブリングしやすくなります。

粘土が馴染みやすい様にメタルプライマーを薄く塗ります。最低2、3時間乾かしてください。

(メタルむき出しバイブの時も塗装が良く乗るので必須だと思います)

別に無くてもできることははできます。

モデナを必要な分とってある程度練ります。

頭から作るとやり易いと思います。

フロントアイ周辺は厚く細く形作ると実釣でストレスが減ります。アイホールを気にしながら余裕ある様にしてください。

こういう流れで。

これで1日乾かします。

続く

ようこそおこしくださいました!

兵庫県は西宮市在住のオッさんです。釣り歴はウン十年ですが、シーバス歴、3年目の初心者です。簡素なシステムでルアーを作りほぼそれで釣ってます。私好みのルアーのご紹介もいたします。よろしければお付き合いください。

香櫨園浜 チニング ルアー対決 2

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

専用ルアーを使えばボラをかわしよくつれそうだったので、ルアー対決と大胆なタイトルにして、どのルアーが一番釣れるかのレポート仕立てにするつもりだったのですが

肝心の自分がヘタッピということを忘れていました。笑

しかし釣り歴は長いのでしっかり食ってくれればこっちのもんです。

自作ソリッドバイブ64mm、緑金オレンジです。

 

着水後のテンションフォール1秒目で食ってくれたのは(底いうてたのは?笑)50センチはいきませんでしたが良型のチヌくんです。

狙って釣ると嬉しいこと!

そして間も無く

今度は40㎝

ん?

パターン突入か?

と、思いきや!ここから続かないのが初心者のデイゲーム。

しばらく360度体制で粘るも時間切れで納竿としました。

この時期チヌとシーバスを両方狙うならこの辺りの上手い釣り師が良く使っているのはこのふたつ。

マァ紹介するまでもないド定番

沈下速度が程よく使いやすい、動きも細かく早い振動で場を荒らしにくい名作です。

次回は水温も上がりそうなのでシーバスを是非しとめたいと思います。