透ける粘土?続々,ルアーを粘土で作る。アイボン産業さんの『透けるくん』

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

まもなく梅雨が始まろうかという季節になりました。

いかがお過ごしですか?

 

今週の阪神間の釣行は青潮?水潮?泥濁り?か?

なんか分からんけれど、

結構なバッドコンディション。

 

しかしマァ、

釣り師たる物、

どんな場所、状況でもそれをクリアするのお愉しむ。

アーダコーダ考えて珠玉の一本に出会うというのも一つのゴール。

 

南甲子園浜釣行記

イヤハヤ、

新しい自作スピンテール系をわんさか持って張り切って出かけた南甲子園浜。

潮の動きが強いのはいいが

なんともよろしく無い感じの濁りよう。

しかも、

いつもの立ち位置からナチュラルに投げるとダウンクロス。

1番小さなスピンテールが活躍し難い状況設定。

マァ

そんな中でも

簡単スピンテール(改)と

ボトムネチネチスピンテールジグ

はちゃんと動いていたので一安心。(有効かどうかは別ですが、笑)

 

コンマ・ムジュウ・ダコール・ズー・センジュソリッドなど、

ある程度できる必勝パターンを全部無視されて、笑 

『よし!守護神パート1,行けェー!』とばかりに

プリズム(ディープバージョン)を

大遠投!

63mmで20g越え、ウエイトはボディの75%にしっかり配置されて、

ジグ並みに飛ぶけれど引き抵抗はある程度穏やかなメタルバイブ。

に、

何とかキビレさんが反応。

 

簡単バイブレーション・透明タイプ

最近、

購買確率にうるさいであろう、

100円均一店に

自作ルアーの素材がたくさん売られる様になった。

と、いうことは自作ルアーをする人が増えてきたのかな?と思う。

このブログも5年程前から

『百均系用品で自作ルアーを作る』的な

記事を書いてきたが、

最近の用品のレベルとバリエーションの飛躍的向上はめざましく、

私の技量も5年前に比べると幾分ましになっている(ハズ?)ので、

初心者の方に少しでも参考になるかも?と思い。

私のおさらいがてら新たに説明していきたいと思います。

 

すけるくん

私の座右の粘土はバジリコさんのモデナホワイト。

でもこれは白い塊にあがり

ほとんど光は通しません。

ルアーの誘惑って

大抵フラッシングの強弱や

アタリ色にマッチできるか?にかかっている事が多い様に思われるが、

もう一つ、

透けているか?どうか?

というのがかなり影響する局面も多い模様。

例えば

時に緑クリアラメ系が南甲子園浜でドストライクの時があるし、

御前浜ならベージュ黄色系クリアに変えた途端に直ぐヒット!なんてケースも多い。

モデナホワイトの使用感はかなり満足しているけれど、

クリアが表現できないので、

それを補うために私は

アイボン産業さんの『すけるくん』を使っています。

っていうか、

12番サロゲート『クリアハード』はこれありきのルアーだったりします。

 

すけるくんの多大なメリット

①もちろん乾いたら光を通す素材になる事。

②手にべた付き難く扱いやすい。

③モデナホワイトと比重が近い(ちょっと軽いかも?)

④セルロースセメントなどとのトラブルも見受けられない。

⑤透けているのでラメを射込む事ができる。(入れすぎると強度が落ちる。

 

すけるくん注意点 

①チョット高級(とてルアー一個辺りの使用量は知れているが)

②防水コーティングしないと使っている間に水が染み込んで白濁する可能性が有る。

③モデナ程強く無い、乾燥後はやや折れやすい。

④しっかり練り込み作業し、表面をサラサラに馴染ませて乾かさないとひび割れる事がある。

⑤乾燥はそんなに遅く無いが、完全に乾くまで(透けるまで)に3日ぐらいかかる。

⑥実際に海で使用したら、経時劣化がモデナに比べると早い。一年物ぐらいの感覚が妥当。

 

とマァ

こんな感じで長短あるわけで、

透けるくんだけで全部やる!的なブツでも私的には無いわけです。

 

セルロースセメントのどぶ漬けをされる方なら・・・。

とは言え、

透けるソリッドバイブを自作するのなら、

すけるくんは

かなりイージーで即戦力となりうる優れもの、

その他選択肢として

『おゆまる』とか、

『グルー』とかあるけれど、

様々な長短があるし、

何よりタッパーにラップで小分けした『すけるくん』を用意しておけば

コレといった準備をしなくても直ぐ始められて直ぐ直せる。

その気軽さは、

わたしがコレを初心者さんに勧める大きな理由です。

注意点を踏まえた上で

『とにかく作って見る!』が出来る訳ですから。

ちなみに強度の問題はまだ試してないですが、それこそ、レジンでコーティングとかすると有効かも?ですし、

セルロースセメントのドブ付けコーティングなどを既に始めている方は

強度補強・防水も意識して多いめに漬ければ、

かかりきりになって強度を何とかするって事もしなくて済むわけです。

 

どうでしたか?

購入方法は

結構手芸店のトウカイさんに置いてある事が多いようですが、

下記の買い方の場合単価が安いようですので、協力していただけると助かりますます。

ちなみにモデナホワイトとモデナソフト笑

では

あなたの自作ルアーにシーバスが食いつきますように。

第二話,メタルシンペン,を作る

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

阪神間は夏らしい青空に!

昨今の雨風の影響で、水辺のコンディションは決して悪い訳でもないけれど、

釣れる釣れないとは又別の話。

ここんところシーバスはおろかチヌさんの顔すら拝めない状況。笑 

さて、そんな事は気に留めず、

釣りは釣り師に任せるとしましょう。笑

(私は何師?笑)

 

メタルシンペン徹底追求!笑 

しかしまぁ、今回は無理から早々と仕上げるのでは無く、

じっくりとメタルボディとウエイトのバランス関係を検証しながら、

何通りかの術を構築していきたい。

んで、とりあえず作った型、

コレも必要とあらば柔軟に変更して、色々探っていきたい。

 

5号割菱とメタルボディの関係。

まずは5号の割菱、コレ単発で少なくとも16gは超えていて、それだけでぶっ飛ぶ重量設定である、

これが前方下方に配置されるだけで、ぶっ飛びメタルバイブは完成はする。

と、マァこの様に。

 

楕円形のヤヤ後方に背アイが有れば、結構な強波動。

今回はブルブルはナシなわけだから、

とりあえずは真ん中ヤヤ前方下方に止めて見る。

   こんな感じで。

ちゅうてもコレ、

序の口の確認みたいな物で、

バイブレーションのバランスより背アイが前に来ると、

結局尻下がりになってしまう。

オモリの真上にラインアイがしっかり付いていたりすると、

アクション云々より、オモリをしっかりと引っ張ってしまって、

すぐに浮き上がるブツになりがちで、

実際にコレもその領域で

この辺り迄はわざと失敗と言えるほどの確認です。笑 

続く