沖堤シーバス、沖磯シーバスはしないの?2

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

沖堤防に渡った事は、

ない事はないです。

地元の自転車で渡し場まで行ける『武庫川一文字』

中学生の頃、よく渡りました。スンゴイ荷物で。(笑)

長らく釣りをしていると何年かに一回ぐらいの感じで、怖い目にあいます。

鮎釣りしてたら、

急に集中豪雨。

橋の下に避難。

橋近く(橋自体かも?)に落雷。

それ程近くの落雷って、

『ビシャ!ドン!』

なんてレベルではなく、

まさに

『この世の爆発』

私以外のこの世のすべてが吹き飛ぶ感覚。

空気の爆発、空間の爆発する、感覚。

怖い、危ないの次元は超えて、

たまたまこの世も私も最終的に無事だった、だけの話

 

前日『ルアルアチャンネル』

(神戸のルアー釣りテレビ番組)

のシーバス某所での釣り。

私もよく知る西宮市のサーフ。

ナイトに差し掛かり、

雷の音と光。

即中止。

関西シーバス界ではおなじみの宮川兄弟の弟さん、宮川朗氏が

「雷の中、避雷針を持ってウロついているようなものなので即中止!」と、

色々ありましょうに即、御英断。

賛成!

雷や熊など生身の人間にはどうしようもない。

即人生終わり!

これが混み合っている沖堤防と考えたら・・汗。

最悪の事態を常に想定して懸命に用心深く行動する私には、(ようはヘタレ)

『今日は沖堤防に』とは、なかなかならない。

しかし、

何年も沖堤防の渡しや、

ボート釣りを生業になさってる方は、

長年の経験でこの危うさを確実に察知なさって、

危うい日には渡さない、

出発しない。

日本の海は思いのほか万全体制。

そんな事はわかっています。

 

今私がしている話は、

須磨の海釣り公園の入場料を払って。

鉄格子の足場の上が怖くて、どうしても釣りが出来なくて帰った、オッさんの話しです。笑笑

続く

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA