自作バイブ・ペンシル,30番サロゲート ,津神(ツガミ)

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

クロカモの蒸し返し・完成形作りをやろうと根底から考え直し、

さっさとプレを作り、投げたブツは、クロカモにはならなかったけれど、

あれっ?的なルアーになる。

 

これ、7番サロゲート ズーの蒸し返しでも繰り返している事で、

行っちゃえば、

マガタマ(10番)・アイドマ(11番)・コンマ(20番)って、

ズーになれなかったズーとも言える訳で。

しかしそれらは決して失敗作ではなくなって、それぞれを光を燦々と放ったりして。

 

イャァ、クロカモもそんな幻の母みたいな位置付けになっちゃうのか?的な。笑 

 

巻きスピードと揺動スピードの完全リンクという異常

宇宙系・天文系に興味が有る方なら、月の公転と自転は地球にいつも一定の方向を向ける様になっていて、それが不思議で有るとなっていたが、

何の事は無い、長い事地球に引っ張られて、月自体が伸びているらしい。

完全前方固定重心のツガミの場合、ゆっくり巻くとゆっくりと揺動する。

ロールはほぼ無くウォブリング と言うか、尻振りのみの動きで、支点は微妙にはズレるが

ほぼシンペンムーブに近い感じ。って言うかスラロームちゃぁスラロームでも有る感じ。

この振りスピードが巻きスピードを上げるにつれて、徐々に速くなっていく。(車のcat みたいに徐々に。)

この変化は大きさはほぼ変わらず、速さだけが変わるのがキモの感じで、不自然なリップやらなんやらが無い状態だからこそのスーパー自然な尻振り沙汰となっている模様。

 

オモリの位置を変えずに重たくしてみると 

んで、スーパーパイロットとなる予感のツガミ。

どうせなら完全大遠投仕様にできないか?となるのが人情。笑 

2号の割菱を3号にすると、3g以上ウエイトアップするわけで、早速試してみる。

ツガミtake2。

な!何と!

ウエイトアップする事により、揺動の振り自体がめっちゃ速くなっているではないですか!

針を付けて、海で投げるとどうなるん? 

take1でほぼ出来上がってしまっているツガミ。

イヤイヤ!

コレまだ見ぬ可能性が沢山秘められている予感です。

逆にライトバージョンならどうなるん?笑 

続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA