issei,G.Cミノー,別冊,その秘密に迫る 4

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

別にまた、釣行記も書くつもりですので、詳しくはなんなのですが、

今日は南甲子園浜へ、

やっぱり冬ですねぇ!

北風がビュンビュンと結構な勢い。

ない事に南甲子園浜は北向きに投げる事が多い。

キャストする事に何のネガもないと申しておりました、大絶賛中の8g、89mmのG.Cミノー。

さすがに向かい風の強風下ではやはりミノーですね。

しかし風に乗せたらジグ並に飛びはりました!笑 

さて!

私的に楽しい釣りを満喫する為に外せないのは『引き感』何ならルアーに最も求めている要素と言っていいかと思います。で!

デイゲーム専門の私的に

この世のシーバスルアーの引き感はナイトゲームのスロー引きにも対応可能な汎用性を考慮されているものがほとんどで、

中速以上が主要のデイゲームでの使用下では重たく感じたり、水押しし過ぎだと思うことが私的には多いです。

最新型のミノーが水噛みや水押しをかなり意識していることは明白で、

まぁ、そんなこんなでドリフトやジャークメソッドがより進化していき

その功により、たくさんのシーバス釣りあげられた方も大勢いらっしゃると思います。

しかしながらそもそもジャクソンさんのアスリートなど

歴史ある殿堂入り系ミノーって飛距離的な時代感はあるにせよ、デイゲームのスピード感でもサクサク泳ぐ物は多いように思います。

で、

話はG.Cミノーに戻り、

リップ付きミノーとしてはかなりサクサクと推進します。

引き重りとはほぼ無縁。

そしてちゃんと潜る。

そしてジャークに対する反応がまたよろしい。

強くジャークすると上向きにひるがえり、

弱い目にジャークすると横方向にダート、

そしてリトリーブ時は強すぎない波動を出しながら軽やかにレンジキープ。

なんと言ってもほぼサスペンドなので止め放題。

そして軽やかなので色んなスピードで巻き放題。

今日はディープ系の釣り場だったので狙いどころが表層系の部類に入りますが、

シャローなんかで扱うとしっかり入る系に。

基本バスルアーですが、

シーバスウェーディングなんかする人には是非試して頂きたい、変幻自在のミノーです。

ちなみにうたわれているセミフラットボディーこの切れ込んだ腹側の形状が心地よい水切れの要素の一つであると思います、自作ミノーでも参考にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA