釣りの暑さ対策の裏ワザ 2

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

 

我らが地域では六甲おろしの恩恵か?

朝方は幾分、暑さがまだ、

ましになった様ですが、

この前の釣行は、本当に地獄の様な暑さでした。

今日は私が普段気をつけている、夏の体調管理の観点から様々な暑さ対策をご提案させていただきます。

私は医師ではなく、

場末のただの、釣り好きのオッさんですので

『お婆ちゃん、いや!オッさんの知恵袋』

的に、別の科学的、医学的意見と合わせて、ご判断ください。

熱中症になったり、そこまではいかなくても気分が悪くなったりしない為の大原則は、

まず

『ちゃんと汗をかく』

『汗をかいた分の水分を補給する』

事だと思います。

たまに私も思ったように汗がかけなくて、熱が身体にこもる現象になる場合があります。

涼しい間は、無駄にトイレに行かなくて良い様に、

朝方の水分を余計に摂らないよう、知らず知らずにセーブしてしまっているのですが、

暑くなると暫く汗をかいた後、水分が少なくなり汗をかかなくなります。

すると熱が身体にこもり、オーバーヒートしていく。

マァ、私の身体に関して言えばこういう、仕組みになっているわけです。

既にお気付きの方も多々いらっしゃるとは思いますが、

汗をダラダラかいているときは、トイレの用事は極めてすくなくなります。

水分補給と汗ダラダラの関係で忘れてならない大事な事は、

汗と一緒に流れてしまった

ミネラルとビタミンの補給です。

っか!

長くなり過ぎましたので

また明日!

酷暑、酷すぎる!逃げろ!御前浜が・・・!

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

世間ではこの酷暑のせいで沢山の方が亡くなったり、倒れられたりで、被害に遭われたかた心よりお見舞い申し上げます。

出来るだけ外に出る必要のない方は無駄に外に出ずにご自愛くださいませ。

しかし暑さに強く「クマムシ」か?とさえ言われた私はそんなのそっちのけで釣りに行きます。

鰯が回遊するかもと、とりあえず今日は久しぶりに芦屋浜に向かいますが、駐車場がどこも満車、結局まだイナっ子しかいないかとは思いますが御前浜に。

これだけ暑いと深場が有利か?と思ったのとチョット、ウェーダー着たくないなぁと思ったので、

陸っぱりスタイルで挑みます。二、三回アタリはありましたが乗らず、その後沈黙。

たまには対岸の様子を見てみようか?と、

ご存じ跳ね橋の橋脚狙いなどをやりますが。

ん?

・・・・?

ん〜・・・。

ヤバイ!!

逃げろ!!

照りつけられたコンクリートの上、体感温度はサウナをこえます!

俺は鉄板焼きではない。

逃げろ!!

5年ほど前、京都府、美山でこれぐらい暑い日がありその時は平気でしたが、よく考えたらウエットウェーダーで清流の鮎釣りでした。笑

上がガンガン暑くても下は冷水で晒しています。

その後新設された公園の日除けの下で思案しましたが、芦屋浜も断念し、帰路につきました。

あっ!

そうそう!

姫の妹と家臣には会いました、

この様子だと姫も元気そうですね。

一安心一安心!

以上酷暑の中、猫に会いに行った話しでした。笑

イヤイヤホント!

こんなのはひさしぶりです。

皆さん本当に気をつけてください!