香櫨園浜 チニング ルアー対決

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

前回迫り来るボラの攻撃に再起不能寸前まで追い込まれたわたしでしたが、バイブレーションをシングルフック仕様にして再挑戦です!

前回のオバケボラ4匹に対してチヌ1匹ペースから何とか脱却しなければなりません。笑

いつもの駐車場は休んでいました!(ショック!!)

何とか建石筋の夙川河口寄りに最大料金800円の駐車場を見つけてそこに止めます。

浜の真ん中に出るといきなりミニ防波堤の真向いのハニースポットに出ます。

ベタ凪!

何とかエビ感を曲がりなりにもだします。

時間がなかったのて、自作バイブは塗装せず、メタルプライマーだけ塗り、おゆまるくんにラメを入れたもので包みます。

これはこれで使えそうですがおゆまるくんの浮力とティンセルの抵抗力で想定した動きではなくかなり優しいウォブリングに仕上がっていましたのでチヌをイライラさせる事が出来ません。しばらくダートで探りますがやはり違うみたいです。リトライして私100点になったら作り方解説したいとおもいます。

後は昨日届いたダイワのこれです。

推奨通りエビ型ワームを設置したならアピールも有り釣れたと思います。

しかしながらシーバス用MLの竿ではやはり9gは軽過ぎてポイントの向こう側に投げ魚をイラッとさせる様ないつもの釣りが出来ません。

この魚を怖がらせないで只々イラッとさせる、お尻ペンペン釣法が出来ないことには私は両手を縛られているも同じことです。

せめてラインを0.8号にして、もっと柔らかい竿で再挑戦したいと思います。

ルアー自体はロール主体の悩ましくもやさしい動きをしますし、自立して沈んで止まる感じがとても扱いやすそうです。

その辺をふまえて釣ればかなり釣果が期待できます。なにより定価で700円位とは構造の複雑さを考えるとかなりお買い得だと思います。

結局,60mmの自作ソリッドバイブの青系13gで探りますが向かい風になったので大胆にも64mmの19gの緑金オレンジに付け替えます。

かなり東に移動してしまった、河口近くのハニースポットにはいるなり、ドンコンコンコンとチヌの引き!(ここ3日位の努力は何だったんだとも思いましたが忘れる!忘れる!)

続く

 

 

 

 

香櫨園浜 チヌ釣り?シーバス?3月23日 2

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

前回の続きです!

香櫨園浜を西に向けて遠投しながら探ります。

手前のカケ上がりに反応がなければ立ち込んで更に沖を探ります。水が冷たい事冷たい事!

ジャンボボラと戦いながら腕をパンパンにしながら、夙川河口に近づいていきます。

ミニ防波堤の真対岸のハニースポットで。

ヤットターゲットを確保!(笑)

さすがハニースポット!チヌの集会所なのか?エサ釣りで46㎝など釣れたためしがないのに!

河口の遠浅を進み、ザワザワめがけてキャスト!

ちょっとサイズダウン!でも40はこえている。

本業のボラかけ(笑)をはさみ、異常な引き、しかも向こう合わせ!!「イヤ〜今日はチヌ狙いだったんですけどねぇ〜」みたいなシーバスか?!

中々潜ってイヤイヤしています、そしてボラではない泳ぎ方しています。

ラッキージャンボシーバスか?

キビレの背ガカリだ!!

鮎釣なら大手柄!

これも40㎝は下らない、よく引くわけです。

まぁ!曲がりなりにも目標はショボイながらも達成です。

やはり小さい目のシングルフックも使わないとボラさんに迷惑がかかります。専用のルアーはやっぱりよう考えてはる!

改良してコレと闘わせてみます。

買ってみました。

んでシーバスは?(笑)

香櫨園浜 チヌ釣り?シーバス?3月23日

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

前回大急ぎで仕上げたチヌ用ミニバイブレーションを持って、8時に香櫨園浜に行きました。

トイレの周りが綺麗な公園になりました、だいじに利用しようと思います。

しかし格安の駐車場の先払い500円ポッキリは4月からなくなります、残念!

この前75mmのメタルバイブのテスト動画が見づらい状態だったので、トットとチヌを釣ってしまって、跳ね橋て動画の撮り直しもしなくてはなりません。

とりあえずゴロタの真ん中あたりから、大胆に底狙い!

動き最高!それにやはり良く飛ぶこと!

そしてボトムに一直線、ボラにもコツコツあたり、チヌもかじってくれている感じだが半固定上向きの6号のダブルフックなので中々乗らない。

このやり方でチヌを何匹かは仕留めてはいるんですが。

低活性期のベタ底狙いでは改善の余地有り、やはり専門のルアーは良く考えてらっしゃる!

このゴロタはチヌがウヨウヨいる。(スレてますけど)

その倍ほどデカボラもおりますが!(スレてくれないかなぁ、もうわかるでしょ、ルアー来たって!)

ちょっとイライラしていつもなら浮かせていくキワ近くも果敢に底のまま探ると案の定、地球!pe1.2号、リーダー3.5号では上げられない。笑

フェリーならなんとかなりそうだが、タモを特注しないと今のタモでは逃げられる。

冗談はさておき、ウェーダー装備だったのでいつもなら取りに行くのですが、コマセ釣りの方が多く二千円は下らない餌代をドブに流させるわけにはいかず、断念!

マァ覚えとこ、写真撮ってるし。

マァマァ成功で喜んでいたのですが、はかなくも一投めでロスト!

イヤイヤ!もう一個ある!タイプ2。

頼むよ!

動かない!

どうやらティンセル(毛針の様な部分)の抵抗に耐えられない模様。

マァこういうのはこういうので使い方はあるはずなのでしょうが、今日は仕舞います。

手堅く60mm,13gのソリッドタイプでベタ底にならない程度に探ります。

コンニチハ!よく会いますね!65㎝は下らない大物。これで飢餓になった時みんなと生き抜く手段はクリア。あとは美味しく食べる調理方法が問題ですが。

続く

 

チヌ用 底這う メタルバイブを作る2

 

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

なんだかんだで海老なのか小魚なのかわからない領域に来ていますが、このタイプは初作りという事でプロトのプロトのプロト。

マァこんなかんじかな?

海老の前の部分とも、濡れると底物の雑魚の尻尾ともいえる、のか?!

ジグフックのタイイングの要領で。

時間が無いので今回はセキ糸で固定。

はい!いけるいける!

マァこうしていてもゴロタなんかでは気を抜くとなくすんですけど。

穴は2つ開けていて後ろの方はCの字にカットしています、手前の穴にダブルフックを通して半固定にしています。

さて釣果はいかに!?

続く。

チヌ用 底這う ミニメタルバイブを作る

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

あまり長時間の釣りが出来ていないのと、行ける日の潮加減も悪く、何よりヘタッピなので、今年はボラしか魚を見ていません。笑

二兎を追う者は一兎をも得ず。

と、いうことで基本的にチヌは無視して、釣れたらチヌだ!ぐらいに思っている感じなのですが、あまりにもチヌがいい感じみたいなので狙って見ようとおもいます。

やはりバイブレーション専門家(笑)としてはバイブレーションにこだわりたいと思います。(以外に香櫨園浜のチヌはスピン系の反応も良いです)

底をスリスリ、ハゼかエビのイメージでアピールしたいとおもいます。

このさい、底底思考なのでいつもの軌道や姿勢にはこだわらないでいこうと思います。

夏の盛りは青系にもよく食いますが、それ以外は赤系に反応が良いようなのでカラーリングは赤系で。

テールにダブルフック半固定だけにしてフロントにはラバーや金物を付けて小さい分のアピールアップと根掛かり回避を考慮します。

今回も自分専用なので塗装はスピード重視で仕上げます。笑