御前浜(香櫨園浜) 今度こそシーバス!

ほへようこそおこしくださいました!フミニィです!

このところの御前浜(香櫨園浜)ではチヌの活性が上がっていて、シーバス釣行レポートは完全にチニングレポートになっていました。笑

 

この時期は例年、須磨以西側のフィールド開拓をやっていたので、データに乏しいといえばそれまでですが、(言い訳その1)

 

マッ、シーバスがいないはずはないんですがチヌしか釣れません。

 

今年はまだシーバスを釣ってません。笑

 

ちょっと香櫨園浜にこだわりすぎた、ヘタッピが張り切り過ぎたのでしょうか?(ヤフー知恵袋か!笑)

 

前回、大量のボラ帯(大小大量のボラの群れが帯状にひしめくかんじ)に惑わされながら何とかチヌを3枚釣りましたがシーバスには完全に無視されてしまって、自分の未熟さを痛感しました。

 

尊敬する偉大なる泉裕文氏がコアマンチャンネルで沖堤ボラ大量発生時のメソッドを紹介されています。

 

ボラの帯の向こう側にVJ22をキャストして、テンションフォールで着底させ、ゆつくりめに帯迄引いて、帯に着いたら一旦止めて(落として)、早引き。

 

なるほど!ある程度深さがあるところならとても有効に思います、今度大場所でVJ22を買って行って是非試したいとおもいます。

さて、ドシャローではそれをやるとターゲットが地面になってしまいますので、ルアーの軌道をギュッと縦に凝縮しないとなりません。

 

「ボラを散らしてルアーをのこす?」

 

散りません。笑 (このボラ達は)

 

多分逃げ場が他のボラに塞がれて地上で言うところの将棋倒し状態になっているようで、

 

ボラの群れに1匹2匹目混じっている、チヌを釣るのとはちょっと事情が違うようです。

 

 

さて!4月6日、御前浜(香櫨園浜)に到着。

朝は天気予報はネガティブでしたが、関係なしに7時スタートです。

やはりネガティブ、正木さん、蓬莱さん正解!昼から大雨と言うのははずしてね!

 

ルアーフィッシング的には曇りやや荒れは、逆に好条件と言われていますが、私は無駄に明るい性格なので晴れてる方がすきです。

この時期、水温も曇っていると微妙ですし。

案の定立ち込むと海水が冷たい。

(言い訳その2)

 

性格的に初物喰いの私は勿論仕込みたてのこれから投げます。

曇りの日、黄色は必須。

肝心の左頰にg数を書き込みました、識別やプレゼンがしやすいのはいいのですがあまり良い場所ではないですね!喰いが下がるかも?

(言い訳その3)

モワモワはある程度有りますが、この前より生命感が少ないですし、立ち込んでみるとかなり海水が冷たい、低水温で全体的に深場に移動しているのでしょうか?(ボロボロの言い訳その4)

 

ボラももう帯ほど居なくなってます。チャンスなのかピンチなのかよくわかりません。

前回紹介させてもらったルアーも混ぜながら、上下、早く遅く、と色々やりますが、どうやらピンチのようです。

ボラ掛りを恐れず大胆に引いてくると案の定ボラが掛かります。

歩き回り探りますが一度跳ね橋寄りのゴロタでジャンボボラかスズキかわからないようなバラシをしただけで何とも切ない状態です。

一発勝負で夙川河口を沖に立ち込み、大遠投探りをしますが、

ここで『天気予報を覆す!天下御免の晴れ男』も、正木氏と蓬莱氏の専門的理論の前に土をつけられます。(予報通り雨が降って来ましたってだけです)

雨具未装着につき、海の真ん中で非常に大人気ないびしょ濡れ状態に陥ります。

あまり気にはならなかったのですが、万が一落雷にでも見舞われると誰にも発見してもらえなさそうですし。

ここからシーバスかワンサカ釣れるのに残念ですが(非常に大人気ない嘘)、渋々、シーバスと正木さんと蓬莱さんに惨敗したまま、納竿といたしました。

チヌならコンスタントでしたが、とうとう今日はチヌくんにもシカトされてしまいました。笑

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA