南芦屋浜,釣行記,ツガミはツガミであるという結論

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

創造・創作アルアル

捏ねくり回した結果、

シンプルて単純な事が

最良の結果をもたらすなんて事は多々ある。

元クロカモ・ツガミは

結局ルアーとしてシンプルかつ斬新な結果を生み出した。

 

背アイ・前方固定重心の権化であるバイブレーションという物が、

飛距離的に全く問題無く気持ち良く飛ぶ事は皆さんご存知の事実だと思うのですが、

その飛距離と扱いやすさたるや、別にミノーを必須としないタイプの時間帯や釣り場では、

ミノーの重心移動の論議自体が空虚に思える事すらある訳で。

コレ、背アイの本領としてレンジが入っていく事も一つの大きな優位性で、

背アイルアーを表層辺りでアクションさせたければ

縦竿でテンションかけて巻いてこなくてはならない仕上がりのブツがほとんどな訳であって、

ミノー作りでレンジを入れるためにリップを四苦八苦したりする事に意義は充分有るとしても、

時に馬鹿らしい気持ちになるほど。

 

背アイ系ルアーってグングン下の方でレンジキープしてくれるんである。

 

んで、

バイブレーションを水平にしようとか、

マユシリーズなら大き過ぎるスラロームを抑えようとか

色々工夫を繰り返して来たし、

シンキングミノーなんて一度浮こうとしているものを一旦沈むように調整して、

レンジが入った、アクションがどう?と弄り倒す日々。

 

しかし、

創造の基本姿勢って一旦

無に戻して、一からアプローチにし直すと、

以前は考え得なかった、

元もこうも無い、斬新且つシンプルな構造にたどり着く事があるんです。

 

構造を一新して名前も変えて・・・

半ば奇跡のアクションであったクロカモの挙動。

それを安定して再現すべく、

一から構造を考察してツガミを作った。

クロカモ自体スローに巻いた時の挙動はマユのスラロームそのもので、速く巻くとバイブレーションというやつ。

そしてそれをシンプルに再現せんと、調整しながら組み立てて行こうと挑んだ、

ツガミtake1

コレ、お風呂テストの範疇では、別に想定内の動きだし、

何十メートルという距離感とある程度の水深、

そして海水の比重有っての出来栄えの結論となる。

それにお風呂テスト自体、針無しでやる事も多いし、

粘土が乾わいていない状態ゆえ、完成品より比重が重かったりしている事もあるので、

海でのテストを終えるまで、なんとも言えないと言えば言えないのです。

 

んで、南芦屋浜 

大きさといい形といいなんだかいつに無くスマートなツガミ。

キャスト!

飛ぶ事は間違いないし、浮き上がりも遅く、

シンペンと言うよりはメタルバイブの使用感。

ルアーは中層辺りに自動的にガッツリ入る。

ゆうても背アイより前の頭の部分は円錐形というかショウリョウバッタの頭に似た状態。

背アイより前は

真っ直ぐでワイドなリップが有るといっても過言ではない状況。

水を受けて、コレはバイブレーション的な原理でボディは揺動する。

バイブレーションと違う所は揺動された側のボディ後半がややひしゃげた横広型になっていて、

しかもフロントフックアイを起点にだんだん細くなっているので、

上からの水圧は受けやすいが、揺動に対して抵抗は少ない。

しかしバイブレーションの様にその部分にはウエイトを配していないのでゆっくり巻いている間はユラユラ・フラフラした感じである。

 

ツガミの代と言うか、構造になって 

ツガミの代と言うか、構造になって、特筆すべきは巻きスピードを上げた時。

クロカモにしても、クノイチにしても、その変化はいきなり始まるが、

ツガミの場合は

巻きのスピード感に合わせて徐々に揺動のスピード感が速くなってバイブレーションに近づいていく。

結果ボディ後半が水を叩くまでのパワーが無く、微妙に支点がズレるギリスラロームの尻振りのピッチを速めて、最終的に『ほぼバイブレーション』となっていくのです。

イャァ、コレ!クロカモでは無く、

新しい価値観が産まれたんではないでしょうか?

30番サロゲート 兼マユシリーズ三男。

『津神(ツガミ)』の誕生です。笑 

21番サロゲート の仕上げと、名前を変える問題は後回しで。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA