続々,邪道,冷斬,レザン,ヤット会えた!

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

普通にミノーとして使える

『レザン20』(といってもシンペンに近いかも?)

水噛みして、なおかつ、水切れもあるルアーなど、いくつもない。

となると広大系エリアでバイブレーションが効かない時に活躍するのは明白。

デッドスロー必須時でもない限りけっこう、というか、かなりレザンの出番は多いのではないか?

しかも価格が800円しないなんて?

チョットええルアー1つの出費で

3つ買えますがな?

しかも普通のミノーと違ってジグ的にも使える。

(逆!逆!)  

そしてスプラッシュも出来るんですよ!

(本職!本職!)

マァ!

ジグと認めたとしても。

(認めてなかったんカァーィ!)

表層中速リトリーブからのテンション抜きフォールなど、他のルアーでは出来得ない芸当。

(ほら他のでやったら100パーセントエビるし)

いわゆる大遠投して任意のポイントに到着したら、岸ジギの様にリアクション落としも出来る。

しかも、エビりにくい。って!

リトリーブ時に上の動画はやや尻下がりに巻かれているが、

ダウンで巻いてくればほぼ姿勢は水平で、水を噛みながら無駄に表層に行きたがらない。

ルアーの水平や、レンジの微調整を重要視する、巻き巻き丸さんも満足されるであろう。

シーバス狙いでジグを使わない原因はほぼ解消されてしまっている。

それならこの圧倒的な飛距離とスピーディなフラッシングの集魚力を活用しない理由はあるだろうか?  

特に大遠投ブルブル丸はブルブルでない時に、

大遠投ユラユラ丸に変身してしまい、変身後はなかなか元に戻れない予感がする。笑

もしかしたら藤澤周郷氏ったら、

元も子もないルアーを開発しちゃったのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA