第六話,自作超ミニスピン,一口スピンII,南甲子園浜,テスト

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

前回の続きです。

その日の阪神間は結構な雨で、雨具マストな状態。

寒いか暑いかわからぬ季節感。逆に丁度良いてなモンで、

久々のカッパ上下装備。

今年は雨多い。

自称・天下御免の晴れ男も肩なし。笑 難しい、サイズ的には3Lマストであるが、

丈的にはLで充分な私。笑 

裾を踏んで何度もこけそうになる。

かわいそうな雨具。爆 

超ミニスピンIIは10gをクリア。

っとその前に

幾分暖かくなった昨今。

トップを試したくなった。っと

『V-fun』

チョット丁寧気味に表層ウネウネを繰り返す。

まだまだタッチとか反応とか小さくて分からん。

でも彼の出番でいつか大アリで有るだろう。

 

そして一口スピンII

 先ずはステンレス・ブレードバージョン。

投げ感は申し分無し!

しかしブレード部分の空気抵抗って

10gっていう感じ、凌駕する感は想定より薄い。

コレが13gとかになると

空気抵抗丸無視感が出るんだろう。

いずれにせよそれも贅沢な願望で逆に

45mm10gのルアーとして非常識な飛距離である事には違いない。

着水。

そしてフリーフォール。

結構な小ささの

ほぼ鉛の塊。

スラスラスラスラっと沈下するのが気持ちいい。

手の感覚からブレードは回っていないか、ゆっくり愛想程度に回っているだけな模様。

ココ極端な前傾を嫌った結果。

想定内チャァ想定内。

ラインを貼ってテンションフォールに切り替えると回転が手元に伝わる。

先程のフリー時にトラブルが起きて無い証。

第一関門突破。

コレ、一般的なスピンテールの鬼門で、

投げっぱなしフリーフォールなんてスピンテールのご法度である。

しかしノントラブルを目指す

一口スピンII。

ココクリアです。

この世のスピンテールって沈下に関しては『見せ沈下』がマストで

スピンが水を噛んじゃうために、

沈めて巻いて的繰り返しが、

一連の動作としてダラダラしてしまう。

ここスラスラ繰り返せるだけで。

一口スピンIIの大きな収穫である。

一口スピンIIが海中のまま、

続く。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA