プラグバイブ・フローティングバイブの領域に足を踏み入れる。

ようこそおこしくださいました!フミニイです! 

雨が続くらしい。

コレをきっかけにちょっと遅れる海中の四季も真夏になるんだろう。

例えば私が釣る場所のチヌさんなんかは、

冬明けの春からバンバンルアーを追う傾向なんですが、

梅雨前後はなんだか弱っている感じがあって、

釣り方が変わる様に思われます。

しかしコレが真夏になると息を吹き返すイメージ。

真夏に激しい目のルアーを速く巻いてドンって釣れるのは

チヌさんのイメージ。

特にキビレさん。

 

逆にシーバスはレンジをシビアに扱わないと反応が薄いイメージ。

とて

ルアー自体の存在感が有り過ぎても

見切られてる感がありありで。

 

シァローのボトムに潜むやつを表層直下で引っ張り出す釣り

トップ系やウェイク系も

ダメならダメと結果が早く分かり過ぎて、ネチネチ狙うに適さない。

粘れば粘る程チャンスが遠のく気がする。

反面、

スレるイメージの強いバイブレーションも

微振動系バイブやロール傾向のバイブみたいなもんでネチっと一投一投大事にしながら投げたら

ド派手系と比較して相応に粘り勝ちが待っていたりする。

 

何よりただ巻き率の高い、

おとなし系バイブは投げていて楽だし、

キビレさんや海遊系シーバスさんの好物っぽいので、

粘る事によって確率が上がる事だって有る。

 

30通りも有るバイブの穴

阪神間の釣り場は魚が多くないのに

釣り人は多かったりするので

他の地域に比べると貧果は約束されている。笑 

 

全国ネットのロケ・YouTubeのロケなど、

阪神間のオカッパリのソースって

少ない少ない!

 

燦然と輝く神戸の星コアマンさんも昨今は加古川以西のロケが多かった模様。

西宮の誉、邪道の藤澤さんや新さんとて、近場のショアでロケを決してやらない。

マァ

少ない釣り場が場荒れしない配慮をなさっているんだろうし、

そんなにポンポン釣れないので、

ロケには向かないのはよくわかる。

そんな

ゴリゴリのプロフェッショナルも近寄らない釣り場。笑

 

半ば、

ど素人の私がどデイで来てポンポン釣れる訳もなく。

それでも

たまに釣らしてもらえるのは、

魚がいる場所をピンポイントで把握しているから。

魚が居たとて、

ルアーがファールなら丸無視。

この

半信半疑な魚たちを食わせるには、目新しさと

魚の勘に触るレンジとアクションが必須。

んで

アクション派手・地味とか、

視覚を重んじる・機能重んじるとか、

色々やっていたらバイブレーションだけで30種類のバリエーションになってしまった。

しかしこの中に

表層や水面直下をゆっくりって、

1番以外

 

ないんですよね。

1番言うても結果シンキングなんで、

表層で浮かせて放置とか、

1番の派生で作った『シーマウス』以外できないんですよ。

浮かせるためにオモリを最小限にして、

まさに接近戦専用。

ある程度投げられて、

結果フローティングのバイブって、

私のレパートリーに無い。

イヤイヤこの世に無いか?笑 

 

水面直下ルアーの宿命

んで、例えば表層直下系バイブって、

私のバリエーションなら、

8番プルプルとか、

23番ハーフムーンとか、

24番ドッペルとか、

25番クリプトとか、

コレらのウエイトを抑えてゆっくり巻きやすい様に調整すれば良いのでしょうけれど、

そうすると飛距離が目減りするし、

何より全部アピールが強いタイプなんで、

ネチネチ向きでは無いんですよね。

 

んで昔は

フローティングバイブなんてバス用には沢山あった様な気がするし、

マァそんなのを再現すればいいんですけれど、

一つ問題が・・・。

 

そうです!

体高の高さです。

 

比較的ゆっくり引いて時には放置したりするのに、

菱形の塊では見切られに行く様な物。

水面に浮く、比較的リアルな細長い系のブツである必要性を感じるのはわたしだけでないはず。

考えたら水面系のブツって、

ましてやフローティングで縛ると、

より太っちょや体高だかになるのは一つの宿命ですよね。

 

透明が無と想定するなら

それで一つ提案が。

バイブとしては気室たっぷりの体高だかなバイブを作るのですが、

その気室が全て透明としたらどうでしょう?

もちろん鉛を配置するのですが、そこだけカタクチイワシ的なブツを象る。

構造上、不自然になるのは幾分上方に配置すべきのラインアイだけ、

しかしながらフローティングに近づけるのであれば、そこ深く考える必要性はない様に思える。

ソレにミノーの大半がリップを無とみなす所から始まっている様にも思えるし、

いっその事、バイブレーションのボディが無という発想はどうか?

浮力と波動は頂き、見た目はリアル系なジグの様にするのはどうか?

マァ講釈はこの辺にしてやってみます!

続く

メラミンスポンジで自作ルアーシリーズ,まとめ

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

暑い日が続きます。

熱中症予防には

何より水分補給が1番である事は皆さんご存知かと思います。

私は基本的にコーヒーが大好きなので

釣行での水分補給といえば

ペットボトルのコーヒーをガブ飲みしていたのですが、

それ、最近知り合いのお医者さんから

『それ、ダメェー!』と言われました。

氏曰く、

水分を体に沢山蓄える事が良いのであって、

利尿作用の有るコーヒーではプラマイゼロ(ゼロではないにしろ)になりかねない。

コーヒー・緑茶などは

もちろん健康に良い作用も沢山あるけれど、

こと熱中症予防のドリンクとしては向いていないとの事。

私が炎天下を歩きまわっても熱中症にならなかったのは

只々頑丈であっただけの模様。笑 

 

メラミンスポンジシリーズまとめ

さて、メラミンスポンジで自作ルアーシリーズ。

第一弾のシンペンは

基本的にアルミテープを巻き付けてからコーティングしていく手法を取りました。

しかしマァコレ、シワなく巻きつけるのが難しく、1番安易に補強できるにせよナレが必要。

 

次に考えましたのが、

アサヒペンさんのクリア

言わば扱いやすいアクリル系塗料という所。

コレを筆で表面に塗っていくという方法。

しかし

『スポンジの保水性舐めたらアカン』的に

かなりの量のクリアを吸っていく。笑 

表面を乾かそうにもどんどん内部に染み込んだ溶剤が補填してしまうので乾かない。

次にエポキシ、

https://youtube.com/shorts/nOR5KSenBlw?feature=share

エポキシが固まる寸前に表面に塗り切ってしまうとどう?的な。

しかしマァコレがなんだか化学変化か?縮むし黄色くなり過ぎる。

 

そして思いついたのが、レース編みで立体的な形状を固定する時の技術。

木工用ボンドを水で薄めてレース糸に染み込ませて、

型の上に乗せて乾燥させる。

するとレース糸で立体的な籠などを作れるというもの。

メラミンスポンジでやってみましたが、

これも表面をコーティングしながら乾燥させる迄は至らない。

 

楽々に切れてかなり浮力の高い素材の光明

しかしマァ、考え様によっては

これまでのバルサや粘土に比べて

メラミンスポンジの左右では無く、上下でとっとこ感覚的に作られる感じは素晴らしい。

サクサクミノーやシンペンを形にしていく。

ブツに付きっきりになる時間が少ないのは、

仕事や学業、はたまた釣行の隙間に自作ルアーを仕上げるという趣旨にはうってつけ。

 

柔らかいブツを固めるという発想

何通りかの試みを動画を撮りながら、実践してきた訳ですが、

今の所

『これか!!』というコーティングに至っていない。

結果スポンジがうまい棒みたいにサクサクになればサンドペーパーでツルツルに出来るはずだし、

表面に塗ったコーティングが染み込み切る前に固まれば、

スポンジの浮力を温存出来る。

1番の難点はアイの周辺の防水機能。

それに強力なコーティングが出来る溶剤系になるとスポンジ自体が極端に収縮するという事。

まだまだ試みをするに値する物は有るし、

例えば100均的なブツでなくて良いのなら有力候補は手持ちであったりする。

しかしマァ、

この辺りばっかで長々とやると

メラミンスポンジ屋さん色が濃くなり過ぎるので、

他の事やりながら追々ゴールを目指します。笑