御前浜,釣行記,センジュ,ギリフローティング,シーバス

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

緊急事態宣言が解除された大阪は人通りが戻りつつある模様。

みんなが

『絶対に風邪をひいてはいけない3ヶ月の研修期間』で

かなりの感染症予防モラルとスキルを習得した。

結果、

経済的にはコテンパンにやられて心も荒む様な状況であっただろうけれど、

そして始めの頃は慣れないパンデミックにもたつき感はあったにせよ、

『あっ!ヤバイ!』となって全貌を理解し始めた

そうなった時の、日本人の順応性はピカイチ!

『秋の第二波』なんて言われているが私はチョット安心している。

 

悪質な誹謗中傷・差別・詐欺など

マスコミが報道して、問題視しているが、

そんなもの本当一握りの

『変わった人』の問題的行動であって、

日本にいる方の大半がそれこそ『和の精神』を源に

何なく支え合い、

助け合い、

情報を交換し合い、

困難を乗り越えようとしている。

 

そして大半の方の行動原理は

秩序と愛で溢れている。

 

そんな中で、

環境悪い・経済的困難・世知辛いとか言って嘆く日本人。

どれだけ水準値を高く見積もるおつもりか?笑 

コリャ!

この先逆に

日本は経済的にまだまだ有望といえますな!笑 

 

私の愛車は15万の中古車で

先進国では余り見かけない仕上がりでありますが、爆。

300万円前後の車で渋滞している、176号線を見て

『日本が貧しくなっている』なんて感覚は微塵も湧かない。笑

ソレでも嘆く人は総理大臣やIT社長になっても嘆くのでしょう。

大半の方は自分の居たい場所に居られているのでは? 

ソレをとりあえず、満足・納得しないと

充足なんて一生来ませんからぁ〜ぁ!爆 

 

15万の車も色々残念ですが

ソレはソレで楽しいですよーだ!

 

さて!

お話は15円のルアーのお話。笑

 

デビュー曲『センジュのウネウネ』が

ミリオンセラーになり、爆 

西宮の埋め立て地で悪事ばかり働いていた不良は一夜にして

セレブの仲間入り。

(訳:『ズット、バイブレーションばかり作って来たが始めにチャレンジしたミノーがテスト段階でナマズ爆釣』って次元が違い過ぎるヤないカァーィ!)

何とか頑なに

『素材はバルサで』に拘った結果!

デビューは『ギリ・フローティング』を完全に把握して仕上げる!に拘った結果!

(その次は『ギリ・シンキング』そして『シンキング』『エキストラシンキング』と順次仕上げていく!)

ギリ・フローティングがほぼ完成です!

『天才始祖のセンジュ・センジュアガチス』はウエイトが2.3gのタングステン。

ソレに対し

『バルサのギリ・フローティングセンジュ』は

鉛と真鍮を使い合計5g。

飛躍的ウエイトアップで飛距離も1.5倍!と手放しで喜びたい所ですが、

イヤイヤ!

『このパッと出のアマチュアルアービルダー!ミノーの世界観・侮るな!』的な。笑

 

塗装・コーティングが残っています。

こんなもの

0.1gの攻防戦の中!

ルアーの傾斜角度がモノを言うセンジュのバランス沙汰。

シーソーの相手がマナさんからカナさんに変わっただけでシーソーの傾きが変わる次元の中で、

脆弱なバルサを強固にコーティングしていくとなると、

事情が変わってくる事は火を見るより明らか!

しかし

塗装やコーティングって明らかに全体負荷。

比較的計算はしやすい。

んで!

ナマズハンとの格闘で半ばボロボロになってしまった、

『センジュ・ギリフローティング』を持って御前浜へ!

ナマズが何匹釣れようがコレ!

シーバスが釣れてナンボの開発なので!

チョット最近酷使し過ぎて、

ボロボロになった『センジュギリフローティング』

しかもバルサが無垢ゆえ、セルロースセメントではなく

武庫川の水を吸い込んでしまって、スローシンキングになっています。笑 

どうしても海と川では相対的距離感の具合が変わり

『本当にコレ満足に飛んでいるのか?』と言う客観的飛距離を検証しないといけません。

そして御前浜に参上!

緊急事態宣言が解除されるや否や、又元の感じに戻った御前浜。

しかし、やっと『我が御前浜』感を帯びた風情。

武庫川で様々な算段は付けているものの、海の潮、水の比重で思わぬ落とし穴も存在する。

そしてナマズがバコバコ反応するからと言ってシーバスハンが反応してくれるとは限らない。

さて!

1番難しいギリフローティングバージョン!

海で完璧に仕上げるぞ!

続く

自作ミノー,『潜る犬(仮)』,武庫川,シーバス,鯰用?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

最近、コロナの影響で会社が早く終わるのをいいことに

『夕方ナマズ』にドはまり中の私ですが、

毎日のように川に来ているとポイントもだんだん把握し、

天候・水量によるナマズの移動習性もだんだんわかるようになってきた。

『居るの分かってサイトで表層に呼び出してバフっと食わせる釣り』は

シーバスでは余り無い感じでとても面白い。

しかし1番面白いのは表層が効かない時にルアーを潜らせて、

『居そうな場所』をシーバス的に通して来た時に『ガン!』と来た時。

しかもアベレージが60cm前後でそんなにパワフルな魚で無いけれど、充分に釣り味は楽しめます。

それに一つワクワクするのが赤いヒレのとてつもなくデカい魚が居る。

深場に居て、正体は不明ですが明らかに80cm以上の魚。いわゆる『ヌシ』という風格。

ルアーに反応する様子が無いのでおそらく鯉という所かな?

しかしヒレの感じは鯰の様な感じもする。

今後の釣行予定の方針に影響するので、何なら潜って確認したいところ。笑 

ご近所でお世話になっている川は武庫川の『うるしが淵』という

『日本有数の河童伝説処』の近く。

もしかして河童?

 

この宝塚・北西宮・辺りの武庫川周辺。

歴史も長かろうし色々な伝説は多い。

 

何なら邪馬台国の首都であったという説もあるほど。笑

例えば武庫川支流に『仁川』という川がある。

韓国のハブ空港が有る『仁川(インチョン)』いにしえの貿易ルートとして名前を統一したという説をこの前見た。

その横に有る甲山。

山では無く大きなピラミッドで有るという噂。笑 

ご丁寧にこの辺りは

『牛人間怪談』や『夫婦岩』の都市伝説。

私は良く分かりませんが銀水橋なんてーのも有る。

自宅の裏には

『蓬莱峡』なんていう火星の様な谷があり、

黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』のロケ地になったそう。

この映画は後にジョージ・ルーカス監督の

『スター・ウォーズ』の元ネタになっている。

蓬莱峡を見ていると何となくそんな気もする。

後、怪談的な話はキリが無い程有るが文章にすると自分が怖いので割愛します。(言われへんのカァーィ!)

さて!

メタルミノー『フゲン』は絶賛構想中なのですが、例の傘の部分。

このボリューム感で真鍮やステンレスの1mm板を使うと結構な重さになってしまいます。

しかも、魚とのファイト自体でガチガチに強度を気にする部分でもないとすると

別にアルミが加工しやすいし、

アルミでいいんじゃない!

ということに。

んで!

ミリ単位の溝が出来てミリ単位の留め具を作る。(出来るかな?)

んで!

リップをアルミにしてイージーにチョキチョキできるんで有れば、

最近必要性を感じ出した

『潜るドッグウォークミノー』を一緒に作っちゃえ!という事で。

(その前に『センジュの塗装しろよ!)

バン! 

得体の知れない構造図が又出来上がる。

リップは無節操な3枚体制。笑 

先ずはシャッド的な形状と角度の一枚目、

2枚目はセンジュと逆角度の水をバチャバチャ言わすバタフライ系、

3枚目はフゲンとは逆の潜らせる系スタビライザー。

2枚目のリップが『絶対に潜らせ無い』

プルバフ系表層ドッグアクションに作用するであろうのに対して、

2枚の潜らせるリップが押さえつけるという算段。

もしコレが算段通りに行けば、

バイブレーションに反応しないけれど絶対に派手な動きしか反応しない深場の狙い方に、一手加える事が出来る。

 

仕事でも、芸術でも、お料理でも、

色々な要素を足して行けば良いという物ではなく、

『シンプル・イズ・ベスト』という言葉がある。

『断捨離』という言葉もある。

色々な贅肉を削いで、

引き算的に純然なライフサイクルや効果を見出すという働きかけぇ〜〜ぇ

 

からは

 

全く逆デース!爆

 

『驚異のデブッチョ・足し算ワールド』展開!

 

これ以上は足せないワールドです。笑 

 

しかしながらよく考えてみると

『潜らせて、浮かせて、又潜らせて?』

 

結構、答えはゼロだったりして!爆 

 

続く