邪道,藤澤周郷氏,プロアングラーの天才性について 3

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ユーチューブでも触りだけ公開されている『邪道 the mission 4』

撮影場所は熊本県の球磨川の河口。

球磨川といえば日本記録の大鮎が釣れる川としても、とても有名。

もちろんシーバスも大型がウロウロしているのだとか。

そんな『逆ガリバー的河口』に

コレまた

『シーバス界の逆ガリバー的偉人』が揃う。

『どれだけ火花が飛ぶ攻防か?』と思いきや。

『宴たけなわの居酒屋か?』

ぐらいギャハハと盛り上がっている。

ここで注目ポイント①

藤澤氏は無駄投げしない、

というかほとんど投げない。

コレ、シーバス界の関西風か?笑

時間は確か日の上がった朝。

確か泉裕文氏もこういうケースではほとんど投げない。

只々投げる体制のまま様子を見てらっしゃる。

コレ、シーバスの活性に関わらないシーバス自体の絶対数の違いか?

ルアーでおびき寄せる的な考えは関東の方は普通になさっているようだが、

おそらく居着きの絶対数もおそらく少なく、回遊系も秋以外は少ない大阪湾奥系の考え方なんでしょうか?

『回遊を一発で仕留める』的な。

おそらく

天才、藤澤周郷氏の頭の中で魚の動きと地形と潮の動きが攪拌され絶対的タイミングと絶対的トレースラインが構築されているご様子。

それまで無駄投げしない。

あの村上晴彦氏に

『アニキは海の中が全部見えている』と言わさせた、その能力。

序盤の攻防では、

博士、村岡昌憲氏の『エンヴィ125表層デイミノーづかい』(エンヴィ!ほらね!)に軍配が上がったが。

お一人であったとしたら藤澤氏が渾身の一投で仕留められていたのかもしれませんね?笑

注目ポイントその②

『藤澤さん!アーダ ガルルの20cmを作りましょうよ!』村岡氏。  

『そんなんジョイクロ投げとったらええやん』笑

このなんか、バイタリティが無いかにも捉えられかねないその言葉。

その言葉の中に

『絶対に邪道のルアーを持て余させはしない!』というポリシーを感じるのは私だけか?

邪道さんのルアー。まだ全部揃えている訳ではないのですが。

仮に全部揃えたとしましょう。まず他社製品とのキャラ被りがほとんど無く、邪道内でも無い。

だから

『買ったはいいけど持て余す』系の事が全く無い。

コレ!

私は凄い事だと思いますが、

皆さんはいかがでしょうか?

issei,村上晴彦氏,プロアングラーの天才性について

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

尊敬するプロアングラーは数知れず。

コレは私の極々勝手な物の見方ですが、

『天才タイプ』のアングラー件ルアープロデューサーと思える方が3人、

大野ゆうき氏,

藤澤周郷氏,

そしてシーバス系の方では無いが

村上春彦氏。

おそらくここまで来られるのに大変な努力をなさって来られたはず、

ソレをお3人さんに『天才』と言ってしまうのは

逆に失礼な気もするが、

なんだか努力によって絞り出された感よりも、

溢れ出るアイデアに具現化する方がが追いつかない感が漂う。

そして先のお3人さん的な『創造の天才』とはまた違うニュアンスの天才もいらっしゃる。

見習うべき、経営者像、そしてプロデューサー像

『どれだけ様々な方からの協力を得られるか?』というのが優劣の1つの大きな焦点になる例。

村岡昌憲氏や泉裕文氏も天才と言えばもちろん天才なのですが、キッチリとした、裏付けや努力の積み重ねを実らしてらっしゃる感があり、前記の資質を感じるリーダーシップを発揮されてらして、手放しの創造の天才感とはまた違うような、優れた経営者やリーダー感が漂う。

レッド中村氏や辺見哲也氏は天才というよりも『エリート』という感じであるし。

そんな中で村上晴彦氏の

『大好きな釣りを追求して、いつの間にやら創生主』

感は凄まじく。

(マァご苦労も多々お有りだったとはおもいますが)

『只々いっぱい釣りたい』と駆けずり回り、様々な工夫をしていたら、神の領域にに達した感がハンパない。

そして理論を理論として説かない。

『雰囲気』的な言葉を多用する。

そんなことより

『ナァナァ!コレヤバない?』的に我々に問われる。笑

そしてソレらは百発百中的に『ヤバイ』笑

鳥肌が立つほど『ヤバイ』笑

この動画で紹介されている

『カタクチワーム』

など、それはそれは『ヤバイ!』

もう行くとこまで行っちゃってる。

ギルフラットもしかり。

うーん?神の領域。

フックの位置がどちらも私には『!』だが。

『ホンダラ使わんで結構!』と来たら。

『スミマセン!スミマセン!つかわさせてください!』的な。笑

かと思えば、一本目の尾鷲の動画、

船長さんの指示にまるで中学生の様に

『ハ、ハイ!わかりました!そっちですね!』と、笑

エッ!

淡水なら結構な神様ですけど?もっと踏ん反り返っても誰もなんとも思わない様な偉人。

2本目の動画も愛弟子といってもいいはずの赤松氏の自由な要望を導き出し、ソレを完璧に達成してやる!的な事いわれて、そして納得行くまでいつの間にやら共同でとことん詰めていかれている。笑

これまでなされてきた偉業に対して

『んん〜〜たまたまね!』的な受け答えが多く、

我々はあの調子に飲み込まれているが、

すごいスピードで既に何周も追い越すテクノロジーの最先端を走る村上晴彦氏。

我々が見ているのは只の残像か?笑