第八話,ミノー,じゃないミノー,8番マル秘ペン,全貌ちかし!

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

明日には投らる様にバンバン進める8番マル秘ペン!

しかしながらブルーやグレーや緑や黄色をさしている間は有りません。

取り敢えず、銀と金の世界観だけで成り立たせてセルロースセメントを一回だけ。

所詮投てみないと分からない。ド・プロトは

『もしかして釣れるかも?』ぐらいの外観で充分チャァ充分。(残念の正当化?)

そこから又、幾らかの改正点が見つかり、

時にはリップの形状やウェイトの形状を根底から変更した方が良いと判断する時も出てくる。

(トータルでボツの時もあるでェー!)

 

一回仕上げた物を根底から改正して行くのはかなりのエネルギーが必要。

そのタイミングまで気力を保てる様に、なにがしかの余力を置いて置くのは私の処世術です。爆 

ソレにルアーを仕上げる迄に、一度海で試し投げする事で、

そのルアーの可能性をどこかで感じて、新しい冒険心を宿す。

地道な作業のエネルギー補給として働くし、

仕上げるまでの詳細な改良点も見えてくる。

正しく一石二鳥な行動なのです。

 

それでもそのルアーに対するエネルギーが不足していたり、

そのルアーに対する期待値が高い時、

はたまた、形状からとてもぴったりな名前が浮かんだ時にはルアーに早々と名前を付ける。

個体の認識だけなら、常にルアーには何番と番号を付けるので、不要と言えば不要なのですが、

通し番号って、4とか9とか凶数と言われる物も出来て来る。

縁起を担ぎがちな私としては、

とっとと名前を付けてあげて番号では無く名前で認識していきたいとなるんです。

んで、8番目のマル秘ペンとして、縁起は悪くないこのルアーですけれど、

前方の骨がV字になるのがこのルアーのキモの様な気がするので

『ブイ・ファン』(V-fun)と名付けました。笑 

『ファン』は余り大きな意味はありませんが、

ブイを楽しむちゅう感じでいいじゃありませんか。

深く考えずに水辺でフワフワ感で投げられる感じがする

音のイメージも気に入ってます。

funはそういった楽しみ方にぴったり。

しかし巻いていると

グルグル回って(最悪の結末!)、

『fan』(扇風機・換気扇)に成らなければいいのですが。笑

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA