自作シンキングペンシル,クネクネムーブ『mayu』2

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

ポカポカ暖かくなり、

昨日は車の移動中にクーラーをいれました。

どんな格好で過ごすか悩ましい季節です。

ちなみに昨日は薄い目のハーフコートでウロウロしていたので少し汗ばみましたし、チョット街では浮いていたようです。

さて!

昨日は、休日は休日だったんですが、

引っ越したばかりの実家にカーテンやら何やら付けてあげなくてはならず、

朝から行くよ!と約束してしまったものですから、

久々、暗いうちから出かけて

マズメを狙って、朝のうちに帰ろうか?

とも思ったのですが、

そうこう思っているうちに雨が降り

『コレは何かの暗示かも?』と、

大人しくルアー作りを進める事にしました。

試したいネタというか、型が最近目白押しになってきて、実作の方が全然追いついていません。

体調が万全なら

それら全てを凌駕して勢いに任せ、全てをまかなって満足感を得る、というコースもあったのですが、

昨夜から歯が痛く、顔半分全部が痛いぐらいの状態で、

そんなことしたら寝た子を起こす様に

『痛みの最終局面』に導かれるのではないか?と、

ビクビクもしていたのであります。

ここは無理せず次回の釣行に向けて、

ロストした、エースルアーの補充と、

最近、異常なエースぶりを発揮するクリアハード。エリートクラスは酷使しすぎて全てロスト!涙

テストすべき新型のプロト作り、

そして『おゆまる』使いの更なる検証

[amazonjs asin=”B004WZ45YQ” locale=”JP” title=”ヒノデワシ おゆまる単色 クリア OO-250C / 10セット”]

今日はそれらを課題に無理なくマイペースで時間が来るまで休み休み続ける事にしました。

3番は別ページでレポートいたしましたが、

基本浮力がより物を言うのは、

この『mayu』です。

それで、ココはとりあえず、塗装まで完璧に完成して仕上げるのは後回しにして、

お手軽スラロームペンシルとして、確固たる再現性を確立すべく、

仕込んではバラシ、また仕込みをエコに繰り返すために、

今回はおゆまる自体にある程度のリアルさを演出して、

おゆまるとおゆまるで混色していきます。

ワーム的アプローチというわけです。

デジャヴではありません。(基本何種か同時進行してますので)

オモリのバランスは3パターンを模索中です。

今回絶好のポカポカ陽気の大潮を残念ながら逃しましたが、

この暖かい日、しばらく続きますように!

続く