自作バイブレーション 取っ掛かり編#5

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

前回のが、乾燥しました。


冬なら一日で乾燥してますね。

これをカッターナイフや彫刻刀を使っておおまかに成形していきます。(彫刻刀は、大き目の百均ならセットで108円で売っています。)

アイの所などは彫刻刀の円刃があるととても便利です。

アイの周りはギリギリ削らず0.5mm位多い目に削って置くと快適に作業がすすみます。

だいたい納得いく形になったら紙ヤスリで滑らかにならすと後々やりやすくはなりますが別に
しなくてもいいです。

コレをセルロースセメントにどぶ漬けしていきます。


大き目の釣具店にたいてい売っているアクセルというのでいいと思います。

うすめ液で薄めると良く浸み込んでより強くなります。

もちろん塗料には毒性もあるので換気、対策等、自己責任で行ってください。

様々なルアービルダーの方がネットで使い方を説かれていますのでここでは割愛します。

リアアイ(しっぽのアイ)にクリップを通し、細かい泡がで無くなるまで(出続けるなら10秒ぐらいで引き上げる。)浸けてゆっくりと引き上げる。

そして今は冬ですので12時間ほど乾燥させます。

乾燥したら背中のアイにクリップを通して、また同じ要領でつけます。

ここで一方は前回のまま、しっぽのアイにクリップを通して浸けて、

このように1組にして乾燥させます。

こうすると幾分尾っぽのセルロースセメントが厚塗りになり薄い尾っぽの粘土を強化できます。

これでまた12時間程乾燥して、今度は上下さかさまにして、同じ要領でくりかえします。

#6に続く

自作バイブレーション 取っ掛かり編#4

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

さて今回は100均の石粉粘土を使って、簡単ソリッドバイブレーションをつくります。

バイブレーションの骨の60mmで#3のボディ完成まで進めます。

石粉粘土はセリアに売っているのがお勧めですがダイソーでもオッケーです。

パッケージを再利用できるように取り出してください。

5~6個であればこれだけあれば十分です。

もちろん空気に触れると乾燥していくので不要な粘土はラップでぴっちりと包み、元の袋に戻してください。

取り出した粘土を水を加えて耳たぶ位の固さに調整しながら練ります。

(固ければ早く乾くが、乾燥したらひび割れやすく、やわらかいと乾くのが遅いが作りやすい。時間がある方は長く練ると手にまとわり難くなるので後々ストレスなく作れますよ。)

本体との間になるべく隙間ができないように押さえながらザックリと形成していきます。
この粘土は後々乾燥してから仕上げたほうが楽です。
アイ(穴)もどこにあるか分るようにだけしておけばいいと思います。

クリップをこのように伸ばし、ひっかけて乾燥させます。

では、乾燥を待ちますね。

(石粉粘土は乾燥後、水に浮きますので表層近くで使いたいときは絶大な威力を発揮します。
マァ幾分飛距離が落ちるのと、橋脚などの固いところに当ててしまうと割れることもあります。強度を確保するには薄い目のセルロースセメントをしみこませながらコーティングするともちろん強度は増します。)

#5に続く

1月19日香櫨園浜偵察。

うかうかしているとだいぶん前の釣行記録になってしまいました。

まだまだシーバスデイゲームなどシーズンオフに近い状況なのですが。

ロシアでは寒波で被害に遭った方が多々いらっしやるのですが。

いい加減、自分の部屋を片付けないと、何がどこにあるかわからなくなりそうですが。

ポカポカ陽気に誘われて。

兵庫突堤では20㎝クラスの真鰯の群がいても。

西宮ケーソンでハネクラスのシーバスがウロウロしていても。

香櫨園浜に行ってしまいました。

猫もいるし。

公園を新設するらしく浜とゴロタの境目は立ち入り禁止です。
昔、栄華を極めた香櫨園浜がまた多くの方の安らぎの場所になるのは喜ばしい限りですが、

釣り禁止にしないでくださいね。

ゴミを捨てない、ネガカリも死なない程度に回収、拾った大きなごみは一か所に集めて掃除のお手伝い、小さなごみはできるだけ持ち帰り、鳥や風景の写真を撮る人の邪魔をせず。

マリンスポーツの人々が横切るときはキャストを中断し、
海の水がきれいになることを祈り。

小さな子供が海辺に近づけばチラチラ見て、無事を確認し、
釣れた時、子供が近寄ってきたら魚を見せてあげ。

トイレは綺麗に使い、鳥に当たらないようにルアーを投げ、
自然を守る重要さと、自然と付き合う上でのマナーを私なりに草の根的に説き。

税金はきっちり納付し、兵庫県と西宮市の素晴らしさを多々語りますので。お願いします!

釣り禁止にしないで下さいネ!

さて、その日は新しく作ったルアーのテストも兼ねてでしたので仕上げに時間がかかり、9時半出撃となりました。

水辺の感じも良好で、そもそもダメ元なのですが、番狂わせの予感を感じてワクワク感が止まりません。

工事をなさってらっしゃる若い職人さん
『何が釣れるんですか?』


『今はシーズンオフで余り釣れませんが、暖かくなればスズキが沢山釣れます。』

と大人気ない言い訳をしながらのスタート。

するといきなり2投目辺りで!!ググッと竿が曲がる!

1,『ボラの背がかり!?』

2,『イヤ!この感じは疲れて痩せた大きなスズキのこともある!』

と、少しの期待を胸に・・・。

答えは1,でした。しかもキッチリ背がかり。

写真撮ってたんですが、撮れてませんでした。

よかった!ボラで。

しばらくすると、ボイル(魚の群れが湧く様に水面を跳ねる様)。これも撮れてませんでした。

向こう側に投げてその横を通すと!

『グン!』

『!?・・・・ボラ?』

『・・・今度はエラあたりに引っかかってたりして?』

『正解!』ごめんねボラ君

こうしてボラ釣り名人の釣りは幸先よく始まるのでした。笑

大人げなく無謀にもウェーダー(腰までの長靴)装備での出撃でしたので、夙川河口までゆっくり投げ歩きます、河口近くになり無謀にも入水すると川の上流から氷水のような水が流れてきます。

『俺は山伏か?』と心で独り言を言いながら行けるところまで進みます。

結構探りましたがまったく異常なし。

そりゃそうですよね、この氷水、誰でも逃げますよね。

私以外は(笑)

浜辺を歩き、ひと汗かき。そのあと氷水に浸かる、荒行のお話でした。

自作バイブレーション 取っ掛かり編#3

こんにちは!フミニィです。ようこそおこしくださいました。
まずはステンレスそのままでなげちゃいませんか?
これでも釣れる状況であれば充分釣れるとおもいます。
ただ。

○そこに擦れたら鉛は変形し放題。

○何回も使っているうちに瞬間接着剤が劣化し鉛が取れて骨だけになり終了。

○カッコ悪い。

等のデメリットはある事をご理解の上でお進み下さい。

要るものはこれ。

まずワリビシ3号と1号それぞれを半分にします。

ガン玉0,5号を2つ出します。

バリとり、面取りしたバイブレーションの骨を2つ出します。

瞬間接着剤ゼリー状をだします。

おもりをこのように瞬間接着剤ゼリー状を塗った上ではさみます。

平ペンチ(もしくはラジオペンチのギザギザの無いところ)で軽くかしめる様に形を整えます。
多少ならハサミで削っても問題ないでしょう。

0.5号は頭の上、3号の半分は顔、1号の半分はお腹です。

ボディー完成!


スプリットリングを取り付けトレブルフックを付けてできあがり。

8号のトレブルフック、いつもは袖型バリですが今回売り切れで丸型バリにしています、針が大きいように見えますが、何が来ても10号(一回り小さい針)だとバレ(魚の口から取れる)やすく、動きが悪くなるわけでもないのでいつも8号。

ここで超簡単に着色するなら。
マァ、このへんを使って。

ベタッと!

マニキュアの匂いが取れるまで乾かさないと(約2日)経験上つれません、スズキもバカではありません。
くれぐれも短命ですあまり意気込んで作りすぎると、後で必ずせつなくなります。

オモリが取れても、マニキュアがはがれても、ネガカリさせなければまた使えます。

おもりの微妙な調整を色々試してあなた好みの動きを発見してください。その後、#4をすると楽しみが更にひろがりますよ!
#4に続く

シーバスルアーフィッシングノススメ

こんにちはフミニィです。ようこそおこしくださいました。

今日はまだシーバスフイッシング、ルアーフイッシングをまだしていない、もしくは他の釣りをしているけど、シーバスをやってみたい的な方々に向けた私なりのメッセージをお送りしようと思っています。

昔々、釣り入門たる子供向けハウツー本で様々な釣りの取っ掛かりを得て、川に海に基本自転車で繰り出し様々な釣りをしたものです。
フナ釣は流されるウキの微妙な動きとノベ竿を限界まで活用する楽しさにあふれ。
投げ釣りはおもりと竿の関係、底の変化をいかに攻めるか、どれぐらい飛ばせるか、とか。

多々面白い釣をさせて頂きましたが、『食べられる大物』に至らず、『次はシーバス』となった訳です。
当時から関西の超メジャーフィールド(人気釣り場)武庫川河口に自転車で1時間ほどかけて友と大物を夢見ていきました。
当時の仕掛けと言ったら投げ竿に8号のナイロン糸20号ほどのジェットテンビン(投げ釣り用の良く飛ぶ仕掛け。水底でオモリが立ちテコの原理で向こう合わせができるというもの)に5号ぐらいのハリスを半ヒロくくり10センチ位のミノーをつけるというもので、今思えばよほどの何もない砂地でもない限り秒殺であるとわかるのですが当時は『釣り入門』を信じていましたので、そのまま素直に・・・。
もちろんお小遣いはたいて3個づつ友と一緒に購入したミノー及びにジェットテンビンは30分ともたずすべて消失。
『僕らが手を出す釣りではない!』と思うのは当然で、寂しく武庫川河口をあとにしました。

あれからかなりの月日を経てユーチューブを開けば、コアマンの泉裕文氏、メジャークラフトの広瀬達樹氏などの方々が見覚えのある海でシーバスやハマチをポンポン釣られているではありませんか!
当時、夏はアユ釣り、冬は地磯でグレ狙いという釣りスケジュールでしたが、方々のせいで(もとい、おかげで、笑)『食べられる大物』狙い志向が再燃してしまいました。

今は季節的にデイゲームはシーズンオフに近い状態ですが、今のうちに様々な知識をユーチューブやブログなどで得て、ぼちぼちと海に繰り出しませんか?

ソルトゲーム(海でのルアー釣り)界の偉人ともいわれる方のノウハウを吸収されて、こんがらがったら、いつでもサロゲートのゆるゆる、楽観的、楽しめば良い的ページで一息ついて下さい。

リーズナブル、荷物少ない、近場オーケー、中高年の方にはゆっくり歩きまわるということで、健康面での効果も大いに期待できます。(私のように)
                             続く