御前浜(香櫨園浜)意地のシーバス

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

前回の泉裕文氏のアドバイスの余韻が冷めぬ内に釣行です。

 

たまたま予定が狂って1日空きました、

 

自動的に繰り上げ釣行です。

 

今日から6月、

 

と、いうことは

 

四捨五入して、

 

・・・

 

・・・

 

釣行です。

 

今更ながら過労気味です。

ちと家で寛ぐか、

ノッペリとボンヤリ釣りを楽しめば良いのでしょうが、

なんか落ち着きません。

日本を代表する名医(ここでは、日本デイシーバスゼッタイ王者)

に、いとも簡単に患部を発見されて、病状は飛躍的に改善されたので、

これで

『シーバスは釣れない病』

から抜け出せ無ければ、

才能無いとなってしまいます。(努力は結構してます)

 

今思えば

『水平軌道にこだわり過ぎてフォール時間(又は、ストップ時間)が極端に短く、低活性時の上品な捕食ではしっかりとルアーをくわえてくれない』

だから今の水温でも充分に活性が高いチヌしか釣れない。

シーバスが食ってくれても、しっかりと掛かってない。

一昨年、昨年とビギナーにも関わらず、成功法則を見つけた気分になってしまって、完全に釣りが偏ってしまってます。

 

昨日は大雨で、基本的にここは、雨後にいい思いはできません。

しかしながら、七時エントリー?です。

今日は白ゴロタ姫にお土産が有ります。

マグロの、無塩、風干しジャーキー(私の手作り)です。

大潮の上げどまりに近く潮はまだ動いていません。

気持ち的にはハニーから釣りたいところですが、

ルーティーン通り、トイレ、姫、ゴロタとまいります。

「姫!マグロジャーキーを献上いたします!」

 すると、ちょっと姫より毛の長いそっくりな猫が、

 (この相関関係、性別などもちろん妄想です) 

目的を果たすとサッサと立ち去ります。 

さてゴロタから、

従来通り釣法、変更後釣法も織り交ぜ探りますが、反応ありません。

端境、海藻帯も雰囲気は悪くないですが、反応ありません。

満を持してハニーに差し掛かると、向こうから、よくお会いする、『コアマン、邪道大好き、Sさん』がこられました。

ルアービルド談義と、泉さん来られたエピソードに花が咲きます。

 

Sさんもデイでここではシーバスまだとのこと。

 

安心している場合ではありません。

 

リフトandフォールで探ります。

新バミューダにルアーが吸い込まれ殉職しますが、交換するかのごとく、IP・サルベージバイブ・マニックなどが代わりに釣れていきます。

(私が無くしたのはその、金の斧です!)

良くない状況です。

(少し悪くない状況でもある)

場を休ませるために、

砂浜際ブレイクを真横に探ると

 

「ガンッ!」

「グィ~ッ!」

やった!

引き合いっこのような引き、

ボラではありません。

 

何?何? 

ウ~ンナイスファイト!

汗 ・・・!

ガッチリとはしていますが

『クローンキビレ』

39cmです。(たぶん)

 

メジャーを出すまでもありません。

 

たぶん39cmです。

 

これはこれで面白いと、

 

言うとる場合ではありません。 

 

 

河口をおかっぱりされていたSさんが帰られて、

とりあえず河口でハニー沖、辺りを立ち込んで探っていると、向こう合わせで、

「グググググン〜〜ギーー」

ややゆるい目のドラグが鳴りpeラインがすっ飛んで行きます。

私の愛リール『レブロス2500』の許容範囲を完全に超えた引きです。(最大ドラグ力4kg)

それでもドラグを締めて

「チリチリ」ぐらいに調整し何とか巻き戻していきます。

ドッシリと重たい押しの強い引き、力でリールを延そうとします。

経験上この感じはたぶん、赤くて菱形のアイツだろうと思いますが、シャローでは嬉しい誤算が付き物ですので頑張って、戦います。

もし運良くコレがシーバスなら大幅に記録更新です。

無駄にポジティブな私は、その辺のエネルギーを、結果はどうあれ駆使します。

 

「バレた!」・・・。

 

こういう時、

見えない超巨大魚は

『めっちゃデカイ赤エイ』に確定し、

「手元に引き上げなくてよかった!」と決定します。

しかしながら引っかかりのバラシは大概「ブチッ!」とバレますが、

食ってるバラシは時として

「ファン!」とバレるものです。

マァ見てないので不明です。

本当は今日は「シーバス5匹まで帰らない!」と誓っていたのですが、

大人なので納竿としました。

泉裕文氏来てくれはった!御前浜(香櫨園浜)懲りずに釣行 3

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

前回の続きです。

時間は少し遡ります。

「どうでした?」と聞いて来たアングラーが泉裕文氏だったのです。

そう言えば、

コアマン大好き、鉄人M氏が来ていません。

いつもなら、海草帯あたりから河口に近づいて来られる時間帯です。

スターが今、ここに居る的な情報は、デリケートに扱わないと、フアンが殺到してロケが成立しなくなる恐れがあります。

「今どちらですか?香櫨園浜に凄い人が来てますよ!」

とライン。

「沢山の人がきている、ではなくて『凄い人』!がですか?」

とM氏。

すんません、すんません!

日本語難しいデ〜ス。

 

F「ここだけの話にして欲しいのですが、泉さんがシマノのロケで来られてます」

M「エ〜〜!武庫川一文字ですが、今から降りて間に合いますかね〜」

ないことにいつもなら必ずこの場にいる方が、

今日に限って沖堤とは!トホッ!

 

ロケが終わられたようです。

 

「遠目にですが、勉強させて頂きました!」と、私ご挨拶して。

有名人なら

「頑張って下さい!」って、

足早に去る、程度で充分だとおもいますが、

この辺りが違う。

私の釣りをみてくれていて、手短で且つ、内容の濃いアドバイスを頂き

「いつか必ず又お会いしましょうね!」とかたく握手してもらって。

名残惜しそうに、去っていかれました。

頂いたアドバイスを元に節操なく直ぐハニーに。

当たる当たる、食った、明らかにシーバス!

しかし、

バラシ。

「いける!」

するとその時、携帯の充電が3%になっているのに気づく。

それはそうです!

いつもの釣り時間からかなりオーバーしている。

ハニーに新設されてしまった、新バミューダにもルアーが掛かり殉職していく。

お腹もペコペコ。

釣り人として,一世一代のチャンスロスをしてしまった、鉄人M氏の無念を、お話しでもお聞かせして、少しは晴らしてもらいたい。

幸い今週はもう一回、釣りできるし。

シーバスの件は無念ですが、15時半で潮時とさせて頂きました。

 

禅の言葉に『一行三昧』という言葉が有ります。

『〜三昧』などと現代でも使われる、『ざんまい』の元の言葉です。

現代では『節操なく満喫する』的なニュアンスで使われる事が多いですが

『雑念なくひとつの事に集中して全身全霊で事にあたる』

的な意味が本来の意味だそうです。

私ごとで恐縮ですが

(全部私ごとか?)、

考え抜いて、

何度も実際に反復して試して(練習して)

磨き上げた、

そういうものが私は好きです。(自分は大雑把ですが)

芸術、音楽、

芸事、お笑い

食べ物、食器

そして道具。

まさしく泉氏のルアーには、

そうした三昧の痕跡が幾重にも見られ、

私にとって一番有意義な金属の塊です。

泉さんの益々のご活躍を期待しています。

 

泉裕文氏来てくれはった!御前浜(香櫨園浜)懲りずに釣行 2 

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

前回の続きです。

貸し切りの、跳ね橋、御前浜、夙川河口ライン。

消化不良でモヤモヤしていると、海草帯サーフ西手に何やら取材。

「なんか釣れました!」

「キビレだけです」と、

振り向くとそのアングラーは

泉裕文氏だったのです。

兵庫県で釣りをしているのだし、

実家も魚崎だし、

わざと住吉川河畔を,

頻繁に散歩でもしたらいつかお会いできるかなぁ?

ぐらいに思っていました。

例えば

『コアッ!』

なんかだったら何回も見倒して,

お知恵を拝借してますし、

余りにも身近な我らがスターなので、

思わず口にした言葉が、(探してた生き別れの親をやっと見つけた様なテンションで)

「泉さん!!」と,

失礼にも、あたかも知り合いかの様にデカイ声で叫んでしまいました。

そして二言目には

「こんなとこ泉さんが来てしまったら、超人気フィールドになってしまうじゃないですか!!」と、

北新地のママが使うかの様な口ぶりで、嬉しいけど、困るみたいな言葉を投げかけてしまいました。

 

ビギナーのオッさんが

「いいよ、いいよ!」と、はしゃぐのと、

シーバス界のスターがサクッと1匹釣って

「ここ、ようシーバスおるわ!」なんて

おっしゃるのとでは少なくとも10000倍は価値が違う。

 

この日は大潮なのに(だからかも?)

6時から私一人の貸切になる、

日によっては寂しささえ感じる事もある程のフィールド。

「いつか、此処にもデイゲームで泉さん来ないかなぁ」って、

淡く妄想していたにもかかわらず。

余りにも非現実的な現実に、

なんか訳の分からん『〜~反対派』

みたいな事を言ってしまいました。

 

万が一なんかの拍子に泉さんが、このブログを見てくれると祈って、謝罪させていただきます。

「本当にすみません!」

それと、

私同様、泉さんを尊敬するアングラーの皆さん

「本当にすみません!」

 

よりにもよって、

鮎道具と磯道具は

シマノにこだわって大方シマノなのに、

 

シーバス関連はまだシマノ持ってません。

もちろん欲しいのは欲しいです。

取材を間近に見ていたいのは山々なのですが、不細工なオッさんが写り込んでしまっても何だし・・・。

応援している方の釣りに、万が一水を差す様な事を、してしまうのもなんなので。

ゴロタ端境や海草帯東端ぐらいで、

モワモワをトレースしながら、

泉さんがどんな方法でシーバスを釣るのか遠目ながらじっくり見て、勉強させて頂きました。

ところで、

取材でカメラが、回る間、止まっている時。

だいたい遠くからでもわかりますが、

多忙でお疲れでしょうに、気さくで明るくて礼儀正しい方そのままで、益々好感を持ちました。

 

仕事の関係で何度か、芸能人やアナウンサーとテレビで共演させて頂いた時、もちろん気さくで裏表のない方も多いですが、一部の人はカメラが回る、止まるで✖✖✖でした。笑

(いやそれも人気者は、お疲れで仕方ないのですが)

 

サーフの真ん中でオープニングとショット撮影を済まされたと思しき状態で、

さすが!

いきなり迷わずミニ防前ハニーに。

(私はさっき、さんざん投げ倒して釣れなかった)

 

2投目でシーバス!

 

今年に入り、私はここで何投しただろう?

 

2投目でシーバス!

そしてなんか、その後でっかいのもズリ上げてらっしゃいます。

 

大きなシーバス!

「シーバスマジシャンか?」

「シーバスホラーか?」

ぐらい、

マンガなら目玉が15cmは飛び出るぐらいビックリしました!(口もポカンと開いたままに)

 

男たるもの、いかなる巨大モンスターに遭遇しても、

すぐに降参せず、何気に勝負心は何処かに持っておきたいと、常日頃から自分に唱えておりますが。

シーバスも私も一掻きで秒殺、惨敗でした。

(もちろん魚も私もリリース)笑

続く

御前浜(香櫨園浜)懲りずに釣行

ぃいようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

前回、巨大元気タイプ、ボラを尾掛させて、何とかプライヤーでフックを掴んだのですが、

プライヤーが外れてリヤフックが私の右手の親指の根元に食い込み、

全く抜けず、

西宮回生病院に駆け込み、

下らない尻拭いを頼んだにもかかわらず、

暖かい対応と的確な治療をして頂いたのですが。

 

麻酔で手の感覚が無いのに関わらず、

そのまま南甲子園浜に釣りに行き、

絵に描いたような悔いの残る、バラシを二回もして、

最近呪われている?

と、さえ思う私ですが、

皆さんは安全でストレスのたまらない釣を楽しんでくださいね!

(どっかで聞いたフレーズ)

 

 

さて

 

挫折感は挫折感で人を成長させるのです。

「おかしいな?シーバス釣れないな?」

「いっそのことチニング師を名乗ろうかな?」

ナーンテ調子に乗ったことを言っておりましたが、所詮、この二年の実績などビギナーズラックでしかなかつたのです。

 

人間というもの、何を行うにしても、良かったことは

「どうして良かったのか?」

ナーンテなかなか考え難いものです。

 

「何が、悪かったのか?」と考える方が、

分析、反省が容易で、建設的であるわけです。

 

それは例えば、

大物が釣れた時。

「場所が良かった」

「ルアーが良かった」

「レンジが良かった」

ととても稚拙な思い起こししかしないわけです。

 

これが釣れなかったとなると

「同じ場所で粘りすぎた」

「ルアーが重たすぎた」「ルアーが軽すぎた」

「レンジが浅すぎた」「レンジが深すぎた」

「ドラグが強すぎた」「ドラグが弱すぎて潜られた(前回の反省)」

「アクションが単調」

「よさそうな場所、潮待ちしてから探ればよかった」

「ルアーが派手過ぎた(動き、色)」

「ルアーが地味過ぎた(動き、色)」等、等、等、等。

立体的に、あらゆる角度から、敗因をつきとめる努力がしやすいわけです。

そう思うと必然的に

『呪いのシーバス釣れず』

は、私をビギナーから脱却させる為の

『天の与えたもうた試練』と、いうところでしょう。

(大掛かりで稚拙な負け惜しみ終わり)

 

マァ!

どうしたところで、

幸いシーバスを釣らなければ餓死するような環境でもありません。

(チヌを食べればよい)

 

いいオッサンが、そんなに意地になってシーバス、シーバスと苦しむ必要はないんです。

 

しかし、昨年の釣果で調子に乗った私は、こんなシーバスのブログを書き続けるという状態になってしまつて。

 

結構たくさんの方に見てもらう中で、釣れないって、

「ちょっと恥かなぁ?」

とか、思うわけですよ!

 

「もうブログ閉鎖か?」とか

 

「チニング師のページにしようか?」

 

普通の神経の人なら思ったりするんでしょう?

 

でも、

 

手の皮と面の皮が牛革ぐらいある私は

 

今もこうやって(気ぃよう)ブログを書いているんですよ。

こういう時、大雑把でポジティブって、ありがたいです。

 

「想定できることはすべてやる」

「早朝は香櫨園浜で」

「だめなら南甲子園浜、リトライ」

「鉄人M氏にも南甲子園浜お誘いしよう」

「そうなったときのためにジグや26g系も用意しとこ」

これだけ決めて前日に準備、

「水温ももう上がっているはずだから明日は日の出の4時半エントリーしよう」

久々のマズメエントリーを想定し、

 

少し早く就寝。zzz(ズー)

で、起きたのが4時半、仕事なら完全に遅刻。(笑)

でも、健康的!

にしても遅刻したニュアンスで急いで出発。

6時エントリー、

大潮、6時頃上げ止まり。下げ止まり13時前(尼崎)。

香櫨園浜だと30分程ずれているので、

丁度上げ止まり前状態。

(私は1時間半ズレていますが) 

 

今日は白ゴロタ姫の姿も見えず、トイレも大丈夫そうだったので海藻帯前あたりからスタート。

秒殺!45㎝のキビレチヌ。笑

動きが典型的ではなく思わせぶりだったし

「もしや?」と。

それにかなり引きましたので。

しかし良く肥えた、キビレにしては大物といえるサイズ。

これはこれでありがとう!

細かい微振動で「ズィー」と引ける、ミニバイブレーション、

「ズィー」とまでは今回行かず、

また自分の完コピは達成されなかったが、

重たいけど沈下が早すぎないミニバイブが偶発的にも出来上がつた。

チヌ秒殺バイブが誕生!(笑)

 

いつもは東から西に釣り歩くのですが今日は海藻帯からゴロタに。

軽い中の軽い系バイブレーションが大半殉職されたため、

たぶん引き速度が速くなり、反応無きにしも非ずだが何も乗らず。

上手い人なら

「居ない!」とならないような状態。

たまに当たるがのらないという感じで

(悪くはない、僕が下手)

 

河口に。

今日は貸し切りだったのでじっくり探ると、またしても明らかな60㎝ほどのシーバスを、エラ洗いでバラシ。

 

その後、たぶん40㎝シーバスを海中でばらした。

(もう気にしない)

 

ゆっくりおとなしい系を引きたくて、久しぶりにVJも使うが、

ひったくってくれないとへたくそはワームばかり取られる。

バミューダー越えで、

たぶんチヌ、も2回ほどバラシ。

シーバスかボラかわからない向こう掛が何回か。そしてバラシ。

 

振り返ると、

 

河口の西の際には小学校低学年の野外研修、水遊び。

東の際には幼稚園の団体お散歩、兼、水遊び。

 

水際で

キャッカ!キャッカ!と遊んでいる、

「アッ!カニさんだ!バシャバシャバシャ!」

「さかなさかな!バシャバシャバシャ!」

「ジャンプ!バシャバシャバシャ!」

 

釣りには明らかに不利だが、

みんなの海、気にしない気にしない。

 

それにあの、

キャッカ!キャッカ!の

行き着く先が私の今の様(笑)

 

 

砂浜の真ん中あたりで取材のようなことをしている。

カヌーか釣りのどちらかだろう。

河口をあきらめて防波堤前ハニーを再度探る。

取材をチラ見。

もちろん興味ある。

ルアー釣りの様です。

釣り具の発展、繁栄を願う私は

邪魔しないよう、大回りしてゴロタに向かう、

 

途中。

 

アングラー

「なんか釣れました?」

私、

「(おはずかしい)キビレだけです」

と振り向くと、

シーバスルアー界のほぼ神、

泉裕文氏ではないですか!!!

次回に続く

透けるくんで作った、クリアハード65 4

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

 

前回の補足です。

 

すけるくんにしても、モデナにしても、

一度セルロースセメントでコーティングしてから着色すると、ゆったりと着色できます。

染み込むような感じで着色すると、色のりは、それはそれは、良いですが、ボカしたりできません。

 

コピック(スケッチ)を使うと

『ダークグレーっぽい銀』とか

『メバルっぽい金』とか

『メダカ的なベージュ』とか、

そういう微妙な表現の幅がぐんと広がります。

特にW4とかW8ぐらいのグレーを施す施さないで餌感は格段に変わります。

 

叩きまくられフィールドには

ベージュ系透け透けラメが私感覚では大定番になりつつありますが、

この辺りはコピックがないと厳しいかもしれません。

(もちろんエアブラシ使わない前提)

 

 

最近は微妙な感じに拘りだしていますが、市販品の定番カラーの再現程度なら、マッキーで充分肉迫できます。緑金、赤金、イワシ系、青銀など。原色系(特に黄色は良く使う)はもちろんですが、黄緑と水色はやくにたちます。

さて、

ルアーの仕様は『プルプル』系と、

『テロテロ』系を仕込み、

前回の雪辱戦となりますかどうか?

おたのしみ。