第四話,南芦屋浜,北水道,自作ミノー,自作シンペン,シーバス,釣行記

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

以前、ダイワさんのシーバスハンター(スタンダードの方)で

小沼正弥氏プロデュースのルアーの理屈抜きに良く釣れる感を実感出来る名作の一つ。

 

ボトム近くをジャークして連続バイトを得た事があります。

 

自作バイブレーションでは、

苦労して67mmと52mmを揃えた

『コンマ』も最初の直進ダートが効いている模様。

コレは中層。

 

『ギュ、ギュ』と一旦水をかくと

ソレがバイトの起爆剤になる日は多々ある。

 

完全な

巻物は自分の自作の手中に沢山あるので

『シンペンでジャークする』っていう時はスイッチヒッターを付ける事が多かった。 

結局縦にも横にも舞って、

テンパったベイト感が程良く演出されているんだな?と解釈している。(と、いうかイメージしている。)

 

2番デイミノーとてテンパって舞う的なアクションを念頭に。

チュウようなスピード感のあるタイミングでは目玉は気にせず、

ゆっくり目のバックスライドフォール中は

目玉を見せて沈下させる。

 

ジャークしない時は着底したら、ボトムをコツキながらバックして行くイメージ。

コレ、ベイトの餌の探し方に酷似するし、

多少巻き気味にしたところでアップの時なら不自然で無いはず。

ソレに普通にただ巻きしてフラフラ泳がせる時とて、

実際のところ目玉がお尻に付いて居る事をどれだけシーバスが気にしはるのかは判らない。

別に気にしないんじゃ?と考えたりもするし。

『潜って魚観察』の時、流れに身を任せバックしながらボトムを突く小魚は良く目にする。

何より私がこだわったのは、バックスライドでルアーがゆっくり尻下がりで沈下して行く時に、

ソレが逆に『前』である方が附に落ちる(この場合ボトムに落ちる、笑)と。

ゆっくりフォールさせる時に目玉が正当である方が良いような気がする。

構造的展望というか、始めの構想ではその目玉側に(普通ではお尻)にリップを付ける最終目標があり、

それ故に雰囲気でミノーと言い張っている、現状シンペン。笑 

でも5グラムの丸オモリ一点はやはり大胆過ぎた。笑 

シンペンとしてのメリハリは良いけれど『バックスライドもの』としてはチョット大雑把過ぎたか?笑 

イヤ!しかし納得いくルアーのバランスを構築して行く時、

最近の傾向として、はじめの段階でふむべき元ネタ的な物の模倣を一旦飛ばす。

そのまんま仕上がってしまったら面白くないし。

今迄はtake3ぐらいで思い切った追加や省略をして、

ドンと『こうしたらどうなるか?』的な試みをして、

そこから三手以上で仕上がるパターン。

なら六手使わずに

三手で自分が納得いく様にするには、

想像の飛躍が必要だと思った。

 

雨後の濁りではっきりとはしない物の、想像以上にバックスライド自体にネガは無い模様。

 

まぁ問題は動かした時の暴れようが過ぎるなと、いう感じ。

さてさてお陰でアッサリと完成しそうでもある。

バス界ではバックスライドさせて向こう側のシェードとかストラクチャーに水中から侵入させたり、

川では飛距離を活かして、向こう岸のヘリに当てたりと、

普通のメソッドの様になっている模様。

なんなら足の下より後にある凹みの中に足下に落としたブツを180°方向転換させて

自分より後にバックスライドさせるとか。

(ん?この場合はバックして無いか?ん?)

しかし、今のところ

『シミーフォール的バックスライド』って無いみたい。

んんんと!内緒にしたかったけれど言っちゃうと。

『3番マル秘ペン』

コレ!

作りっぱなしで仕上げもせずに放置してしまってますが、

此方は全シリーズ、全方重心縛り。

リップ物が多く

『何がシンペン?』って感じですが、

私がこだわるのは全て前方重心・真鍮のリップ。

コレを前後逆にしてみると。

結果的に目はお尻に付くんですけれど。笑

アラアラ?

バックスライドシミーフォールも夢で無くなってくる。笑 

まぁ、

ひとまず南芦屋浜・北水道でのtake1プロトの感触は

クリアという事で。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA