ワームバイブレーション,ジョイントバイブレーション,自作バイブレーション

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ワームバイブレーション『ドッペル』の基本構造が完成しました。

思えばジョイントバイブレーションも15番・18番と取り組んでいて、

ボディが自由で有る事とバイブレーションの波動が発生する事は、ある部分で相反する要素が沢山あり、

ある時はジョイントの意味が無くなったり、

ある時はバイブレーションでなくなったり、

苦労して3分割のジョイント仕様にしているにも関わらず、只々直進するだけだったり。

この世にワームバイブレーションやジョイントバイブレーションが余り無い理由を

痛感する瞬間を何度も味わいました。笑 

 

バイブレーションが放つ

アピール力抜群の波動ちゅう奴は、

ボディの側面、いわゆるメタルバイブなら鉄板の部分に水が当たる(水を跳ね返す)事から発生している訳で、

コレが完全に水を受け流すとバイブレーションとしての波動は発生し辛くなります。

しかも自動的に尻尾が左右に揺れるシャッドテールワームにそのバランスを施した所で、

バイブレーションの機能を発動する以前にボディが横に傾いたりするので、デタラメなアクション挙動が現れ、ルアーとは言い難いブツを幾度と無く完成させてしまいました。

長い長い

『柔軟ボディバイブ沙汰珍道中』で

失敗を繰り返し気づいた事は、

 

① ボディが自由過ぎると成立しない。特に上下。

左右も自由に曲がり過ぎると成立しない。

 

リアフックが左右に自由に揺れる事により、水を噛み、

左右の動きに抵抗が出来る。

より強い力で左右に動かすか、

リアフック辺りを軸として、柔軟な部分が動くバランスが必要。

 

③ ワームの場合、尾にあたる部分は余り曲がらず、胴体が制限の中で曲がるようにバランスを調整すればS字起動を発動しながら波動を出しうる。

 

④ 前傾姿勢が極端だとボディのシェイプを真っ直ぐには出来ず、引力により『うの字』になってしまう。

ソレを防ぐ為に扇状にカットしたところでルアー全体の造形は普通の接続方法では保てなくなる。


リアフックの設置も厄介。だからこの世にない?

バイブレーションとボディが自由な事が仲良く成立し難いのにプラスして、

もう一つの問題はリアフック。

スピンテールジグなんかの『ブレードバイト』なんちゅう言葉が今では死語になりそうなぐらい、スピンテールのフックは進化しましたが、

ワームとて『テールバイト』何ちゅうのがあって

シーバスやチヌのデイゲームのスピード感の中では日常茶飯事なんです。特にシャロー御前浜では。

なのに、テール周辺にフックを装着してしまうと

自由に動かせられるはずのテールに水の抵抗が出来てしまって、そんなゴムはピーンと伸びきろうとしてしまう事が多く、

決してウネウネと蛇行するなんてブツにならない。

 

ナイフで真っ直ぐに切れないモノの切り方 

茹で卵とか羊羹とか、ネットリした食べ物をスパッと切るのには釣り糸が良いのだとか。

何が言いたいかと言うと

仮にワームの中にラインを忍ばせてリアフックにくくりつけていると

普通の感覚では、潜らせているマテリアルの中から魚がフッキングした時に力がかかり、縦にパックリ割れてお陀仏となる。笑

ワームたるモノ一回のバイトでダメになる事は少なくないが

ダメ必至となると

『なんか他にアイデアないかな?』となる。

しかも

フロロやナイロンって、細めた所でゴム状のマテリアルに比べたらブラシのように硬く感じる。『曲がらない様に支えておくもの』になってしまう。笑 

太くても良いので柔らかいタイプのPEラインやタコ糸ぐらいの柔軟な糸でないと意味がない。

しかしPEが横からの攻撃にノーガードなのはご承知の通り。

だから魚の口のザラザラからPEを守り、

ワームの中でラインがピンと張り得ない仕組みが必要。

◉柔らかい糸を弛ませた状態でワームの中に隠して

◉バイトしたらワームの外でやり取りができて

◉しかも柔軟ありきだった糸にバイトの時だけカバーを装着出来る。

そんな浮世離れしたシステムが必要。

言いっぱなし発明家、私の中の甲さんが何通りか考案している

次の段階では、(私の中の乙さんが)

ドッペルでその仕組みを試すのですが、

又完成したらご披露します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA