自作バイブ,23番サロゲート,ハーフムーン41,41mmで18g,表層バタバタ系の非常識,その2

ようこそおこしくださいましました!フミニイです!

最近、石膏型を使ってジグヘッドやメタルバイブを作る事を練習している私。

鉛の融点は320℃らしく、溶けると凄くSF的風貌でチョットワクワクするけれど、

実は320℃の熱々(その上毒)悪魔。

魚の天ぷらを揚げる油が

大体180℃ぐらいで怖々悪魔なのに

その倍近い世界観は、

逆にその恐怖感を非現実的なフワフワしたベールで包んでしまって、

気が付いたらこうなっていた。笑 

 

石膏型は水で練って固めるという気楽さと、低コストというのが非常によろしいが、

ブツ自体に水分が残り、注入タイプの型にそのまま熱々の溶岩の様な鉛を入れると、

時として、流入口から火山の様に大爆発!

飛び散った溶岩は私が来ていたジャージをボロボロにして、

手の上に結構しっかりした塊がオン!笑

イヤイヤ!眼鏡・マスクをしていたおかげで、

俳優の商売道具で有る顔は守られた。

(俳優でも、イケメンでもないし!本当はリビルド必須!笑)

普段ボォっ〜としている割には

いかに工程を飛ばすか?とか、手間を省くか?的なコトばかり考えてるから

バチが当たった。笑 

とりあえず噛み潰し沙汰で、笑

いくら安いからと言っても、無尽蔵に石膏型を作っては失敗するのも時間の無駄で、

鋳物をやる前に、得意の噛み潰し沙汰。

32mmバージョンの際の感触は充分に再現できている様ですが、

この微妙な世界観。海で使って見ないとなんとも言えない。

そこで何かが得られれば、ハーフムーンは41mmを基本系として、鋳物型で作ろう。

今度はしっかり乾燥させてから。笑

その際、念願の熱転写ホログラムも視野に。

それにクリアバージョン 最近、チャターにしろ、バイブにしろ、ジグやシンペンにしろ、ルアーのアクションを構成する上での

幅や出っ張りを透明にすることでそれ自体を無い物とする方法に目覚めて来た。以前はベイトが実際海中で透けている事を再現するためのクリアだったけれど、昨今のリップの様に、無いものとする使い方に。

ゆえに、ハーフムーンも、41mmを超えてくると・・・。

heafではなくhalfやん!笑

こうから、

水色の部分は透明という事。

こうに

した方が

懐の深いバタバタ系になるんではないかと睨む。

しかし、まぁボチボチとこの件付いてはやらせていただきます。

続く

第三話,自作バイブレーション,29番サロゲート 候補,ファー・バイブ,毛皮付きジクヘッドフックがバイブする

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

私はお肉が大好きで、

冬になると関西北部のアウトドア系の方々の一家は

普通に猪や鹿を食しがち。笑

ゆえに私も、

ボタン鍋や焼き鹿を頂いたり、買ったりして普通に食す。

お肉を残すって肉付きにはありえないし、折角頂いた命に対して最大限の敬意を忘れず美味しくいただきたいもの。だから毛皮というのも、人それぞれ様々な考え方があろうけれど、素材として販売されている毛皮も余す事なく使い切る気持ちで接したい。

切り取った際にほぐれてしまった毛は貯めて置いてジグフックに装着したい!

さて、鹿の毛たるもの、

中空になっているらしく、ソレ単体を水に落とすと浮く性質らしい。

この辺りの知識って、自由に作る中で

後からジワジワ効くノウハウと言える。

例えばティンセルは?

ラバーは?(ラバーは沈んでいるな)と

水中での振る舞いの差を楽しみたい。

 

背中が鹿の毛皮に 

構想的にはジグヘッドフックのシャンクからゲープにかけて、鹿の毛で覆い尽くしている状態にしたい。

もちろん比較的に硬いと言っても所詮、毛なので、フッキングにはコレといった障害にはならないと見た。

それよりも水に濡れて馴染んだ毛が

自由に動き過ぎて、針に絡まる事が危惧される。

 

バイブレーション部門の構築 

そもそも、それより、

この角度感で

スムーズなバイブレーションが成り立つのか?というのも論点。

意外に針の水受けとか、

重量感とか、

想定外の失敗要素になる事も多い。

シルエット的に肉厚にすると、

毛との段差がいびつになるので、

薄手に仕上げたい所で、

ウエイト自体が、

ジグヘッドフックのアイのすぐ下の角に止まってないといけないので、

今回は鋳物で丁寧に鉛部分を造形する。

続く