とりあえず始めるための道具

私を海のルアーフィッシングに導いて下さったのは、コアマンの泉裕文氏とメジャークラフトの広瀬達樹氏です。

以前は鮎釣りと地磯でのコマセ釣をメインでやっていましたので。

播州は室津という土地が歴史深く、景色も良く、出会う方々のお人柄も良く、アフターの食事処も秀逸で、私の家からは少し遠いですが、釣り、癒されに結構お邪魔しておりました。

ご存知のように泉裕文氏はシマノさんのアドバイザーも兼任なさってらして、シマノさんのルアーを使ってその室津でシーバスをデイゲームで釣るというロケ番組をなさってたのです。

見慣れた海でスズキをいとも簡単に釣り上げる、ユニークで礼儀正しい釣り人。

まさかシーバス界の偉人とも知らず。

会社が実家の近くともしらず。

最初はそんな印象でした。

そしてメジャークラフトの広瀬達樹氏はサンテレビという、兵庫県のローカル局の釣り番組の絶対的スターであって、あの方のガイドでルアーフィッシングに触れた方は関西では非常に多いと思います。

よって、私の最初のルアー竿はメジャークラフトのファーストキャストのシーバスモデルのミディアムとなりました。それは今でも重たいルアー用としてバリバリの現役でつかっています。

最初は大場所でライトショアジギングを主にするつもりで汎用性が高くロングキャストもしやすく、大物にも負けない10フィート(約3メートル )ルアーロッドとしては長い部類のものにしました。

しかしそれでは疲れやすいのでは?ということで、いまのメインロッドは三代目クロステージの9.6フィートのmlに収まっています。

前者は6000円を超えるぐらい、後者は1万円を超えるぐらいでセールの時はもっと安いです。

スズキはおろかコタツの天板程のナルトビエイとの死闘(大袈裟 )を幾度となく繰り広げましたが竿がどうのこうのという不満は一切ありません。因みに0,5mmのステンレスのバイブレーションのアイもびくともしない。折れるとすれば針です。

竿の感度うんぬんは、上には上があるという程度のもので釣を楽しむにはこれで十分だと思います。

魚を逃さないように釣るには、竿以上にリールの役割、特にドラグ(糸が切れない様に大きな力に対して糸が少しづつ出て行く仕組み )性能が重要だと私は思っています。

最初はダイワのレブロスの2500番手ぐらいでいいとおもいます。大体6000円位です。

もっと安いので使えるものと、聞かれたら、私が知っているのはポイントのオリジナルリール、ブリオの2000番でもいけると思います。これなら4千円せずにドラグの微調整が出来ます。

得体の知れないリールを使うと大きいのが釣れた時必ず後悔します。

ライン( 糸)は最初は1.2号のpeラインがおすすめです、メーカーはよつあみのGソールx8が間違いないと思います。x4の方が安いですが頑張ってx8の方をつけることをとてもオススメします。とてもとても扱いやすいです。

糸は細ければ細い程いいに決まってるのですが、微々たるキャストしやすさと、微々たる警戒の軽減と言う感じで、トラブルで3000円代の出費を頻繁に繰り返すのを回避するのであれば、最初の糸は「1,2号にしといたら!!」と強くオススメします。

もちろん少し高くなりますが200mを巻く事をお勧めします。次の巻き直しまでの時間が長くなります。(笑)

リーダー(ハリス、又は力糸に値するもの)は3.5号ぐらいが妥当だと思います。わたしは東レのfxという、汎用ハリスが柔らかくてリーズナブルで結びやすいので愛用しています。

スナップはエバーグリーンのE.Gワイドスナップを愛用しています。幅広かつコンパクトなので目立たない割にはルアーの拘束が無く、ポテンシャルを最大限に発揮できます。

 

自作バイブレーション、取っ掛かり編#9

ようこそおこしくださいました、フミニィです!

乾燥しました!一方は青銀、一方は緑金にしてみます。

クゥー!痛恨のピンボケ、すみません!

もう1つはホロなしで。

地味バージョン。

結構、アリでしょう?

マニキュアでもフラッシング(ギランギラン)しますよ。

目玉をつけて後は同じように。

ちなみに、この様にホログラムシートを曲面に貼り付けて、端から剥がれるというような現象には。

輪ゴムをこの様にお尻のアイに通して。 

グルグルっと!

ピタッ!

それでもだめなら!間に薄く瞬間接着剤ぬって。

それでもだめなら!

可愛そう!

中華ちまき?(笑)

これでしばらく置いたら、輪ゴムを外して。

セルロースセメントでどぶ漬けします。

輪ゴムを巻いたまま漬けるほうが確実では?と考えた方もいらっしゃるとおもいますが。

溶けて黒く跡がつきますのでやめといたほうが良いです。

 

 

自作バイブレーション、取っ掛かり編#8

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

きょうは③の銀色の塗料を使う編です。

これアルミペーストなるものをラッカーに混ぜ込むものです。五百円ほどです。

ラッカー薄め液でサラッとしたかんじにのばします。

下地が白いのでケチケチ塗る方がリアルです。

吊るして乾かしてください。

お菓子の紙箱や硬質クリアファイルなどでホノグラムの形を決めたテンプレートをつくります。

ホノグラムシートの裏紙に下書きして切り抜きます。

マルシンさんのがリーズナブルでつかいやすいです。

裏紙を彫刻刀の切り出しなどで一気に剥がし貼り付けます。

棒で馴染ませます、角のカーブは特に念入りに。

クリアコート、接合部に染み込ませない程度にシッカリと。

吊るしてまた三十分程乾燥。

続く。

自作バイブレーション取っ掛かり編#7

ようこそおこしくださいました!フミニィです。

前回、三通りの選択肢まで来て①は終わりました。

①マジックとラメマニキュア

②ホイルテープ(オススメはダイソーオリジナル )を貼った上から、色塗り。

③銀のペンキを塗ってから、仕上げの色塗り、ホログラムシートもここで貼ってみる。

次は②の工程です。

ホイルテープを65mmぐらいにきります。

 

シートを剥がす前に縦真半分に折り、3割増し位のシルエットに切ります。

お腹のアイの位置を確認して少しだけ切り目を入れておきます。

目ん玉の部分もここで穴を開けておくと綺麗に仕上がるのですが、とりあえず気にしなくてもいいです。

平らなところに広げて半分強シートを剥がし折ります。

お腹のアイを差し込みシートが残っている、向こう側に倒します。

シートごと起こして左半分の面にアルミを貼ります。

指でまんべんなくなじませます。このとき意外に指を切りやすいので気をつけてください。

裏返して馴染ませながらシートを徐々に剥がします。

下の様に、そのままのホイルでとりあえず密着させて形を整えるのもありです。

邪魔なホイルをザックリ切り取り。

彫刻刀の柄や箸などの棒で更になじませます。このときホイルテープに艶も出ます。

切り出しやニードルでアイの所を開けます。

側も大まかにスッキリさせて、余分なホイルを1.5ミリほど残しながら切り取ります。指で押さえ付けて、棒などで練り合わせるようになじませます。

鱗柄を入れたい方はネジなどを使いクロスにして模様をつけます。

貼る前に模様を付けるのが基本ですがややこしいのでまた今度。

マニキュアクリアコートします。

その後はその後は①と同じ要領で仕上げてください。

アリアリ。

この辺り春先にハマることアリ、チヌもだいすき。

ラメでアヤフヤにするのもありです。

赤系のクリアラメを腹側に塗るとさりげない生命感がつきます。

自作バイブレーション取っ掛かり編#6

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

さて、下地が完成したので。
まずはアイが塞がってしまうのでニードル、キリ、千枚通しなどでアイに付いているセルロースセメントをざっくり取り除いてください。

ここから三通りの選択肢

①マジックとラメマニキュア

②ホイルテープ(オススメはダイソーオリジナル )を貼った上から、色塗り。

③銀のペンキを塗ってから、仕上げの色塗り、ホログラムシートもここで貼ってみる。

まずは①から。

クリアコート早乾をうっすら塗ります。

こうすると着色の馴染みや伸びが数段よくなります。

乾かします。(30分でいいでしょう。 )

上から見てボディの両端やや内側に青線を引きます。

真ん中に黒線を引きゆびでのばします。

腹の下半分にラメを塗り。少し乾かします。

マジック、マニキュアを駆使して、お望みの外観に。

目も取り付けます。

らしく成ったらもう一度クリアコートでコーティングします。

乾いたらセルロースセメントのどぶ漬けを上下に往復位繰り返します。

乾いたら完成ですがサンドペーパーで多少磨くと針を担ぎにくくなります。