自作メタルバイブ ステンレス 真鍮 切れるか?

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

色々自作ルアーを作るうち、こうしてみては?アーしてみは?

と、形も定形では収まりがつかなくなってきました。

この前からボチボチ自分で鉄板切りをはじめているのですが、なんとかなりそうです。

メタルバイブレーション用の鉄板の作成記録をお示しして、新たなアイデア等頂けたらとおもっています。

 

仕事で使う事があり、イラストレーターソフトをさわり程度には扱えますので、それでテンプレートを作ります。簡単な二次元レシピ図もつくります。

特に貧乏症の私は、ある程度の裏付けを取っていても、スナップをつなげるアイは複数、開けておきたいです。

ブラックバス用によく見かける40mm代の小型メタルバイブも13gの壁を越える重量にして、より遠投してボトムを叩きたい。

探る範囲が広がりテクニシャンでなくても釣れるかも?

(益々チヌ釣師街道に行きそうですが)

詳しい方に教わって

真鍮の1ミリがメタルバイブ。

ステンレスの0.5mmがソリッドバイブ用。

ホームセンターにも売っています。

職人さんでもなく特別な機器も持たない私が扱えるのは、この辺りが限界だと思っています。

ステンレスはsus430という、多少柔らかい部類の素材です。

ホームセンターにsus304というより硬くて錆び難い素材もあるにはあるのですが、加工しづらく危ないのでオススメ出来ません。

何より比較的加工しやすい、sus430の0.5mm厚でアイホールの枠を0.7mm程度取っていればメーター鰤でも掛からない限り全く心配要りません。

6号位迄のトレブルフックの世界の話では必ず、破損するのはトレブルフックからです。

もしくはリーダーとpeの結び目。

自己記録が78cn迄なので偉そうな事は言えませんが、幾度となくやっちまった、トローリングサイズのナルトビエイの引っ張り合いジャンプかわしあいで大丈夫というのも参考データ。

とりあえず内容が、鉄板選びだけでしたが次回に続けさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA