御前浜(香櫨園浜) シーバス 自作バイブレーションで

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

 

4月3日朝の6時より御前浜(香櫨園浜)に釣行です。

 

別記事の通り、いつもの駐車場は8時開場になってしまいました。

 

融通の利く事は素晴らしいし、また厳格も素晴らしいと思います。釣師としてはいつか厳格な24時間営業にして頂けると助かります。

 

いい機械も設置してるようなのでたやすい事のように思えるのですが?

 

テロ対策特別措置法でもないでしょうし。住宅密集地というのがネックなんでしょうか?

 

おとなしく釣しますのでよろしくご検討ください。

 

さて建石筋の駐車場から浜にでると!

先客発見!

 

どうやらチニングをなさっているようです。

 

やはりハニースポット辺りを探ってらっしゃる、みんなよく知ってますね。

 

私はそうなるといきなり立ち込んで河口横沖のハニースポットから始めます。

 

満潮時間が近く深めの河口はやりづらいのですが、手前から探り、進みます。

 

前回仕込んだ13gの60mmと21gの64mmです。

 

今までラッキーチヌにかまけてた私ですが、私のターゲットはシーバスです!

 

水温も上がりましたし、今日は表層を丁寧に探りチヌは無視して、シーバスを仕留めたいとおもいます!

 

もう一度言います!

私のターゲットはシーバスです!

 

ハニースポットの射程距離内に立ってからの一投目、着水するなり、ゴンゴン!

余りにも明らかなそれとわかるバイト!

 

コンニチハ!よく会いますね!

 

更にもう一度言います、私の(今日の)ターゲットはシーバスです!

 

そして程なく!

どちらも40cmに届かないぐらいだと思います。

 

私は初心者でも簡単にシーバスが釣って頂ける様にレポートしている、初心者で、シーバスのページを立ち上げた訳ですが・・・。

 

これではバイブレーションチヌ釣師です。

 

 

河口の東側に広がってしまった浅瀬はどうやら大小のボラの巣窟となっているようで仮にシーバスがいたとしても、ルアーに飛び付くことも不可能な満員電車状態になっている模様。

 

ボラを掛けずに、この中に潜んでいるかもしれないシーバスにルアーを食わせるのはもはや曲芸です。

 

バス用のフォール用ラバージグとかネコリグ的な釣をシーバスでも確立できるのであれば話は別でしょうがルアーのスピード感が全然違うので非常に難しいとおもいます。

 

大人気なくも沖沖に進み限界まで立ち込み最沖のポイントを中心に180°の大遠投探りをやりますがウェーダーに水が入っただけでした。

 

先客が終わられたようだったのでミニ防波堤真向いのハニースポットを探ります。

 

違和感であわすとボラくんにいじめられるので、鈍感気味にほぼ向こう合わせを狙い、ラインのハリを緩め気味に軽く弾ませるイメージで死に竿状態で探ると!

元気なチヌくん30㎝有る無し位。サイズさえもダウン!

 

 

確実に僕はチニングブログを書いています。

イヤイヤイヤ!シーバス!シーバスだって!

 

頼みの綱のゴロタ辺りを目指し釣り歩きます。

男たる者、様々な期待に応えていく必要があります。

上司、部下、奥さん、子供、釣仲間、そしてネコ。

 

最初は爛々とした目で私の釣りを楽しみげに見ていた白猫ですが、釣れないと写真の様になります。笑

 

水面の状況がいい感じになっていたのでもうひと粘りしたいところでしたが、奥さんが白猫のようにならないように納竿としました。

 

長々とお付き合いありがとうございました、これで私のチニングレポートを終わります!笑

自作ソリッドバイブレーション60mm2

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

 

ベースは30分足らずで出来上がります。

1日乾かしました。

いよいよ楽しい着色です。

三つは緑金オレンジ、二つは銀ナチュラルグローにしてみます。

後でラメを重ねるのでハッキリ塗り付けてもらつてかまいません。

下地が必然的に魚身みたいな色なのでアレンジで薄塗りもアリだとおもいます。

イワシをイミテートした青系は今はイマイチな様です。(イワシが湾奥に来ないからでしょうね?)

この蛍光のオレンジと白は私のお気に入りです、どうやら魚もお気に入りなようです。

マニュキュアサイズなので割高に思われるかもしれませんが、伸びるのに濃くつくので、私のような使い方をしてもかなり持ちます。

あとは黄色も用意したいところです。

多少乾かして(五分位?)

ラメのマニュキュアです、まずは顔にべたっと塗り付けて尾の方に伸ばし魚的にアレンジしてください。

レジの人に「・・・・。」的な顔されながら、買いだめした銀ラメがモデル変更してこれになっているようです。

100均でおなじみのドゥベストさんのラメマニュキュアです。セリアなどに売っていますがない場合は

目玉とホロマニュキュアとコピックで『人造雑魚』が完成間近です。

めんどくさがりの私は「この段階でどぶ漬けしてもエエンチャウン!」と何度か試しましたが、ここからが魚目線のリアルさ、美味しそうさ、ウットウシさが出るようで・・・・。

人間目線のリアルさと決して共通しているわけでもないようです。

ただ確実にはまりカラーがその都度存在することは知れた釣果しかない私でさえ実感しています。

その理屈からするとおそらく銀系はもっと黒っぽく仕上げる方が良さげですが、いろいろやりたいので無難に仕上げます。黄色ライン入れるか入れないかで爆釣、貧釣が変わったりもします。今回は黄色なしで。

これ!あまり人には目立つ塗装ではありませんが、魚に流れる血の生命観が加わる感じです。色止めにもなります。下側にはいつもにこれを塗ります。

そして上側には

ホロ感と魚の生臭感(魚には餌感)が演出できます。

おそらく魚目線の「物か?餌か?」の判定に影響しているんだと思います。特にルアーを止めている間やゆっくり引いているときに差が出ているようです。

マッキーでは表現しきれないせつないグリーンがこの2本で表現できます。マッキーと同じアルコール系マジックですのでぼかしや、伸ばし、重ね塗り、透かしなどかなりやりやすいです。

魚は銀か金の皮に透明の鱗が無数に乗っかっているわけですが、ラメの上からこれをぬるとその感じが際立つように思います。コピックのワームグレーは0~10番まで段階的にトーンが変わっていくのでエアブラシを使わないで気軽にカラーリングしたい人は優れものだと思います。私は妻のおさがりのクラッシックバージョンが多いですが、このスケッチバージョンは片方が筆ペンのようになっていてルアー作りには最適だと思います。

これをセルロースセメントにに往復させます。

仕上がりとセルロースセメントと釣果は次回

自作ソリッドバイブレーション 60mm

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

 

私が自作バイブレーションを作る様を何度か実況的にご紹介したのですが、

「判りにくい!」

「作り方は作り方でスッキリ真面目に説明しろ!」

「いつも使っているヤツの作り方を示せ!」

 

等のご助言を頂戴しましたので、あたかもレシピの様に説明させていただきます。

 

マァ!色々考えるわけです、、。

 

偉そうかなとか、もっと安上がりな方がいいかな?とか。

 

そんな心配は置いといて!私的には小場所最強パイロット

60mmソリッドバイブをそのまんまレシピ化してみます。

 

材料

モデナ少々

割りビシ3号、割りビシ1号、丸ガン玉0.5号(もしくは割ビシ1号の半分でも可)

バイブレーションの骨60mm

メルカリ、ラクマ などでも売っています、私もマネする予定です。

ゼリー状の瞬間接着剤で固定します

フロントのアイギリギリにお腹の1号の半分は固定します。

このバランスだと細かく早くウォブリングしやすくなります。

粘土が馴染みやすい様にメタルプライマーを薄く塗ります。最低2、3時間乾かしてください。

(メタルむき出しバイブの時も塗装が良く乗るので必須だと思います)

別に無くてもできることははできます。

モデナを必要な分とってある程度練ります。

頭から作るとやり易いと思います。

フロントアイ周辺は厚く細く形作ると実釣でストレスが減ります。アイホールを気にしながら余裕ある様にしてください。

こういう流れで。

これで1日乾かします。

続く

香櫨園浜 チニング ルアー対決 2

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

専用ルアーを使えばボラをかわしよくつれそうだったので、ルアー対決と大胆なタイトルにして、どのルアーが一番釣れるかのレポート仕立てにするつもりだったのですが

肝心の自分がヘタッピということを忘れていました。笑

しかし釣り歴は長いのでしっかり食ってくれればこっちのもんです。

自作ソリッドバイブ64mm、緑金オレンジです。

 

着水後のテンションフォール1秒目で食ってくれたのは(底いうてたのは?笑)50センチはいきませんでしたが良型のチヌくんです。

狙って釣ると嬉しいこと!

そして間も無く

今度は40㎝

ん?

パターン突入か?

と、思いきや!ここから続かないのが初心者のデイゲーム。

しばらく360度体制で粘るも時間切れで納竿としました。

この時期チヌとシーバスを両方狙うならこの辺りの上手い釣り師が良く使っているのはこのふたつ。

マァ紹介するまでもないド定番

沈下速度が程よく使いやすい、動きも細かく早い振動で場を荒らしにくい名作です。

次回は水温も上がりそうなのでシーバスを是非しとめたいと思います。

香櫨園浜 チニング ルアー対決

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

前回迫り来るボラの攻撃に再起不能寸前まで追い込まれたわたしでしたが、バイブレーションをシングルフック仕様にして再挑戦です!

前回のオバケボラ4匹に対してチヌ1匹ペースから何とか脱却しなければなりません。笑

いつもの駐車場は休んでいました!(ショック!!)

何とか建石筋の夙川河口寄りに最大料金800円の駐車場を見つけてそこに止めます。

浜の真ん中に出るといきなりミニ防波堤の真向いのハニースポットに出ます。

ベタ凪!

何とかエビ感を曲がりなりにもだします。

時間がなかったのて、自作バイブは塗装せず、メタルプライマーだけ塗り、おゆまるくんにラメを入れたもので包みます。

これはこれで使えそうですがおゆまるくんの浮力とティンセルの抵抗力で想定した動きではなくかなり優しいウォブリングに仕上がっていましたのでチヌをイライラさせる事が出来ません。しばらくダートで探りますがやはり違うみたいです。リトライして私100点になったら作り方解説したいとおもいます。

後は昨日届いたダイワのこれです。

推奨通りエビ型ワームを設置したならアピールも有り釣れたと思います。

しかしながらシーバス用MLの竿ではやはり9gは軽過ぎてポイントの向こう側に投げ魚をイラッとさせる様ないつもの釣りが出来ません。

この魚を怖がらせないで只々イラッとさせる、お尻ペンペン釣法が出来ないことには私は両手を縛られているも同じことです。

せめてラインを0.8号にして、もっと柔らかい竿で再挑戦したいと思います。

ルアー自体はロール主体の悩ましくもやさしい動きをしますし、自立して沈んで止まる感じがとても扱いやすそうです。

その辺をふまえて釣ればかなり釣果が期待できます。なにより定価で700円位とは構造の複雑さを考えるとかなりお買い得だと思います。

結局,60mmの自作ソリッドバイブの青系13gで探りますが向かい風になったので大胆にも64mmの19gの緑金オレンジに付け替えます。

かなり東に移動してしまった、河口近くのハニースポットにはいるなり、ドンコンコンコンとチヌの引き!(ここ3日位の努力は何だったんだとも思いましたが忘れる!忘れる!)

続く