続,川のお話,大河川決壊,治水が逆効果?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

前回、兵庫県の川について聞いた事をまとめてお知らせしました。

今日は川繋がりで

気になる昨今の大河川氾濫について、

私が聞いたお話をまとめてお話しようかとおもいます。

 

大型ダムで命拾いしている人もいれば・・・。

最近、風力発電や水力発電などの『自然エネルギー』などと呼ばれている発電方法が再注目されています。

二酸化炭素を出さず風や川の流れ(位置エネルギー)に便乗し、タービンを回し電気を得ると言うもの。

古から人間は風車や水車を使い様々な作業的動力を得ていた訳ですから、普通と言えば、余りにも普通な人間の営みの一部とも言えます。

その上、大型ダムの水力発電となると、

一部では河川の決壊を防いだり、

水道水の水源になったりと、

一度作ってしまえば

『一石二鳥』いや!

『一石三鳥』だったりもする訳です。

例えば有名な黒部ダムが発する電力は

主に阪神工業地帯の発展の礎として、当時では多大なる電力を供給していたらしく。

そう考えると我々としては『お陰様で』と心から感謝するしかない訳です。

反面

そういったダムが作られる事により、

美食家の愛した名川の鮎が犠牲になったり、

琵琶湖に注ぐ河川の鮎が砂を吸い込んで食味の妨げになったり。

清らかな水の流れを誇る川が泥川に変貌したり。

もちろん代償はたくさんあり、漁業や観光業的には致命的大迷惑になっている事実もある事でしょう。

 

治水のために作ったはずの大型ダムが治水の妨げに?

最近よく耳にするのが、治水ダムが治水の妨げになっているケースもあるという話。

山の上から水が集まりその傾斜のエネルギーで流れは川底を削るように平野まで。

ゴロ石など大きめの堆積物はその平野に留まり、

細かい砂や泥は下流に運ばれて、自然の営みとしては扇状地を広げていく訳です。

ところがダムが設置されやすい、中流の上流ぐらいの場所でその流れが堰き止められてしまうと、流れの押し(位置エネルギー)を発電所のタービンを回すために奪われるのだとか。

本来なら河口まで一気に流れ出るはずであった砂や泥は中流に止まって堆積するそう。

そして流れも緩やかになっているとその堆積物を浄化する水流も得られず、汚れた川は洗ってもらえずに汚れていくのだとか。

しかも、そんな状況下で泥たっぷりのダムに溜まった水を放水したりすると、

更にその上に泥が堆積して、水を受け止めるはずの河川が浅くなり都市部の川の決壊を招くという説があります。

 

災害とは普通の大地の営みでしかないという考え方も興味深い

 実は我々が主に住う『平野』という場所。

実はこれも川のごく普通の動きの中で普通にできていくもの。

川が決壊すれば川は川幅を広げ。

新たなキャパを自然に構築していく。

言うなればその大地に必要な幅と水深を必要に応じて、アップデートして行っているにすぎないという訳です。

『人間目線ではそれが未曾有の大災害であったとしても、大自然目線としてはただ単にアップデート』だそう。

そういえば豊臣秀吉さんが絶対に水害を出さない意気込みでその権力と財力を費やして完成させた淀川の人工アップデート。

その大阪の大河川『淀川』は、幾多もの町を立ち退きして膨大に広げた大河川。

多少の事では決壊など有り得ない程のキャパシティーを有しているようです。

逆に武庫川は強固な堤防を構築した事により

川原の幅を狭めて有用地を確保し、阪神地区の発展の原動力になった模様。

河口付近の重工業系産業の繁栄。

宝塚の名観光地化。

などは明らかに川とうまい具合に付き合えた一例ではないでしょうか。

 

これからは科学や技術の進歩が、自然を守るべき

元来、日本人は世界的に見ても、自然と仲良くする才能を持った文明人。

物を無駄にせず、かと言ってボロボロに散らかる訳でもない素晴らしいモラルを継承しています。

海外と交流し、様々な考えを受け入れていくのも、得意。

そして、日本の優れた土木技術はアジアをはじめとする様々な世界の土地に貢献しているとか。

自然と共生しながら高度な科学や技術、そして誉たかきモラルを発揮して、

日本や日本人が再び地球のお手本になるべく胸を張って生きていきたいもの。

古より様々な災害に見舞われては立ち直って来た、日本人だからこそ自然に対してできることは沢山あるはずです。

そしてとかく工事の通行規制なんかが有ると手放しで嘆く方も多いかとお見受けしますが、

そういった技術に守られているということも忘れずに敬意の念を持って利用したいと思います。

これだけ様々な技術や理論が構築されて、人々が環境というものに注目していくなかで

理想的な自然と人間の共生がどんどん充実していくことを一釣り人としても、とても期待しています。

私は私で出来る限りの自然保護(丁寧なリリース、いる分だけ食べる、ゴミは持ち帰る)を

より一層徹底しようとおもいます。

川のお話,大河川決壊,治水が逆効果?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

幼い頃から川と触れ合い、

川に色んな事を教えてもらって育ってきました。

私が住う尼崎、西宮周辺は昔は猪名川を取り囲む様に川辺郡という郡であって

現在の川辺郡猪名川町迄、

尼崎、伊丹、宝塚、川西、西宮(の一部)も全て川辺郡であったとか。

猪名川の源流は、丹波の春日インターの近くで見た記憶があります。

猪名川は現在のイメージ的には決して水量が多い訳でも無さげで

その割にはしっかりした堤防を備えているので

私の知る限り決壊したなんて事を聞いた事が有りません。(上流の一部は溢れやすい場所もある様)

そもそも海抜スレスレに作られた歴史ある工業地帯を下流に備える尼崎。

古より幾多もの対策が取られているのでしょう。

そしてもう1つの身近な川、ご存知

武庫川。

奈良時代に都の向こう側に見える川が転化して『むこがわ』となったそう。

兵庫、武庫と

なんだか兵器置き場的な深い

いわれでもあるのか?と

思いきや、

向こう側とは。笑

(そして、私にしたら『こちら側』なので『こち川』か?笑)  

武庫川も平野を流れて小規模河川の水を集めるので河口付近こそ膨大でありますが、

知名度の割にはそれ程大きな川でもありません。

その源流たるや、加古川と繋がっているなんていう事実も

兵庫の川ググりでもしてなければ気づかなかった事実。

兵庫県の川が水量が多すぎず、安定している秘訣はその源流近くで『水分かれ』なる物が存在し、

一方は日本海側へ、

一方は瀬戸内海側に

山の水を分けており、

大雨の時の雨水などを効率よく分散して海に流す機能が元々すぐれている事が推測されます。

一方で、兵庫県のはるか西側の大型河川『揖保川』は

兵庫県西北部の大規模な山岳地帯から半ば真っ直ぐ下ってくるので

決壊するケースも多々ある模様。

反面

武庫川の場合は川の途中で三田平野を介す事により流れが緩やかな様で、蛇行の激しい武田尾地帯近く以外は決壊し辛い模様。

どちらにしても古くから人口が多く水害に見舞われやすかった土地は様々な時代に様々な改良が重ねられ、水害に強い地帯になっていると言えます。

逆に言えば大きく崩れる土地で無いからこそ人口も昔から多いのでしょう。

今でこそ交通機関の発展で川や海が近くに無くとも土地は栄える事ができますが、昔の経済は水辺が無いと発展できなかった都合上。都合の良い、バカ荒れしない川や海は繁栄には必須であったのでしょう。

昨年は阪神地区も高潮など、凄まじい被害が出たものの、

それ以前、ここ30年ほど台風で凄まじい被害が出た記憶が無いほど

台風でどうこうっていうのがあまりありません。

一説には一庫ダムや千苅ダムなどの大型ダム湖の治水効果だともお聞きしますが、水害防止には逆効果であると言う事も最近よく耳にします。

次回は私の聞いたその様なお話のまとめを

『ノーフィッシュペナルティレポート』(笑)

として提出させて戴きます。

続く