とりあえず始めるための道具

私を海のルアーフィッシングに導いて下さったのは、コアマンの泉裕文氏とメジャークラフトの広瀬達樹氏です。

以前は鮎釣りと地磯でのコマセ釣をメインでやっていましたので。

播州は室津という土地が歴史深く、景色も良く、出会う方々のお人柄も良く、アフターの食事処も秀逸で、私の家からは少し遠いですが、釣り、癒されに結構お邪魔しておりました。

ご存知のように泉裕文氏はシマノさんのアドバイザーも兼任なさってらして、シマノさんのルアーを使ってその室津でシーバスをデイゲームで釣るというロケ番組をなさってたのです。

見慣れた海でスズキをいとも簡単に釣り上げる、ユニークで礼儀正しい釣り人。

まさかシーバス界の偉人とも知らず。

会社が実家の近くともしらず。

最初はそんな印象でした。

そしてメジャークラフトの広瀬達樹氏はサンテレビという、兵庫県のローカル局の釣り番組の絶対的スターであって、あの方のガイドでルアーフィッシングに触れた方は関西では非常に多いと思います。

よって、私の最初のルアー竿はメジャークラフトのファーストキャストのシーバスモデルのミディアムとなりました。それは今でも重たいルアー用としてバリバリの現役でつかっています。

最初は大場所でライトショアジギングを主にするつもりで汎用性が高くロングキャストもしやすく、大物にも負けない10フィート(約3メートル )ルアーロッドとしては長い部類のものにしました。

しかしそれでは疲れやすいのでは?ということで、いまのメインロッドは三代目クロステージの9.6フィートのmlに収まっています。

前者は6000円を超えるぐらい、後者は1万円を超えるぐらいでセールの時はもっと安いです。

スズキはおろかコタツの天板程のナルトビエイとの死闘(大袈裟 )を幾度となく繰り広げましたが竿がどうのこうのという不満は一切ありません。因みに0,5mmのステンレスのバイブレーションのアイもびくともしない。折れるとすれば針です。

竿の感度うんぬんは、上には上があるという程度のもので釣を楽しむにはこれで十分だと思います。

魚を逃さないように釣るには、竿以上にリールの役割、特にドラグ(糸が切れない様に大きな力に対して糸が少しづつ出て行く仕組み )性能が重要だと私は思っています。

最初はダイワのレブロスの2500番手ぐらいでいいとおもいます。大体6000円位です。

もっと安いので使えるものと、聞かれたら、私が知っているのはポイントのオリジナルリール、ブリオの2000番でもいけると思います。これなら4千円せずにドラグの微調整が出来ます。

得体の知れないリールを使うと大きいのが釣れた時必ず後悔します。

ライン( 糸)は最初は1.2号のpeラインがおすすめです、メーカーはよつあみのGソールx8が間違いないと思います。x4の方が安いですが頑張ってx8の方をつけることをとてもオススメします。とてもとても扱いやすいです。

糸は細ければ細い程いいに決まってるのですが、微々たるキャストしやすさと、微々たる警戒の軽減と言う感じで、トラブルで3000円代の出費を頻繁に繰り返すのを回避するのであれば、最初の糸は「1,2号にしといたら!!」と強くオススメします。

もちろん少し高くなりますが200mを巻く事をお勧めします。次の巻き直しまでの時間が長くなります。(笑)

リーダー(ハリス、又は力糸に値するもの)は3.5号ぐらいが妥当だと思います。わたしは東レのfxという、汎用ハリスが柔らかくてリーズナブルで結びやすいので愛用しています。

スナップはエバーグリーンのE.Gワイドスナップを愛用しています。幅広かつコンパクトなので目立たない割にはルアーの拘束が無く、ポテンシャルを最大限に発揮できます。

 

2月6日、香櫨園浜出撃!その後

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

「マンモスが絶滅したのは、暖がとれなかったからだ!」と、自分に言い聞かせて、今年未だ見ぬシーバスを求めて、再開です。

「心頭滅却すれば寒気もまた、温し。要は気合、要は気合!」と、再開です。

冷たい風が更に冷たく、強くなってるではありませんか!

ただでなくとも根ガカリの多い浜の東よりの底付近を玉砕覚悟でゆっくり目で探ります。

あまりの寒さに温度変化に強い化け物もガタガタ震えルアーに巧妙なアクションが加えられていたことでしょう。

しかし、それと釣果は話が別のようです。

自分の元気さを過信し、手袋なし、重ね着なしで出かけたことが災いしてます。

こんなことなら「もうあなた歳を考えて養生しないと・・・・!」という、家内の助言をもっと聞いていれば良かったと海辺の神に懺悔するのでした。

「もうおそいわぁ~ぁ~!!!」と、海辺の神。

冷たい風は、「どっど~お~~ん」から

「ピュー!ビュンビュン!ゴ~ォ~ン!ゴオンゴン」

に変わります。

結構な晴れ間で太陽は燦燦と輝いているのですが、そんなものでは追いつきません。

こういう日は濡れタオルでも回して遊ぶべきです。

人類がみんな私の格好でここで三時間釣りをしたら、マンモスのように絶滅することでしょう。

自作ラバー付き海老バイブ(完成したら公開しますね)におそらく二回ほどチヌらしきアタリがありましたがお尻のラバーを二回取られただけでした。

絵にかいたような過酷な状況の中、逆になぜか終始、半笑いで挑んだ、厳寒の中で釣れてこそ価値ある一匹を真剣に釣るための釣でしたが、試合開始1時間半、技名『冷風さらし』であえなくタップとなりました。この負けでチャンピオン『海老まき釣』はシラサエビ代に悩まされながらも見事、防衛となりました。

ぼくの大事なルアーたちは今日もスズキに襲われることなく、無事タックルボックスに帰還いたしました。

シーバスルアーフィッシングノススメ

こんにちはフミニィです。ようこそおこしくださいました。

今日はまだシーバスフイッシング、ルアーフイッシングをまだしていない、もしくは他の釣りをしているけど、シーバスをやってみたい的な方々に向けた私なりのメッセージをお送りしようと思っています。

昔々、釣り入門たる子供向けハウツー本で様々な釣りの取っ掛かりを得て、川に海に基本自転車で繰り出し様々な釣りをしたものです。
フナ釣は流されるウキの微妙な動きとノベ竿を限界まで活用する楽しさにあふれ。
投げ釣りはおもりと竿の関係、底の変化をいかに攻めるか、どれぐらい飛ばせるか、とか。

多々面白い釣をさせて頂きましたが、『食べられる大物』に至らず、『次はシーバス』となった訳です。
当時から関西の超メジャーフィールド(人気釣り場)武庫川河口に自転車で1時間ほどかけて友と大物を夢見ていきました。
当時の仕掛けと言ったら投げ竿に8号のナイロン糸20号ほどのジェットテンビン(投げ釣り用の良く飛ぶ仕掛け。水底でオモリが立ちテコの原理で向こう合わせができるというもの)に5号ぐらいのハリスを半ヒロくくり10センチ位のミノーをつけるというもので、今思えばよほどの何もない砂地でもない限り秒殺であるとわかるのですが当時は『釣り入門』を信じていましたので、そのまま素直に・・・。
もちろんお小遣いはたいて3個づつ友と一緒に購入したミノー及びにジェットテンビンは30分ともたずすべて消失。
『僕らが手を出す釣りではない!』と思うのは当然で、寂しく武庫川河口をあとにしました。

あれからかなりの月日を経てユーチューブを開けば、コアマンの泉裕文氏、メジャークラフトの広瀬達樹氏などの方々が見覚えのある海でシーバスやハマチをポンポン釣られているではありませんか!
当時、夏はアユ釣り、冬は地磯でグレ狙いという釣りスケジュールでしたが、方々のせいで(もとい、おかげで、笑)『食べられる大物』狙い志向が再燃してしまいました。

今は季節的にデイゲームはシーズンオフに近い状態ですが、今のうちに様々な知識をユーチューブやブログなどで得て、ぼちぼちと海に繰り出しませんか?

ソルトゲーム(海でのルアー釣り)界の偉人ともいわれる方のノウハウを吸収されて、こんがらがったら、いつでもサロゲートのゆるゆる、楽観的、楽しめば良い的ページで一息ついて下さい。

リーズナブル、荷物少ない、近場オーケー、中高年の方にはゆっくり歩きまわるということで、健康面での効果も大いに期待できます。(私のように)
                             続く

初めましてsurrogateのfuminyと申します。

記念すべき第一回目の投稿でございます、宜しくお願いします。

なにぶん、ド初心者の私にはシーズンオフに限りなく近い状況で・・。

昨年末の、南芦屋浜でのデイ・サゴシand太刀魚を最後に今年はまだ釣りには行っておりません。

シャロー(浅いところ)メインの私には冬の澄潮は圧倒的に不利で、この寒さもオッサンにはちょっときついです。

しかしながら次休日には『釣れない』覚悟で我が釣りを謳歌しようと思います。

(釣れたらラッキーぐらいの感じで)

ついでに渋る妻を引っ張り出して写真もいくらか撮るつもりです。

(魚が写っていればいいのですが・・・)

西宮(北部)に住んでおりますので頻繁に行きますのは、芦屋、西宮他、基本、兵庫県です。

西宮の海も高度経済成長期の犠牲になりかなり汚れてしまいましたが、私が見る限り段々と綺麗に(マシに)なってきていると思います。

もともと西宮の海は明石をも凌駕する漁場であったらしく、たまに魚をいただいてみるとき、『なるほどな!』と思うことも多々あります。(基本的には西宮の魚は食べませんが)

それはさておき、西宮、芦屋間のフィールド(釣り場所)はマリンスポーツと多々かぶるという欠点(有利になる場合も)がありますが、

駐車代金もリーズナブル、

たいがい綺麗なおトイレ完備、

清潔で明るい雰囲気のところが多く、

危ないところが少ない、

その割にはよほどのハイシーズンでない限りバカ混みしない、

魚影もそこそこ、

ですので近くにお住まいの方で、

『子供のころよく釣りをした、でも今は・・。』

『~釣りをしているが、持ち帰る釣果と餌の臭いに奥さんがそろそろ怒るかも・・。』

『インターネット動画などでシーバス釣りが面白そうなのだけどどこに行けばよいかわからない・・・。』

なんて方は、西宮、芦屋間でのスタートがおすすめです。

身軽な装備で、短時間、サッと帰り、サッといつもの暮らし。

柔軟で楽しく健康的な釣りのお手伝いが出来ればさいわいです。

宜しくお願いします。