第二話,基本も忠実に?メタルボディでぶん投げる!

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

私が最初に海のルアー釣りを始めたのは、ライトショアジギングというやつで、

長竿,硬竿に40gクラスの後方重心メタルジグを付けて、大海にぶん投げる!的な。

そのスポーツ感・爽快感は格別!

なんならチョット海を支配した気分にすらなれる。笑 

しかしシーバスというものに注目していくと、

ジグでは無理と思える場面が沢山あって、メタルバイブを知る。

しかしこれも有効性は限定されているタイミングも。

 

そして

様々なパターンを知る。

 

メタルジグがシーバスに効かない時って、

大半がその荒さに問題があって、

それは尻下がりの事だったり、

オーバーパワーのことだったり。

急沈下の事だったり。

 

例えば20g代のバイブレーションプラグで有ればおとなしく中層を中速引き出来る様なブツもあるわけで。

 

遠投・中距離・近距離の分類って、

何某かの妥協の元に成り立っている。

 

中層や表層でフワフワ操作したければ、大遠投は諦めるとか。

 

メタルは潔く全メタルという漢気から離脱してみる?

マユシリーズが調整して作れる様になり、

今度は逆にマユシリーズの沈下って

もっとスピード感があってもいいなと思う場面がある。

これ、バイブレーションプラグからメタルバイブに付け替える心理に似ていて、

メタル系を扱う時の釣りのリズムを

ミノーなりシンペンなりに求めるタイミングってかなり多い。

そんな中、デイミノーとかマユシリーズがそれを満たすべく色々ある訳なんですが、

作者的にはミノーやシンペンの改良的な話であって、金属の塊を、操作しやすく作る事とは別次元の事なんです。

んで、

例えばメタルルアーがメタル100%でないといけない理由はないと最近気付く。

メタルの圧倒的な飛距離の恩恵さえ有れば、

例えば樹脂のフィンとかリップが付いていても、それが反則だという方はいないと思う、

ただリップやフィンやリブ的なものって、空中でも空気抵抗となり、

飛距離の障壁になりうる。

 

例えばバルブとか弁という発想 

生き物の血流は必ず一方方向を維持するわけで、

時には逆流とかいうことはありえない。

これ心臓から送られた血が

弁の抵抗のない血管に流れるからであって、

逆流しようたって、弁は閉じてしまうので

引かれたレールの上をなぞる様に

血流は一方方向に規則正しく流れざるをえない状況になっている。笑 

弁ったって本来完璧に密封されているわけでも無く、

丸い血管内にリップのような物がニョッと出ているだけ。笑 

問題はそのリップ的なものを囲う血管の円柱型にあるわけで、

例えば弁の裏から来るものに対しては何もないかの様に筒の中を流れる仕組み。(バルブというのもそんな仕組みの物が多い)

だからデイミノーシリーズの様に

投げたらお尻を頭にして飛んで行く仕組みのブツには飛距離のネガはどんなリップを付けても余り無い。

そして着水したら方向は逆になって、弁(リップ)が有効になるという仕組み。笑

例えばツガミの場合 

30番サロゲート にして、マユシリーズ三男の『ツガミ』

コレ、実質上のカテゴリー分けをしたらほぼほぼミノーで、ミノーとなってくると尺的に短かったら『クランク』であるわけで、

そのリップを取ったら『リップレスクランク(バイブレーション・プラグ)』になるわけで、実の所、ルアーの分類って元々は機能で無く

その形状の傾向を指していた訳であるので、

コレは動き的にバイブレーションでは無くミノーだ!なんていう論議は元々はナンセンスだったりするわけだ。

 

チョット脱線、大いに脱線。笑

去年のM1で優勝されたマジカルラブリーさん、

あれは漫才か?否か?なんていう論議があるけれど、

古くは大大師匠の

『漫画トリオ』の方々なんて、

パンパカパーンなんて言ったらあとはほぼほぼコントな訳で、笑、

サンドイッチマンのお二人の漫才もほぼほぼコントな訳で、

そもそも漫才って、鼓を叩いたりしながらユニークな話をしていくのが、

エンタツアチャコさん辺りから会話の不条理を転がしたりし始めて・・・。

んで、喜劇をコンパクトに切り取ったブツがコントと言われているようだが、

もう違いは、

正気に戻るか?ボケたまま終わるか?の違いだけ?の状態であって、

ツッコミが場を閉じるか、

ツッコミが放り投げるか?の違いであって、

観客がいる事を演者が意識している前提か?観客はいない前提か?の違いであって。

アレが漫才で無いと言うなら決勝に出て来た時点で矛盾するのに・・・。

脱線したまま次回に続く。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA