鱸ラバーII,構想

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

さてさて物理的な空き時間はまだまだ少ないにしても、

頭の中はへっぽこ工房復帰に向けていろいろ考えられる様になって来ました。

釣りには中々行けないけれど、我が家にはシュレディンガーとミックがいて毎日遊んでいる。

ルアーのアクションと猫ちゃんじゃらしオモチャのアクションにはチョットした共通点があって、

かの巨匠村上晴彦氏の

『ネコリグ』なんかも、

「ネコソギ釣れるからネコリグ」と申されているが、

猫と遊んでいる時に思いついたのでは?と思ったりする。笑 

ルアーも共通であろうが、ネコちゃんじゃらしオモチャの操作次第で

猫ちゃんの興奮具合も雲泥変わる訳で、

単純なロールよりもスラロームの方が圧倒的に食いつく事象は多いし、

一本調子に引っ張るより、たまに止めて停止させている時に飛びつきに行ったりする。

地上で水中と全く違う環境であるにせよ、ルアーの操作に関して猫ちゃんと遊ぶのはかなり参考になったりするのです。

そしてほぼほぼ100円均一で入手している猫じゃらし。

これ、アクションが発揮される向きとかが微妙にあったりして、ズルビキルアーを作るのに結構なヒントが隠されたりしている訳だ。

 

古典的なテキサスリグに隠された革新 

昔、昔、ワームのリグといえばほぼほぼテキサスリグだった訳で、

言わばライン自体に中通しオモリが通り、オフセットフックで止まって、ワームとオモリの関係は一応誘導となっているが

実は針の結び目がオモリを押している状態で巻いている間はほぼほぼ固定な訳です。

しかしながら巻きの強弱がワームに与える影響は多大で

誘導の効と言うよりもオモリとフックの接続がラインである事に

テキサスリグのアクションの特徴が集約されているかとおもう。

例えばテキサスリグで有ればちょい速でズルビキリトリーブした時など、ボトムの起伏の影響をモロに受けてワームが艶かしく動いたりするんだが、

どんなルアー釣りでももっと活用されて然るべきだと常々考えていました。

 

猫ちゃんとの遊びの中で再燃 

猫ちゃんと遊ぶ時はリビングの絨毯の上。

猫ちゃんじゃらしを絨毯の起伏を感じながら引っ張るとつなぎ目の角に引っかかり、

その後ろは影響で蛇行軌道を描く。

これを海中でのズルビキに応用しようと思いついた。

ズルビキと言うと、先ず先に根掛かり対策を念頭に置いてしまうが

フックがオフセット状態で有ればそんなに気にしなくても良いし、

私の釣り場は大抵ゴロタや砂浜なので、アクション重視で考えて支障はないと考えて、

よりボトムに干渉しやすい逆バレットシンカーはどうよ?

そしてワームはボトムに対してヤヤ浮くぐらいの匙加減で、これでボトムをウネウネ這うやつが出来上がり!

か?

(いつかの実行編に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA