シーバス釣り,始めるんですか?投げ釣りとの比較

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

阪神間は比較的暖かい冬のようですが、押しの強い冷たい風がよく吹くようになりました。

真冬のシーバスのデイゲームはとても難しく、その上、超多忙でなかなかシーバスさんのお顔を間近に拝む迄は時間がかかりそうです。

この時期釣りやすそうなのは投げ釣りでのカレイ釣りなんでしょうか?

投げ釣りと言えば、

私も高校生の頃から淡路島などで主に夏にキスを狙いにいったものです。

30号の海藻天秤。ビンビンに硬くて太いグラスの投げ竿。

円盤投げの選手の様に

「ドリャァーァ〜!!」と

何度も何度も投げて、夏の日差しも手伝いフラフラ、クタクタになって帰ったものです。笑

しかし、投げ釣りの場所って、幾分遠出が必要で忙しいとなかなか行けない?

今日はそんな投げ釣りをなさって、シーバスをやってみたい方。

逆にシーバスの方で投げ釣りもやってみたい方に幾ばくかの参考になればと、比較をしてみたいと思います。

とっかかりに必要な物

家族連れでたまに投げ釣りをなさる方はお子さん用に用意された3m程度の投げ竿を使ってください。

最近投げ釣りをしないので分かりませんが、リールには2 〜3号のナイロンラインが巻かれているはず。

リールの番手は2000〜4000であれば大丈夫。

とっかかり買わなくてはならないのは、リーダー(ハリス)でフロロカーボンの3号ぐらいの物。

コアマンというメーカーのアイアンプレートという、鉄板バイブレーションの青か緑っぽい奴の26gの奴を2つ買って下さい。笑(いや、26gぐらいなら何でもいいんですがおススメです。)

それと大きめの網があった方が良いです。

スズキは毒はないですが、刺々しい魚なので魚つかみ的なものはあった方が安心ですね。

根掛かりさせなければメタルバイブ二個で三ヶ月は楽しめます。笑

(なぜ三ヶ月かというと、根掛かりさせたらやる気を無くすし、釣れたりしたらもっといろんなルアーや道具が欲しくなるから)

この釣りをやって、まずびっくりするのは、準備時間がほとんどなく、海に着いたらすぐ出来る事です。

それと釣れたらデカイので、投げ釣りでは得難い、大物釣りが楽しめます。

状況の悪い時は投げ釣りでもフグしか釣れなかった、なんてことも有りますが、

状況が良ければこの釣りではスズキがバンバン釣れる事があります。

投げ釣りの場合にはアタリがあるまで置くか、ユックリ底を引いてくる様な釣り方になるかと思いますが、シーバスの場合は水中を広範囲に立体的に泳がせる様に引いていきます。

そして歩き回り、何度も投げては巻いてを繰り返しますが、タックル自体が軽いので余り苦にならないとおもいます。

むしろ軽快なスポーツ感があり、運動不足な方にはもってこいだと思います。

生餌でないので行きしにエサ屋さんに寄らなくてもいいです。笑

所詮夏の砂浜は海水浴とかち合いますが、シーバス釣り場は近場で楽しめる所が多く、回遊型の個体であれば、美味しく食べることができます。

いわゆる魚を追わなくても綺麗な環境下からこっちに来てくれるということです。

と、言えども基本的に釣魚に当たり外れはつきものですので、白身で環境の影響を受けやすい食味のシーバスは大概リリースする場合が多いですが。

続く

冬のシーバス,シャロー,デイゲーム,軽〜いバイブレーションででアップドリフトって。2

ようこそおこし下さいました!フミニイです!

前回、以前盛んに通っていた、鮎釣りでの出来事を思い出しました。

弱ったオトリアユをアップからフラフラと彷徨わせ、石の周りの掘れている所に入れたら大きなハスやブラックバスが掛かった。

それをヒントに、御前浜の端境の海草帯の向こう側、

元々はヨット置き場であったであろう土台周り(海草が生い茂り、その沖側が掘れていると推測される)に魚がいると想定し、そこに小さなバイブレーションをフラフラとアップからポトム近くに入れる。

そんな作戦を思いつきました。

問題は、結構な遠投が必要な事と、水没しているストラクチャーに途中のラインが引っかかるリスクが大きい事。

何か良い方法はないものかと色々考えているうちに、

思い出したのが、以前少しやっていた地磯でのグレのフカセ釣り。

グレ釣りは小さな小さな針にオキアミを大抵一匹だけ掛けて付ける。

オモリもせいぜい3Bクラス。

それを飛ばすためにフカセウキなる、中通しのウキを付け、ある程度の遠投を可能にしています。

しかもウキを支点に、流しながら仕掛けを垂直に近い角度をキープできるので、ウキをストラクチャーの奥に維持する限りラインを守る事が可能で「!」と。

アクションもリフトを少し程度で良いのなら充分可能。そうそう!グレのフカセ釣りは三年ほどおざなりになっている。古いタイプのレバーブレーキに磯用の強靭な2号ラインが巻いてありますので、それに重たい中通し浮きを通し、リーダー1.5号を短い目に結びスナップ。

スナップに10グラム程度のバイブレーション。

バイブレーションが着底したらウキが表層に上がってくる仕組み。

これをアップに大遠投。流れに任せて海草帯裏に着底させて少しだけリフト。もしくはできるなら、その辺りで浮きを支点に扇型に旋回。(無理無理!)

んんん〜ラビリンス!どちらにしても今更ナイロン使ってみますか?

絡んでイライラして終わったりして。笑