第三話,自作ミノー,『カマキリ』,御前浜釣行記

ようこそおこしいただきました!フミニイです!

ルアー作りって、作る方は極々繊細に様々な微調整を繰り返さなければならないが、

使う段階になると、かなりのキャパを用意しとかないと、

自然の振る舞いに対応できず、想像している使い勝手は出ない。

コレはこんなルアーとテメエで勝手に決めつける訳ですが、釣り場の状況で全く変わっていたりする。

『タイトバタバタ&チドリぶっ飛びミノー』と化した

『1番デイミノー・カマキリ』私の最近の創作は常に作者の意図を超えて来る。

『無知は有智に勝る』とどなたかが良く言ってらしたが、

最近その言葉が負け惜しみなんかでは無く、

無垢に対峙する清らかさを称賛する、ポジティブな言葉に思えてきた。

飛ばない物を飛ぶように工夫するのではなく、

飛ぶ物を理想的に動かす。

デイミノーのテーマであるが、

理想の動きという物が意図せず発動する。

快楽以外の何者でもない。笑 

『こじんまりバタバタ&チドリ』

中々意図して出せるものでは無い。

さて!ルアー自体は極々繊細で武庫川では100点に近い使い勝手を得た。

幸運にも作者の想定からズレてはいるものの、

いきなり完成。笑 

 

そして検証するは塩分濃度3.5%の壁。

 

御前浜へ!

たかだか1kg・1Lの水の中に35gの塩が入っているだけの海水(正確には965g・965cc) この壁は難なくクリアしないといけない。

いわゆる『重たい水』にもキビキビと動く様に。

御前浜に到着。

さすがに緊急事態宣言解除で市営駐車場は復活。

ここに止めるとトイレが目の前で、着替える直前にトイレを念押しする事ができる。

ウェーダー履いてからのトイレは何かと厄介で面倒。

ついつい我慢してしまって、私が緊急事態宣言になってしまう。爆 

車を出ると暴風!

南の風だ!

南の風は暖かくなるので悪くは無いけれど、

ルアーが飛ばないし、

沖のアラが全部岸にやってくる。

案の定、有り得ないゴミが打ち上げられている。

コレ!訳もわからず

『御前浜の利用者はマナーが悪い!』なんて言うなかれ!

四国や淡路島のゴミもここに集まる。

嫌なものも、

有り難い神様も西宮の浜に打ち上げられるのです。

だからこそ西宮は神聖な土地なんです。

チュウてから取り敢えず、

カラーリングしたセンジュのテスト。

45度に高らかにキャスト!

手前にポチャン!

イヤイヤイヤ!だから暴風だって!

コレだからバイブレーション野郎はいかん!

向い風の時は低い弾道でキャストが基本なのに、

今まで免除されて来てる感。

基本に忠実にキャストしたら飛びます、飛びます!

そしていよいよカマキリ。

センジュより明らかなオモリの量。

暴風なんてへっちゃら!

ぶっ飛び感はO.K!

動きは?んん?やはり大味になる。

バタバタの発動が遅い!

んんんん?

リップをやや大きく、

バルサをやや高比重の素材に?

オモリを追加して、やや後方に配置?

ってところか?

チュウテも川で見たバタバタ感が頭に有るからで、コレはコレで良し!

帰りに武庫川の完全淡水下で確認。

やはりこの環境ではバタバタの発動は早い。

淡水下ではもっとバタバタしていい様なモンだし、

んん?コレは拘って磨き上げるしか無い。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA