続 14番サロゲート 2

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

この14番、そもそも「鰯に似せるのであれば、極細のバイブレーションをつくってやる!」と、作り始めましたが

あの頃の感覚では。「無理!」となって。

だんだんとブーメラン型に、

アイは試作段階ではバカほど空けといて、後々絞っていく作戦なのですが、

このへの字型のラインを描く4つのアイがどれも捨てがたく、

無節操な4穴式となりました。

リアから

御前浜(下げ)での、動き。

1つ目・比較的平均的なしっかり目のバイブレーション

2つ目・ロール気味の穏やかなバイブレーション

3つ目・さらにロールが強くなり、早引きではたまにちどるバイブレーション。

4つ目ウォヴリングがほぼ無く、ロールとイレギュラーを表層引きで繰り返す金属(笑)でして。

基本目玉は二つ目と三つ目なのですが、

実績的に、一つ目はシャローのチヌキラー、

四つ目は鯖(青物)キラーとなっております。(ねっ!どれも塞げないでしょ?)

四つのアイを綺麗に残すとモデナを纏わせるとき、とても手間が増えるのですが、出来てしまえば、どのアイも便利なので。

ただ、

作る上での困りごと、型がブーメラン形、セットする鉛も幾分ブーメラン形になり。

真っ直ぐ進まない失敗作も出来やすいですし、

成功作も、8番同様繊細なので、妙な潮荒れがあると、操作不能になる事があります。

マァ、この辺も、そのうち型流しにしていったり、

ちゃんとしたプロの工房に依頼すれば概ね解決することでしょう。

どちらにしてもこのデリケートで神経質なバランスが持ち味ですし、高実績の理由でしょうから、

そこは保ちながら磨き上げたいと思ってはおります。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA