南甲子園浜,釣行記,ドッペル,プリズム,テスト,自作バイブレーション

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

先々週の釣行で御前浜にカタクチイワシの群れが回っていた。

先週の休日は多忙にて釣りに行けず。

秋になると例年なら御前浜の沖ポイントにシーバスはんが回遊してくる機会も増えて、

夏の青潮で出て行った奴らも戻って来るチャンスも増える。

運が良ければ昼間でもデカイのが複数釣れたりする。

しかしマァ、このところ、プリズムフルメタルやジグを仕込んで試したくて、ソレならと南甲子園浜へ。

ドッペルに関してはシャロー系であろうけれど、

ある程度ラインと竿との角度がある、目線の高い場所での使い勝手も検証しなくてはならなくなる。

逆に御前浜で最高だったとしても南甲子園浜で使えないなんて事になると残念で仕方ないので、

コレも高い場所でのジャッジを済ませてからというのも良いでしょう。

そもそも、ある程度テスト出来るようになったルアーは先に自宅の風呂桶で泳がせて見ることが多い。

真水・海水の違いは有るにせよ、シャローでのスロー引き時の挙動は推察しやすい。

現場では実際の沈下速度とか、速引きした時の挙動とか、どこまで潜りを維持するかとか、この辺りの検証が重要視される。

そもそも。2メートルも無い我が家のお風呂では検証も何もあったもんじゃないのですが。笑 

さてさて当方、ジグを今まで作らなかったけれど、

ジグは大好きで、

特にキャスティングジグはかなりのロマンを感じる。

26gを超えるメタルバイブと30gを超えるメタルジグを

硬い目の長竿で投げ釣りの用にブンブン振り回す釣りは本来大好きです。

ドッペルのセコ釣り系検証も有るには有りますが、

今日の私は『大遠投ブルブル丸』バージョンで南甲子園浜に挑みます。

いつものポイントには先行者が。

チョット奥の橋脚周りを先に攻めます。

プリズムフルメタルは流石にぶっ飛ぶ。

しかし水をいなしやすい構造で、引き重り感は無い。

動きも大人しい目で有りながら、波動はキッチリと発する。メタルバイブとしてコレはコレで凄く良い。

トラブルも少ない。

なんだか25番サロゲートの誕生を予感させた。

シャローでも、極めて使いやすい。

しかしチドリが出ない。

 

リスペクトするジグが2つ有る、常吉さんのEZメタルと、コアマンさんのゼッタイ。

プリズムの石膏コピーをする際に間違って紛れ込んでいた模様。笑 

気が付いたら似たような物が出来ていた。笑 

鉛の形状の妙。コレ程微妙ながらバカにならない要素という奴も無い。

仕上がり的に大失敗ながらもエリートジグはそのポテンシャルを発揮するのだ。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA