シーバス釣り,始めるんですか?投げ釣りとの比較 2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

暖冬?なんでしょうか?

本来なら雪になる山間でもパラパラと雨が降っております。

温暖化だ!何だかんだと、

必要以上に騒ぎ立てるのもどうか?

とは思いますが、

この世の方々の関心が気候に傾き、

自然に対する慈しみが増していくのは素晴らしい事だと思います。

食べ物の安全性なども、やや騒ぎ過ぎて

「じゃぁ!何を食べたらよいのですか?!」となりそうですが。

きっと先進国の飽食期以前の、

自然で非能率的な食事が良いという結論に達するのでしょう。

 

さて!

投げ釣り師をシーバスに勧誘する話の続きですが、

本格的に『投げ釣り命!』でなさってらっしゃる方は別として、

大抵の方が、気軽だし、コスト的にも安くつくし、でやり始めた方も多かろうと思います。

実はシーバスも最初の道具さえ揃えてしまえば、ランニングコストは駐車場代ぐらいで、

ルアー自体の過剰なコレクションに陥らなければ(笑)、最安値で健康と癒しを手に入れられる、レジャーだとおもいます。

よく耳にする話では「オシャレ感がイヤ」との事ですが、釣り場ではそんな事はないし、

選択肢が多く、派手好きの方は派手な格好でできますし、地味にやる事も可能です。

シーバスよりバス界のイメージとダブってるのかもしれません。(バス界でもオシャレである必要はないですけど)

さて

「俺はルアーしかやった事がないよ!」という方。家族を持たれてお子さんを釣りに、という時、海でのとっかかりとしては、圧倒的に投げ釣りやサビキ釣りが向いています。

特に投げ釣りは置いて待つ事が出来て、お子さんのお世話をしつつも、釣り師として自分の釣果も諦めないスタイルが可能です。

最近ではルアー感覚でチョイ投げ釣りを、いつものタックルで出来る仕掛けセットたるものをフィッシングマックスさんが作っているようですし。

餌も短時間の釣りなら青イソメ又はイシゴカイを500円分で十分です。

続く

冬のシーバス,シャロー,デイゲーム,軽〜いバイブレーションででアップドリフトって。2

ようこそおこし下さいました!フミニイです!

前回、以前盛んに通っていた、鮎釣りでの出来事を思い出しました。

弱ったオトリアユをアップからフラフラと彷徨わせ、石の周りの掘れている所に入れたら大きなハスやブラックバスが掛かった。

それをヒントに、御前浜の端境の海草帯の向こう側、

元々はヨット置き場であったであろう土台周り(海草が生い茂り、その沖側が掘れていると推測される)に魚がいると想定し、そこに小さなバイブレーションをフラフラとアップからポトム近くに入れる。

そんな作戦を思いつきました。

問題は、結構な遠投が必要な事と、水没しているストラクチャーに途中のラインが引っかかるリスクが大きい事。

何か良い方法はないものかと色々考えているうちに、

思い出したのが、以前少しやっていた地磯でのグレのフカセ釣り。

グレ釣りは小さな小さな針にオキアミを大抵一匹だけ掛けて付ける。

オモリもせいぜい3Bクラス。

それを飛ばすためにフカセウキなる、中通しのウキを付け、ある程度の遠投を可能にしています。

しかもウキを支点に、流しながら仕掛けを垂直に近い角度をキープできるので、ウキをストラクチャーの奥に維持する限りラインを守る事が可能で「!」と。

アクションもリフトを少し程度で良いのなら充分可能。そうそう!グレのフカセ釣りは三年ほどおざなりになっている。古いタイプのレバーブレーキに磯用の強靭な2号ラインが巻いてありますので、それに重たい中通し浮きを通し、リーダー1.5号を短い目に結びスナップ。

スナップに10グラム程度のバイブレーション。

バイブレーションが着底したらウキが表層に上がってくる仕組み。

これをアップに大遠投。流れに任せて海草帯裏に着底させて少しだけリフト。もしくはできるなら、その辺りで浮きを支点に扇型に旋回。(無理無理!)

んんん〜ラビリンス!どちらにしても今更ナイロン使ってみますか?

絡んでイライラして終わったりして。笑