泉裕文氏来てくれはった!御前浜(香櫨園浜)懲りずに釣行 3

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

前回の続きです。

時間は少し遡ります。

「どうでした?」と聞いて来たアングラーが泉裕文氏だったのです。

そう言えば、

コアマン大好き、鉄人M氏が来ていません。

いつもなら、海草帯あたりから河口に近づいて来られる時間帯です。

スターが今、ここに居る的な情報は、デリケートに扱わないと、フアンが殺到してロケが成立しなくなる恐れがあります。

「今どちらですか?香櫨園浜に凄い人が来てますよ!」

とライン。

「沢山の人がきている、ではなくて『凄い人』!がですか?」

とM氏。

すんません、すんません!

日本語難しいデ〜ス。

 

F「ここだけの話にして欲しいのですが、泉さんがシマノのロケで来られてます」

M「エ〜〜!武庫川一文字ですが、今から降りて間に合いますかね〜」

ないことにいつもなら必ずこの場にいる方が、

今日に限って沖堤とは!トホッ!

 

ロケが終わられたようです。

 

「遠目にですが、勉強させて頂きました!」と、私ご挨拶して。

有名人なら

「頑張って下さい!」って、

足早に去る、程度で充分だとおもいますが、

この辺りが違う。

私の釣りをみてくれていて、手短で且つ、内容の濃いアドバイスを頂き

「いつか必ず又お会いしましょうね!」とかたく握手してもらって。

名残惜しそうに、去っていかれました。

頂いたアドバイスを元に節操なく直ぐハニーに。

当たる当たる、食った、明らかにシーバス!

しかし、

バラシ。

「いける!」

するとその時、携帯の充電が3%になっているのに気づく。

それはそうです!

いつもの釣り時間からかなりオーバーしている。

ハニーに新設されてしまった、新バミューダにもルアーが掛かり殉職していく。

お腹もペコペコ。

釣り人として,一世一代のチャンスロスをしてしまった、鉄人M氏の無念を、お話しでもお聞かせして、少しは晴らしてもらいたい。

幸い今週はもう一回、釣りできるし。

シーバスの件は無念ですが、15時半で潮時とさせて頂きました。

 

禅の言葉に『一行三昧』という言葉が有ります。

『〜三昧』などと現代でも使われる、『ざんまい』の元の言葉です。

現代では『節操なく満喫する』的なニュアンスで使われる事が多いですが

『雑念なくひとつの事に集中して全身全霊で事にあたる』

的な意味が本来の意味だそうです。

私ごとで恐縮ですが

(全部私ごとか?)、

考え抜いて、

何度も実際に反復して試して(練習して)

磨き上げた、

そういうものが私は好きです。(自分は大雑把ですが)

芸術、音楽、

芸事、お笑い

食べ物、食器

そして道具。

まさしく泉氏のルアーには、

そうした三昧の痕跡が幾重にも見られ、

私にとって一番有意義な金属の塊です。

泉さんの益々のご活躍を期待しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA