バミューダ4,自作スイムベイト,グネングネンでビロンビロン。笑

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ナイト系ではバチ抜け云々の時期に突入しているのだとか。

私的には、どデイゲーム専門のの世界観とて、この時期スズキはん的には細手のルアーを好む傾向にあるようで、

良く良く考えたらバチ抜けシーズンにワームをシノゴノ言わんのは何だか勿体ない様な気がするが、

冬〜初春は超ライトタックルでミニワームの釣りが主流?

おそらく、ワームのジグヘッドリグの極端な前方重心が漂わせるアプローチを困難にしているのと、

デカ針単発しかも手前、しかも上向きと言うフッキング率の悪さ、

そして何より小さなアタリを拾う様な感度が得られにくい海的ジグヘッド沙汰の現行システムでは、いくらワーム自体に何かが接触してもわかりにくい。

んで、半信半疑な小アタリでも吸い込まれる確立の高い、軽々・ミニミニセットが確立的にいいのはわかるけれど、

正直、その釣り、勘弁して欲しい。笑

 

イミテートの呪縛を外す

バス釣りと違ってシーバスの場合、

そのルアーが何をイメージして造形しているのか?が

ハッキリしている傾向がにあるが、

よくよく考えたらスピンテールジグとか

一匹か二匹かどっだ?的な造形で有るし、

コレ、

いかにも美味しそうで有れば、

この世に有り得ないとか、

マッチザベイト的に反するとか、ある程度ありかな?というのが最近の私の感想。

そもそも、チニングなどで使う小さなエビ型ワームとか、

キモはハサミの漂い方だったりするが、

そもそも、

海でハサミを掲げて海底を漂うのは蟹で、

日本のしかも、大阪湾の湾奥にザリガニ状の大きなハサミを持ったエビはいない。(ハズ?)笑 

逆に

海毛虫やハオコゼ何かを食ったら良くない的なトラウマ的習性が有るだけで、

スズキはんもチヌはんも、何となくの全体イメージで

かじるか?どうか?決めているような気がする。

 

美味しそう,艶かしい,キショイを極めたい!

んで、

バミューダシリーズの第四弾といたしましては、

グネングネンシャッドのグネングネン感とビロンビロン感がどれだけスズキはんの気を引くのか徹底検証すべく、

このグネングネン、ビロビロ感をジグヘッドでは無くスイムベイトとしてテールフック沙汰にしたい!んで、

こう?

 

水中をフッキング確立とか、リグの保守とか何も気にせず、なんならレンジだけ保って置いたり、流したりしてやろうか?と着手。笑 

バミューダシリーズのリアフックは、IIを除き、

ちなみにバミューダII

ワームの中を通したアシストラインを波状にキープしながら潜らせて、しっぽ近くで仮止めしておく作戦。

ゆえにスリットを上下につけないといけないので、ワームマテリアルのバリ状ビロンピロンは下腹部からハの字型に設置。

いずれにせよチョットした水の動きでビロンビロンとはためく仕組み。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA