シーバスフィッシングの擬音考1

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

ルアーのフィーリングって擬音語でかなり説明がつくことが最近判りました。

「ブルブル」

「プルプル」

「テロテロ」

「ズィーー」

「ブーーン」

竿先に伝わる、バイブレーションの動きだけで、これだけ種類があります。

イヤ!微妙なニュアンスの物も入れると、もっと有るかと思います。

色々なバイブレーションを試した方なら、バイブレーションのタイプの説明は実際投げなくてもこの擬音語で大体わかるとおもいます。

『事象の表現が、次から次へと、多彩で理知的なボキャブラリーを駆使して、わかりやすく伝える説明上手』

 

では無い、私

 

尼崎出身で

 

血液型B型の

私は、

 

何かと擬音語、擬態語を使いその場を切り抜けようとします。笑

 

こういう、擬音語、擬態語、擬声語を総称してフランス語でオノマトペ(onomatopée)というらしく、

良く耳にするようになりました。

 

我々の文化?(笑)も、

 

ようやくヨーロッパから日本を伝い認知されてきたということでしょうか?(爆)

 

我々の頂点に君臨するは、

 

スポーツ界であれば

ダントツで

長嶋茂雄氏(血液型B型)ですし、

 

演芸界では

長い間、宮川大輔氏(血液型B型)

が先頭を走り続けてらっしゃいます。

 

バイト又はアタリ音

「バフッ」

「ション」

「ゴッ」

「コツッ」

「ゴッン」

「グーン」

 

 

キャスト

「ブン」

「ビューン」

「シュッ」

「スーン」

「ビュ」

 

 

「なんじゃコレ!」

 

と思う方も多いと思いますが

何回か見ると面白くなると思います。

たぶん。

 

それでは皆さんおやすみなさい。Zzz・・・。

 

大胆にも次回に続く

透けるくんで作った、クリアハード65 3

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

仕上がったテンプレート貼った、鉄板を切り抜きます。

大雑把に切り分け

切り取り線を消さず外をなぞる感覚で仕上げていきます。

アイ関係の場所は「アッ!」なんて間違って切ってしまったら、ただのステンの切り端に早変わりです。

特に慎重に切り整えます。

針金はまず最初に、下の図のように、引っ掛けどころを作り、とりあえず41.5mm+αのところでカーブさせ、リアフック用横アイを形成し戻して内側に折り返します。

針金とめようの赤い穴に折り返し部分を両側から差し込み、ペンチで押さえて固定します。

(緩やかな折り返しアールをペンチで挟み、鋭角になるように押さえ込む)

このままでは上下には自由に動く状態なので、ゼリー状瞬間接着剤で固定させます。

取れないと思いますが、気になる方は、更にセキ糸をグルグル巻きにして、固定して下さい。

図のように重りを付け、すけるくんを纏わせます。

 

乾燥後、

 

濃いめの銀ラメマニキュアを薄い目に塗り、

好みのカラーリングをすれば良いのですが、

透けない塗装をすると、何やってることかわかりませんので、

私の場合はマッキーかコピックなどのアルコール系マジックを厚塗りしないように使います。

今の時期、

西宮市、小場所では、黄色っぽいベージュか、あまり綺麗でない濁った赤系に反応がいいようです。

目玉を取り付けて、お決まりのラメマニキュアで仕上げると魚感がアップします。

セルロースセメントは厚い目に纏わせて下さい。

でないと、

粘土部分に海水が染み込み、キャスト時に粘土だけ飛んで行く悲劇に見舞われます。

皆さんならワームかな?

という状況のとき

(私ワームが苦手なので)

できたらこれでやりたい。

モチロン初めからでもいいですけど。

上の図の、尾部のおもりを1号の半分から1,5号の半分に上げて、若干後ろ上に移動し、尾部の粘土部を細くすると、結構なクネクネシルエットを描きます。

それもまた、面白く、場合によってはハマるはずですので参考までに。

バイブレーション考、色々。

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです! 

 

私、ほとんどバイブレーションでシーバス(?笑)デイゲームをしております。

 

マァ、90パーセント以上バイブレーションで

 

カラーも今の時期なら

ナチュラル系ヤヤ黄色掛か、

ミド金オレンジの二種類が大半です。

 

でも、そんな大雑把な私がこだわってコロコロかえるのがルアータイプです。

 

上級者の方はどうお考えなのかよくわかりませんが、

 

私流にバイブレーションは細かく分類して考えています。

 

1.ノーマルタイプ

動きは大きめでやや前傾姿勢で強い目の波動を水につたえる。

2.スローウォブリングタイプ

ウォブリングがゆっくり目で少しロールしている、活性の高い時、このタイプを表層で引くと、誰でもつれる。

 

 3.平行姿勢タイプ  

テンションフォールで平行に近い姿勢で沈下するバランスに調整されている。ロール感がより強くなる場合が多い。ハイブリッド系はこのタイプが主流の模様。

4.ハイピッチ微振動タイプ ウォブリングの切り返しが速く姿勢をほぼ水平に保ったまま虫の羽の様に細かい振動を出す。

とザッと四種類ではないでしょうか?

ソルトバイブレーションの代表格、コアマンのアイアンプレートは1と2と3の絶妙な組み合わせで、帝王の座に君臨しています。マァ、ほかのルアーとて主観的にかつ、大雑把に素人が分類させて頂いただけで、場所の傾向や釣り角度で動きも変わってきますのでそこは、それなりにお受け止め下さい。

 

僕のバイブレーションも大雑把にこの中にあてはめることはできます。

1,2,3と意図的に作成する、方法はだいたい確立されたのですが、

4,のタイプが平行にこだわると、再現が難しかったのです。

たまたま、何も考えず量産した時に全部、4,のタイプになって、いっぱいできたので、これといって調整の記録などしていませんでした。

一時、大阪のおばちゃんの飴の様に、会う人会う人に配っていたのがソレです。

そのあと暑くなってタイプ2,の表層プルプル引きルアーが良く食ったので、それのブラッシュアップばかりしてチョット4,を放置してしまったのですが、これもかなり強力に寄せて食わす力を持っていると思います。

最近、中層あたり(と言ってもシャローだから知れていますが)を若干早い目でおとなしい目に引きたいという場面に何回か出くわして、4,タイプのつもりでセッセカセッセカと作っていたのですが、なぜか、2,のたいぶになってしまいます。

記録を辿ると、4,タイプの正確な成功後の調整の方法を記録していない事に気付きました。

マァ、やや前傾にして真ん中と後ろにもある程度の重たさを付け、アイを中気味につなげると、成るには成るのですが、そんなやり方ではなかったようにおもいます。

水が濁り気味で、表層ダメ、少し潜らせて若干早い目に引きたい、居そうだから細かく探りたい。

こんな時4,タイプは竿に伝わるアタリも取りやすく使いやすいです。

ちなみに1,が魚を寄せる力があり、

2,は食わせ、

それでもダメなら3, 、

それでもダメなら場所替え、

という感じでいつもやってます。

 

使用頻度が高く、バリエーションの多すぎる2,ですが、それを、ピースウェイというと反対意見も多いかもしれません。

アイアンプレートスロー引き。

ローリングベイトスロー引きの時の感じと言えば、賛成の方も多いと思いますが、いかがですか?

自作バイブレーションに関しては2,の中で更に細分化して作っています。だいぶん、まとまって実績も出そうですので、大胆にも尊敬する方々の作品と共に紹介させて頂きます。

(このままではチニングルアーになってしまいますのでもう少々お待ちください。笑)

御前浜釣行からの西宮回生病院からの南甲子園浜 3

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

冷やしぶっかけうどん(大)と、野菜かき揚げ、しそ昆布オニギリを丸亀製麺で頂いて、

いざ、南甲子園浜へ!

潮はよく動いている、

というか荒れてるぐらい。

潮目もバッチリ出ていて、感じは悪くない。

この状態だと、偵察ではなく文句なしに対戦始め、となる。

マァ大人なので、

(映像は夙川河口)

この期に及んでウェーディングはしないで、オカッパリ限定。(大事な右手のまもるため)

 

スレスレ橋脚攻めも、元々少年時代、左竿で練習していて、右竿ではミスが多かったが、今日は風があるのに、ノーミス、ピンスポットイン、殉職者なしで探り切れた、ただしこの辺りはかなり釣り荒れしている模様。

キャスト練習と割り切る。

私の挑む、釣りではない。

 

(橋の奥は有名フィールド、鳴尾川導流堤。)

橋の北側の石畳み、潮目が絶好のチャンスと言っている。

南から北への潮の流れが川のように、サーフからの波と当たって鏡状態、撒き餌釣りならあそこに打ってステイさせたい所。

軽いルアーをアップ気味に少しだけレンジを入れて引いて行くと、凄い引き、おそらくシーバス!

やった!潜ろうとしては、泳ぎを繰り返す。

ボラ、エイ、チヌではない。

最近釣りが雑になっていたのでドラグを緩くしていたのが良かったかも。

少しドラグを締め戦う、丁寧に丁寧に。

 

「ん?」

 

「根?に入られた?」

 

根掛かり状態となる。

 

ここは死に竿で待ち続ける。

 

1分程後にしゃくってみると、

 

出た!やったほぼシーバスで間違いない、多分デカイ!水がカフェ・オ・レなので見えないが、ボラはこんなことしない。

 

だいぶん上がってきた。  

 

 

「スン!」

 

 

バラした!

 

あ〜〜っ!

 

なんでバラすかなぁ!

 

今年はバラシ年か?

 

もう一度、同じようなバラシをやりやっと理解した。

 

この石畳みシーバスが入り込めるスペースがある模様。

 

行き慣れない場所に来て勇ましく宣戦布告したものの、

最近はほぼ砂地シャローのウェーディングばかりやってて、

根に走られないようにとか、

10段階レンジとか

そんなこと微塵も頭のなかにありませんでした。

ガラパゴス(ここでは愛しの御前浜を指す)で進化せず、退化してました。笑

(多少は進歩もあるか?)

 

しかし、しかし、シャロー砂浜あり、石畳み、橋脚、防波堤(チト浅いけど)、超巨大排水口付きベランダもあり。

駐車場も1日最大600円で4月から10月の間は7時半から21時まで空いています。

ゆったりとデイゲーム後の夕まずめ狙いを私のような初心者がやるにはぴったりです。

注、

西側はサーファー専用ゾーンがあります。

防波堤は浅い目なのに,足場が良いんですが異常に水面から高いです。(確か5mのシャフトでギリギリだつたような?)

ベランダの柵は錆びて朽ちてます。フローティングベスト等、無い方は危ないです。落ちてしまうと上がる場所がありません。

ベランダまで行ってしまうと、トイレも無く、モチロン、なんかあった時、通りがかりの方に助けられる確率は低いです。

単独釣行はおススメできません。

足場もよく、いろんなパターンを体験できる気軽な場所ではありますが、

決して安全な方では無く、どちらかというと危険な釣り場所です。

くれぐれもルールを守り、安全なつりを心がけてください。

釣り場所が立ち入り禁止になってしまわないように釣り人同士で協力して行きましょう。

宜しくお願いします。

以上、シーバスの針が外れて、

僕の針が外れない話でした。笑

 

 

御前浜釣行からの西宮回生病院からの南甲子園浜 2

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

前回の続きです。

 

何とか車に乗り込み、西宮回生病院

(火垂るの墓にでて来た回生会)に到着。

念願の手洗い、髪直しは出来ず。

入り口で係の方に

 

「あの〜、針が手に刺さって抜けないのですが、見て頂きけませんでしょうか?」

と、

シミュレーションどおり、礼儀正しめを心がけ、

照れ笑い浮かべながらお声がけすると、係の方は、

お化けでも出たかの反応で、

 

「エライコッチャ!」と、直ぐに急患扱いしてくれました。

 

もっと大変な方を沢山これまで見てこられただろうに、凄く思いやりを感じる、ご対応、ありがたいことです。

 

遊んでてドジったオッさんは何か申し訳ない気分です。

 

「すぐに2番で見ますので、しばらくお待ちください」

 

待っていると

 

「今日、保険証はお持ちですか?」

 

「はい!持っていますが右手がこれで出せません」

 

保険証は先ほどヨガのようにぐねって必死で取り出した財布の中です。(笑)

 

「いいです、いいです!ではお名前は」

 

「〇〇富巳〇です。」

 

「痛いでしょ~!もう少しだけ待ってくださいね」

 

「ええ!お気になさらず」

 

そりゃそうだ!

 

こんな大きくて立派な病院、

 

それなりに深刻に具合の悪い人がたくさん待っているはず、

 

こんな悪ふざけで手にルアーをぶら下げた、

 

レジャー日焼けのおっさんなどできるだけ後回しにすればよい。笑

 

かなり痛そうに見え、通りがかりの人も苦悩の目で見ていたりしたが、本人はそれほどでもない、骨は無事みたいだし。

 

こんなのより、

 

タンスの角に足の小指をぶつけた時の方が10000倍痛い。

 

野球のボールが股間に直撃した時の方が20000倍痛い。

 

歯医者さんの器具が、間違って、神経近くに当たった時の方が50000倍痛い。

 

しかしこの病院はみんな忙しいのに親切で、

 

人を不安にさせないための様々な声掛けを、看護師さん、事務受け付けの方ともに、丁寧にしてくれる。

 

診察室に入ると、

これ又、

温かく優秀そうな先生が、

レアケースな急患ながらたじろぐことなく、私の希望も聞いていただき、

針の根元をニッパーで切り針先を貫通させて針先から抜き、

あとは患部のばい菌をひたすらとる方法(ふつうは患部をメスで切り針を取り出し何針か縫うのが基本らしい)で処置していただいた。

 

これだと大げさな包帯を巻かなくて済む。

「あっ!ペアンだ!」

とか

「すごいニッパーだ!」

とか

心の中ではしゃいでしまった。

 

やっと取れた!これで普通の人間に戻れる。

 

ヘタレのくせして、車の修理、散髪でも

注射でもこんなエグイ処置でもジッと見る。

興味深い。

小さい頃は勇ましい子と、思われただろうけど、

 

今は多分、なんかあったら訴えるつもりかと、

 

思われているかもしれない。

 

イエ!違います。

把握したら、自分でやってやろうとたくらんでいるだけです。笑

 

麻酔が効いて親指の付け根だけルフィのように膨らんでいるギアサード感。

 

念のためレントゲンを撮ってもらい、点滴室へ。

血管が細く針が入らないので、大抵、手の甲か手首の表側に針を刺されます。

(肥えているせいではありません)

 

天井を見つめて退屈する。

 

かなり、苦手な設定。

 

看護師さんが話ししているのが聞こえる。

 

こんなレアなケースは器具を揃えるのに、モタついてはいけないので、

いかに素早く揃え、特別な薬品などを、常に新しく常備する為にどうやって回転させるか、相談しあってた。

 

多分ぼくのせいです、ごめんなさい。

 

よく、刑事ドラマで拳銃に撃たれた刑事の手術が無事成功し、

 

助かった刑事に、同僚が医師から預かってきた、摘出後の銃弾を見せる時、

 

その銃弾が入ってがちな袋に

 

僕のルアーも!!

西宮回生病院、温かい良い病院でした。

おまけにお隣の処方薬局まで仕事は早く、

説明は丁寧でチョット感動。(ビザン薬局)

ありがとうございました。

鉄人Mさんに挨拶をと、

河口から見渡すがもういらっしゃらない。

当たり前かもう1時です。

潮も動いていません。

これが本当の潮時に帰られたのですね。

手はギアサードのまんまだが

チョット酷い不完全燃焼感。

このままでは一酸化炭素中毒でまた病院に逆戻り。笑

「チョットだけ・・・」と南甲子園浜へ。

続く